pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

P_20201220_013053
2020年12月に発売された、トミカのレクサスRC Fパフォーマンスパッケージをご紹介します。
P_20201220_013201
2014年にデビューしたレクサスのクーペ”RC”ですが、2019年にマイナーチェンジが行われました。
外観は、空力性能向上のため、フロントスポイラーの角をカナード形状にしたり、前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けることで、ホイールハウス内の圧力低減を図っています。
また、ランプ類も変更され、個人的には以前よりかっこよくなったと思っています。
P_20201220_013215
今回、トミカでモデル化されたのはRC Fの高性能バージョンとなる”パフォーマンスパッケージ”です。
外観は、カーボン製フロントスポイラー、ロッカーフィン、エンジンフード、ルーフを装備している他、固定式リアウィングも目に付きます。
また、マットブラック塗装のBBS製19インチホイールを履いていることで、非常に精悍な外観となっています。
ブレーキは、カーボンセラミックブレーキとなっている他、キャリパーが赤くなっているのも特徴です。
エンジンは、通常のRC F同様5.0L V8を搭載しています。
価格は、約1400万円とベースのRC Fに対し、約400万円ほどアップしています。
P_20201220_013226
P_20201220_013234

通常品のボディカラーは、ホワイトノーヴァガラスフレークをイメージとしたカラーです。
ボンネットフードやルーフは、カーボンをイメージしたマットブラック塗装となっています。
ボディの造形はよく、ボンネッドのダクト部がメッシュ調になっているのもマルです。
P_20201220_013247
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。ボディカラーが白なのと、ライトが比較的小さいので、クリアパーツにした恩恵は少ないかもしれません。
レクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルは、樹脂製の別パーツとなっています。非常に複雑な造形ですが、樹脂製にすることでよく再現されていると思います。
P_20201220_013303
リア
特徴的な大きなリアスポイラーは、樹脂製の別パーツです。スポイラーの曲がりはなく、いいと思います。
各種エンブレム類は、印刷で再現されており、しっかり”F”のロゴも再現されています。
ハの字にレイアウトされた4本出しマフラーも、しっかり造形されています。
実車は、チタン製マフラーなので、青く塗装すると良さそうです。
P_20201220_013318
裏側
スケールは、1/64です。
P_20201220_013115
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:J1920
P_20201220_013349
今回のRC Fには、初回特別仕様が設定されました。
初回特別仕様は、ボディカラーがマットグレーとなっています。
P_20201220_013400
P_20201220_013422
P_20201220_013435
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:K0920
P_20201220_020228
トミカでは、2015年1月にマイナーチェンジ前のモデルが発売されています。
今回のモデルは、その頃のモデルから金型が一新されています。
ヘッドライトがクリアパーツ化されたり、ダクト類が塗装されているなど、全体的な作りは良くなっています。
P_20201220_020304
以前のモデルは、左右ドア開閉機構がついていましたが、今回のモデルでは省略されました。
P_20201220_020343
リア周りの造形もマイナーチェンジ後の造形として一新されています。
マフラー等の造形も以前のモデルより、シャープになった印象です。
P_20201220_020438
裏側
スケールは、以前のモデルが1/59に対し、今回のモデルは1/64です。
トミカのサイズとしては、数値ほどの差は感じません。
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20210102_152543
当ブログでは、初めての紹介となるマッチボックスより、キャデラック エスカレードをご紹介します。
P_20210102_152605
エスカレードは、キャデラックブランドのフルサイズラグジュアリーSUVとなっています。
今回モデル化されたのは、2015年モデルとなっており、エスカレードの4代目にあたります。
既に5代目が発売されており、日本では中止となってしまった東京オートサロンで公開予定でした。
フルサイズSUVということもあり、全長は5mオーバー、全幅は2mオーバーと巨体です。
エンジンは、アメ車らしい426馬力を発生させる6.2L V8 OHVを搭載しています。
P_20210102_152622
P_20210102_152639
実車は22インチホイールを履いていますが、モデルでも大きなホイールを履いておりバランスがいいと思います。
ボディカラーは、ブラウンのような色です。
サンルーフは抜けており、300円クラスのミニカーとしてはよく出来ていると思います。
P_20210102_152659
フロント
パッケージでは、2015年モデルと表記されていますが、フロント周りのデザインは3代目の様に見えてしまいます。ヘッドライトや、フォグランプ部をL型に印刷していれば、よかったと思いますが・・。
フロントグリルは、メッキパーツを使用しており、キャデラックらしい華やかな仕上がりです。
ヘッドライトは、ホットウィールの様な細かな模様を入れた仕上がりとなっています。
トミカとは異なり、ドアミラーが造形されているのもマルです。
P_20210102_152719
リア
縦に伸びるテールランプが特徴的なデザインですが、印刷によりうまく再現されています。
各種ロゴは印刷でしっかり再現されています。私の購入した個体は、キャデラックのエンブレム位置がややずれていたので、購入する際はチェックしたほうがいいかもしれません。
P_20210102_152736
裏側
スケールは、1/64です。
P_20210102_152401
パッケージ
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20210102_151832
2021年元旦発売のトイザらス限定トミカ アヴェンタドール ナツィオナーレデザイン仕様をご紹介します。
P_20210102_152002
2014年の北京モーターショーで初公開されたのが、アヴェンタドールの特別仕様車”ナツィオナーレ”です。
カスタマイズプログラム”アド・ペルソナム”のプランとして仕上げられたモデルとなっています。
ホワイトのボディカラーをベースに、イタリア国旗のカラーである、赤・白・緑の3色のストライプを配置しているのが特徴です。
P_20210102_152025
その他、外観ではクリアエンジンボンネット、マットチタニアムカラー鍛造ホイール、レッド塗装のブレーキキャリパーなどを標準装備しています。
また、内装はダッシュボードやシート、ドアトリムに特別なブルーを使用しているのが特徴です。
P_20210102_152044
P_20210102_152103
カラーリングは実車同様、フロントからリアにかけ赤・白・緑の3色のストライプが入っています。
既視感のあるカラーリングですが、昨年のチケットキャンペーンで貰えたアヴェンタドールにどことなく、雰囲気が似ているためと思われます。
P_20210102_152118
フロント
今まで販売されてきたアヴェンタドールのトミカとは異なり、No.70 アヴェンタドールSVJのように、ヘッドライトが黒ベースにラインが入った表現になっています。
シルバーのベタ塗りに比べ、リアル感が出るのでいい表現だと思います。
P_20210102_152129
リア
チケットキャンペーンの車両と異なり、ランボルギーニのロゴが入りました。
リアタイヤが引っ込み気味なのと、車高が高めなのが惜しいです。
P_20210102_152201
裏側
スケールは、1/68です。
P_20210102_151846
パッケージ
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20210101_133802
2021年元旦に発売された、イトーヨーカドー限定トミカ RX-7 トリコロールカラー仕様をご紹介します。
P_20210101_133835
イトーヨーカドー限定トミカは、昨年8月トヨタ2000GT以来の発売となります。
ここ最近は、毎年1月と8月に限定トミカを発売しており、今回もルーティンの発売となります。
P_20210101_133849
歴代のモデルを見てみると、トヨタ86、スバルインプレッサWRX STI、トヨタ2000GTとなっており、スポーツカーが選ばれています。
今回、その流れでマツダRX-7が選ばれました。
このモデルは、以前ご紹介した新金型が使用されています。
P_20210101_133901
P_20210101_133907
ボディカラーはホワイトを採用し、ボンネットはマットブラックとなっています。
走り屋風のスタイリングとなっており、かっこいい仕上がりとなっています。
ルーフには、イトーヨーカドーのロゴで採用されている赤と青のラインが入っています。
赤と青でカラーリングされるより、ストライプの方がかっこいいですね。
今回のモデルは、フロントとサイドの窓枠が彩色されているのがグッドです。
P_20210101_133920
フロント
前述の通り、ボンネットがマットブラック塗装されており、非常にスポーティーな仕上がりです。
フォグランプ部が彩色されていない点は惜しいですが、それを除けばよく仕上げられていると思います。
P_20210101_133934
リア
マツダのロゴ等がしっかり印刷されています。
リアは、白黒で構成されているため、シンプルな仕上がりです。
リフレクター辺りが彩色されていると、差し色となりよかったかもしれません。
P_20210101_133953
左右ドアの開閉機構つきです。
ドアのロゴは、左右で異なっており右側は”Ito Yokado"となっています。
P_20210101_134004
裏側
スケールは、1/59です。
P_20210101_133813
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:K1820
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20210101_133453
2021年元旦発売のイオン限定トミカ NSX-R 英国警察仕様をご紹介します。
P_20210101_133539
ここ最近、イオン限定トミカは世界のパトカーシリーズが続いていましたが、2021年もこの路線を継続するようです。
今回モデル化されたのは、イギリスのエイヴォンとサマセットで警察の交通安全PRキャンペーン車両として利用されたパトカーです。
NSXをパトカーに使用するとは、太っ腹ですね。
P_20210101_133551
イオン限定トミカは、2020年9月のランエボ以降発売されていませんでしたので、4ヶ月ぶりの発売になります。
金型は、ヒストリーセレクションで紹介した新金型のものとなっています。
P_20210101_133604
P_20210101_133611
白・青・黄色で構成されているイギリスのパトカーとは異なるカラーリングを採用しています。
ボディサイドには、フィルム柄の様な白帯の上にPOLICEの文字が入っており、なかなかかっこいいです。
パトカーではありますが、パトライトは装備されていません。実車の写真を確認した限り、装備されていないようですので、つけ忘れということではなさそうです。あくまでPR車両なので、装備しなかったのかもしれませんね。
P_20210101_133624
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
グリルは彩色されており、しっかり仕上げられています。
実車の画像では、エンブレムが赤バッジではないノーマルのNSXでした。トミカでは、赤バッジのNSX-Rとなっています。
P_20210101_133633
リア
リアから見るとPOLICE等の表記がないので、ブルーのNSXのようです。
通常のNSXのカタログカラーが、ロングビーチブルーパールでしたので、NSXといえばこのカラーをイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか。
P_20210101_133649
裏側
スケールは、1/59です。
P_20210101_133508
パッケージ
2020年元旦から始まった50周年記念パッケージですが、今年も継続のようです。
MADE IN VIETNAM
製造日:J1920
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

2020年の大晦日の夜、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年を振り返ってみると、コロナに始まりコロナで終わる1年となりました。
昨年の大晦日には、想像も出来なかった1年です。
私個人としては、仕事はテレワークが導入され、数ヶ月定時退社になるなど、普段の生活も大きく変わることがありました。また、社会人になって以来初めて、年間を通してサーキットでレース観戦を1度もしなかった年でもありました。

このブログは、今年5月から始めました。
もともとミニカーサイトを運営していましたが、そのサイトは既に消えてしまっていたので、今回装いを新たに運営しています。
自分自身の購入日誌として、ブログを始めたわけですが、結局ダブリで購入してしまったり、サイトに載せるためブリバリ用を購入したりという状態でした。
今年1年は、過去の中で間違いなく1番ミニカーを買った年になりました。
今までは単価の高い1/43スケールも結構購入していましたが、今年はMINI GTを中心に1/64スケールに軸足を置きました。
購入日誌とは言いつつも、ブログに掲載していないミニカーも多々あり、ブログの更新頻度が追いついていない状態です。まだ、12月のトミカ新製品も紹介し切れていないため、早いうちに紹介したいと思います。

さて、トミカの話をしていきましょう。
トミカもコロナウイルス感染拡大の影響を受け、横浜でのトミカ博開催中止や、6月には通常品のトミカが発売されないなど、通常とは異なる年となりました。
50周年を記念し発売された、ヒストリーコレクションは賛否両論ありましたが、車種の予想等コレクター間で話題となり、何だかんだ楽しめたと思います。

今年発売されたトミカの中で、私個人の1番のお気に入りはNo.10 アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガートです。
P_20200507_095641
トミカ初のアストンマーチンであったためか、非常に気合の入った1台だと思います。
サイズ感、ドア開閉、造形、車高どれをとってもいい出来だと思います。
唯一、リア周りの彩色が少なく寂しい仕上がりですが、それを除けば文句なしだと思っています。

トミカプレミアムは、シビック タイプRがお気に入りです。
P_20200823_232819
既にトミカリミテッドヴィンテージで、EK9は発売されていましたが、手に取りやすい価格帯で発売されたのは大歓迎です。
来年1月には、インテグラタイプRが発売される予定となっており、90年代のタイプR3兄弟が揃います。早く入手し、3台横並びで撮影したいと思っています。

来年、早々にコロナウイルスが無くなるわけでは無いため、暫くはこの様な感じの世の中だと思います。ワクチン接種が始まりますので、少しずつ元の日常を取り戻していきたいですね。
来年こそは、トミカ博の開催に期待したいと思います。
コレクターにとっては、元旦からトミカの発売、またホットウィールのスカバン配布があり、年明け早々忙しくなりそうです。

最後に、つたないブログですがお付き合い頂きありがとうございました。
来年もマイペースで更新していきますので、引き続きよろしくお願いします。

P_20201220_012228
2020年12月発売となった、トミカのクラウンをご紹介します。
P_20201220_012348
1955年に初代クラウンが発売され、トヨタを代表する1台となったクラウンですが、2018年にフルモデルチェンジが行われ15代目となりました。
先代まであった、ロイヤル/アスリート/マジェスタという名前は消え、”クラウン”に統一された事が話題になりました。
外観は、クラウン初となる6ライトウィンドウを採用し、5ドアハッチのような伸びやかなスタイリングとなりました。

P_20201220_012401
今回のモデルは、プラットフォームが一新されTNGAのGA-Nを採用しています。
日本がメイン市場となるクラウンとしては、異例のドイツ ニュルブルクリンクで走行テストが行われ、走りが鍛えられています。
エンジンは、3.5L V6ハイブリッド、2.5L ハイブリッド、2.0Lターボの構成となっています。
P_20201220_012419
P_20201220_012501
デビュー当時から、トミカ化が期待されていた1台ですが、モデルチェンジから約2年半たち、ようやくモデル化されました。
ボディカラーは、プレシャスホワイトパールをイメージしたカラーとなっています。街中でもよく見かけるカラーですね。
特徴的な伸びやかなスタイリングは、トミカでも良く再現されていると思います。
6ライトウィンドウは、すべて抜けているのもマルです。
タイヤはやや小さめなので、ワイドホイールを履かせるとかっこよくなりそうです。
P_20201220_012437
フロント
立体的なバンパーの造形は、このスケールでもよく捕らえられています。
大きなフロントグリルは、樹脂製の別パーツとなっておりシャープな造形です。
P_20201220_012450
リア
テールランプは、赤のベタ塗りです。
エンブレム類は、印刷で再現されています。ハイブリッドのエンブレムが無いため、ガソリンのモデルを再現したようです。
P_20201220_012518
裏側
スケールは、1/66です。
P_20201220_012305
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:J0520
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201215_001337
2020年11月に発売された、MINI GTのスカイライン GT-R R32 全日本ツーリングカー選手権1993 Gr.A カルソニック#12をご紹介します。
P_20201215_001556
1985年から1993年まで、市販車ベースのツーリングカーレースとして開催されたのが、全日本ツーリングカー選手権です。通称グループAもしくは、JTCと呼ばれていました。
クラスは3つに分かれており、この内クラス1に参戦した全7チームは、全てR32 GT-Rを使用していました。
P_20201215_001620
今回モデル化されたのは、1993年のチャンピョンマシンとなる#12 チームインパルのGT-Rです。
ドライバーは、影山正彦と星野一義(第3戦のみ欠場)でした。
最終戦を除けば、すべて表彰台を獲得しており、圧倒的な強さを誇ってチャンピョンを獲得しました。
P_20201215_001640P_20201215_001718
MINI GTのR32 GT-Rは、以前ご紹介したノーマルモデルがあります。
グループAのR32 GT-Rは既に何種類か発売されていましたが、私自身はカルソニックが初入手です。
私の入手した個体だけかもしれませんが、リアの車高はやや高めです。
ホイールは抜けており、形状もいいと思います。
リアウィンドウは、熱線が印刷されていますが、レーシングカーなので実車はなかったと思います。
フロントウィンドウは、ワイパーが造形されており、市販車と差別化が図られています。
P_20201215_001826

フロント
市販車のモデルもそうでしたが、ヘッドライトはやや大きめな感じがします。
ミラーは、専用品に作り替えられており、ボディとの間がしっかり抜けています。
P_20201215_001846_001
リア
テールランプはクリアパーツを使用しています。
各種ロゴは、印刷での再現です。
P_20201215_001909
裏側
マフラーは、サイド出しになっており、市販車と別金型になっています。
タイヤはもちろんスリックタイヤです。
P_20201215_001534
パッケージ
今回は、1993年のモデルですが1990~1992年のものも発売されています。ご興味ある方は、ぜひチェックしてみて下さい。
また、来年トミカリミテッドヴィンテージより、1991年の#1が発売される予定です。発売されたら、ぜひ並べてみたいですね。
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201209_004415
2019年8月に開催されたトミカ博 in YOKOHAMAで初お目見えの、イベントモデルNo.7 シビックタイプRをご紹介します。
P_20201209_004445
今年は残念ながら開催されなかった、トミカ博 in YOKOHAMAで昨年度、初お目見えしたイベントモデルの1台です。
今年は、殆どのトミカ博が中止となってしまったため、トミカショップやオンラインストアでも販売されました。
P_20201209_004453
現行シビックタイプR(FK8)は、トミカでもバリエーションが多くあります。

2019年に実施された、バーコードで応募するプレゼントキャンペーンの当選品はFK8で、ボディカラーがマットブラックでした。どことなく雰囲気が似ているためか、イマイチ新鮮味が無い印象です。

P_20201209_004503
P_20201209_004509
今回のモデルは、ボディカラーがマットグレーです。
ボディサイドには、疾走感のある字体でトミカイベントモデルと印刷されています。
通常品はホイールメッキが赤色でしたが、今回のものはメッキ無しなので、足元が落ち着いた雰囲気になっています。
P_20201209_004518
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
ボディカラーが暗めの色なので、タイプRの赤バッジがアクセントとなっていますP_20201209_004528
リア
大型のリアスポイラーは、樹脂製の別パーツとなっています。
テールランプは、赤とシルバーで塗り分けられており、とても良いです。
P_20201209_004536
裏側
スケールは、1/64です。
P_20201209_004424
パッケージ
MADE IN VIETNAM
生産日:J2819(オンラインストアにて入手品)
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201010_143654
2001年3月に発売された、トミカのインプレッサWRXをご紹介します。
P_20201010_143720
2000年8月にフルモデルチェンジが行われ、2代目インプレッサとなったのがGD型です。
2ヶ月遅れで、高性能バージョンとなるSTiも発売されました。
2007年まで発売されていましたが、その間2度フロント回りのデザイン変更が行われ、それぞれ丸目/涙目/鷹目と呼ばれています。
今回モデル化されている丸目は、愛嬌がある顔つきのフロントが不評でした。
個人的には、涙目が一番好みですが、皆さんはどうでしょうか。
P_20201010_143731
WRXには、2.0LのNAとターボエンジンが設定され、それぞれ5MTと4ATを選ぶ事ができました。
ターボエンジンは、最高出力が250馬力とSTiの280馬力に対しやや控えめの数字となっています。
P_20201010_143745
P_20201010_143857
ボディカラーは、定番のWRブルーとなっています。
ボディの造形は悪くないと思いますが、ノーマルホイールのため足元が寂しく思います。リアスポイラーがなければ、普通のセダンのようですね。
このモデルのバリエーションの中には、ワイドホイールを履いたものがあります。そちらの方が、格好良さは倍増です。
P_20201010_143755
フロント
ヘッドライトや、グリルは彩色されています。
丸目のヘッドライト脇には、ウインカーレンズが造形されていますが、彩色はありません。ここをオレンジに塗ると、見た目が良くなりそうです。
P_20201010_143818
リア
テールランプ及び、テールランプ間の部分は、樹脂製の別パーツです。あえて別パーツにした理由は、よくわかりませんが…。
リアスポイラーは、ボディ一体となっており、開口部は抜けていません。
エンブレムの印刷はなく、シンプルな仕上がりです。
P_20201010_143837
左右ドアの開閉機構付きです。
P_20201010_143909
裏側
スケールは、1/59です。
P_20201010_144008
トミカ30周年の時のモデルなので、初期生産分はメタルバッジが付属していました。
P_20201010_143708
パッケージ
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村