pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカ 日産NV200(日産車体特注)
P_20200507_091138

本日ご紹介するのは、日産車体特注のNV200 TAXIです。


P_20200507_091208
まずは、NV200タクシーについてみていきましょう。
NV200自体は、2009年よりNV200 バネットとして、ワゴン/バンが販売されています。
2009年となると、デビューから11年も経つんですね。それほどデザインの古さは感じませんが。
主に社用車として、使われるケースが多いと思いますが、印象が薄いのか、あまり町中で見た記憶が無いです。


P_20200507_091219
NV200バネット登場の翌年2010年、NV200 バネットタクシーとして、タクシー仕様が販売されました。
2015年には、フロントグリルをバン仕様とは異なりVモーショングリルを採用しました。また、サブネームの”バネット”の名が外れ、NV200タクシーとして現在は販売されています。
タクシー化に伴い、オートスライドドアや角度調整機能付のシートの採用、リアサスは2枚リーフスプリングに変更されており、バンとは異なる仕様となっています。
NV200タクシーには、乗ったことがないのですがベースがバンなので乗り心地はどうなんでしょうか。リーフサスは、リアに何も乗っていないと結構乗り心地が悪いイメージがあるのですが・・・。
私の地元でもNV200タクシーは走っていますが、カラーはブラックでした。ブラックとイエローだと、イメージが大分異なりますね。
アメリカでもNV200 TAXIとして販売されていましたが、2019年モデルをもって生産・販売が終了しています。

P_20200507_091230
では、トミカを見ていきましょう。
NV200タクシーは、通常品は2017年に販売されています。
初回仕様も販売されており、通常品はニューヨークタクシー仕様、初回が日本仕様となっており、フロントグリルやリアハッチ等の作り分けがなされています。
今回ご紹介する日産車体特注品は、この内初回仕様の金型がベースとなっています。
カラーはタクシー専用の特装色のイエローですね。
NV200タクシー自体は、日産車体の湘南工場で生産されていますが、このトミカは、東京モーターショーの日産車体ブースで子供に数量限定配布された他、工場見学をすると貰える非売品です。
これの前はNV350キャラバンの黒が配布されていました。非売品のトミカではありますが、フリマサイト等では安価で取引されており、比較的入手しやすいと思います。
サイドで初回仕様と異なるのは、リアに”日産交通”という文字が入っている点と、テールランプ近くにシルバーの彩色が入っている点です。
スライドドア開閉があるのがいいですね。

P_20200507_091251
フロント
日本仕様のVモーショングリルを採用したモデルとなっています。
フロントまわりは、初回仕様と同じですが行灯の色が黒→黄色に変更されており点と、行灯にNV200 TAXIと記載されている点です。

P_20200507_091306
リア
初回仕様に対し、リアハッチに”NV200”のタンポ印刷が追加されています。

P_20200507_091154
パッケージ
日産車体来場記念と記載されています。
パッケージの車両が今回元となっている車両と思われます。


いかがでしたでしょうか。
今は比較的入手しやすいと思いますし、初回仕様に比べ彩色も細かくなっているのでいいと思います。
機会があれば、入手してみて下さい。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



東京オートサロン2020 開催記念トミカ ランボルギーニ ウルス
P_20200509_110016

今回ご紹介するのは、今年1月に開催された東京オートサロン開催記念トミカ3台のうち1台のランボルギーニ ウルスです。
1月中旬の開催だったオートサロンですが、その頃はまだコロナの話は殆どない頃でしたね・・・。
あと一ヶ月遅かったら開催できなかったかもしれません。会場は密でしたので。


P_20200509_110047
オートサロンの会場では、ウルスのカスタムカーが複数展示されていましたが、どれも目立っていました。
その要因としては、全長×全幅×全高=5112×2016×1638mmという巨大なボディサイズと、ランボルギーニのデザインにSUVを組み合わせた、圧倒的な存在感ではないでしょうか。
カスタムしなくでも、かなり派手なデザインです。下半分を見なければ、まさにランボルギーニです。
ランボルギーニが、SUVを世の中に出すのはウルスが初めてではなく、1986年に発売したLM002があります。デザインは、これのどこがランボルギーニ?というものでしたが、エンジンはカウンタック用のV12を搭載していたりと、中身はランボルギーニというものでした。
ランボルギーニがSUVを出すのは、それ以来2回目ということになります。
プラットフォームは、ポルシェカイエンや、アウディQ7のものを改良し使用しています。


P_20200509_110101
エンジンは、アヴェンタドールのV12・・・というわけではなく、V型8気筒4.0Lターボエンジンです。
ランボルギーニがターボエンジンを搭載するのは、ウルスが初めてになります。
車重は2tを超えているのですが、650馬力というとんでもないエンジンパワーから、0-100km/h加速3.6秒、最高速305km/hを叩き出し、スポーツカー顔負けの性能です。
価格は、約2800万円です。ボディは大きいのですがアヴェンタドールよりは安い価格設定です。


P_20200509_110118
さて、トミカを見ていきましょう。
トミカでは既に、通常品の黄色・初回限定の黒が発売されています。
今回オートサロン仕様は写真の通り金色です。
オートサロンらしく派手なカラーリングでいいのではないでしょうか。


P_20200509_110128
フロント
ボンネットには、オートサロンのロゴが印刷されています。
その他は、通常品のトミカの色違いですね。


P_20200509_110134
リア
リアにはオートサロンののロゴ等はなく、後ろから見ると通常品の色違いに見えます。
テールランプは着色されていますし、ランボルギーニのロゴもしっかり入っています。
ランボルギーニのロゴは縦方向にギリギリなので、タンポ印刷の位置がずれると悲惨なことになりそうですね。

P_20200509_110148
裏側

P_20200509_110031
パッケージ
オートサロン限定のオリジナルパッケージです。今年はトミカ50周年のロゴも入っていますね。

今年のオートサロンは、トミカ付チケットとしてGT-Rレーシングが出ていましたが、まだ入手出来ていません。最近は出品数が少なく買い時を逃した感じはします・・。

いかがでしたでしょうか。
ウルス自体は元々出来が良く、オートサロン限定のカラーリングもよく似合っていると思います。
ウルスの1/64ミニカーは、マジョレットから既に出ていますが、近々MINI GTから出るようです。
MINI GTの写真を見ましたが、かなり出来は良さそうですね。ヘッドライト、テールライトはクリアパーツですし、サンルーフ付きでした。あれで定価1800円弱とはかなりコスパが良さそうです。
トミカも負けてられませんね。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカリミテッドヴィンテージNEO フェラーリ365 GT4 BB
P_20200507_145807

本日は、トミカ通常品の発売日でした。
皆さん無事入手出来ましたでしょうか?
私はオンラインで予約しているため、これを書いている時点ではスカイラインの初回以外、まだ未入手です。ドリームトミカが5/30発売予定なので・・・。
入手できましたら、また皆さんにご紹介していきたいと思います。
コロナウイルスによる、緊急事態宣言は私が住んでいる県では、まだ解除となっていません。
その影響で、かれこれ1ヶ月半閉店している大規模商業施設が多くありますが、そちらの店舗で販売する予定だった初回トミカは、再開時まとめて販売になるのでしょうか。
外出時、マスクをしていると結構暑くてしんどくなってくる季節ですが、感染予防対策に引き続き取り組み早く通常の生活を取り戻したいですね。
P_20200507_145428
さて、本日ご紹介するのは2019年12月発売のTLV フェラーリ365 GT4 BBです。
いつも通り実車紹介からスタートです。
365 GT4 BBは、365GTB/4(デイトナ)の後継車種として、1973年に発売されました。
デイトナは今年の6月にトミカプレミアムで、8月にTLVで発売予定ですね。
365 GT4 BB登場までは、フェラーリのフラッグシップモデルは、フロントエンジン車でしたがこのモデルはミッドシップレイアウトになります。
車名の”365”はエンジン1気筒あたりの排気量、”GT"はグランツーリスモ、”4”はエンジン部品のカムシャフトの本数、”BB"はベルリネッタ(2ドアクーペ)・ボクサー(水平対向エンジン)を示しています。
昔からフェラーリの車名は暗号のようです(笑)。


P_20200507_145436
エンジンは、4390cc水平対向12気筒で、カタログ値は380馬力、最高速度は302km/hでした。実際、これほどパワーは出ていなかったとの話もあるのですが、どうなんでしょうか。
フェラーリ自身はは水平対向”12気筒ではなく、180°V12と呼んでいました。
トランスミッションは5MTですが、驚くことにエンジンの下に搭載されており、エンジンとトランスミッションが2階建て構造となっています。整備性は非常に悪そうですね・・・。
2階建て構造としたため、低重心が売りな水平対向エンジンも必然的に重心が高くなってしまいました。全長は短くすることができますが。
1976年までの3年間で387台が生産されたとされており、512BBにバトンタッチしています。


P_20200507_145456
さて、ミニカーを見ていきましょう。
フロントは、実車同様薄くシャープです。
バンパー部のシルバーの彩色もずれ等なく問題ないです。
ヘッドライト間のフェラーリマークは少し大きく感じますが、それ以外はいいと思います。
トミカとは異なりプロモーション重視なので、リトラクタブルヘッドライトは開閉しません。


P_20200507_145504
リア
テールランプ類はクリアパーツを使用しています。
”BB"の特徴として、6連のテールランプ/6本出しマフラーがありますが、これらもしっかり再現されています。
現行アルファードのオプションにダミーの6本出しマフラーがありましたが、当時話題になったものの実際に付けている車は1、2回ほどしか見たことないですね。

P_20200507_145448
P_20200507_145511
サイド
プロモーションはとてもいいですね。鍵穴も塗装されていますし、不満はありません。
車高も適切だと思います。


P_20200507_145526
内装
フロアは、真っ赤です。
ステアリングセンターには黄色のフェラーリマークが着色されています。
ダッシュボードも細かく作られています。

P_20200507_145628
TLVの乗用車では珍しく、リアカウルが開閉します。
ただ、カウルを開いたまま床に置こうとすると閉じてしまいます。
固定できるようにすると、ヒンジを強固にしたりしなければならないので、プロポーション重視のTLVでは仕方がないのかもしれませんね。
エンジンが底上げ式ですが。それなりに作られていると思います。


P_20200507_150443
ホイール
ホイールは5本スポークの星型形状です。
写真では少しわかりづらいですが、センターナットのノックオフ式スピンナーも作られています。
サイズ含め問題ないと思います。

P_20200507_145705
裏側
エンジンから伸びるエキゾーストパイプはしっかり造形されていますが、残念ながら無着色です。
これを塗装すると、ぐっと雰囲気変わりそうですね。


P_20200507_145837
サイドミラーは、自分で取り付け式です。
このフェラーリは、定価で5800円(税抜)と1/64としては高価な部類なので、サイドミラーは付けてほしかったですね。自分だと中々付ける勇気がないので。


P_20200507_145318
パッケージ
フェラーリおなじみのパッケージです。


さて、365GT4 BBは、タカラトミーモール限定で黄色が販売されていました。(これを書いている時点では完売)
P_20200507_145722
P_20200507_145729
フェラーリといえば、やはり赤ですが、コーポレートカラーは黄色です。

P_20200507_145740

P_20200507_145748
365GT4 BBは、黄色も結構似合っていますね。


P_20200507_145326
パッケージ
車体の線の色が赤→黄に変更されている以外は、通常品と同じです。
タカラトミーモールオジリナルは、クーポンを使わなければ定価販売なのが手痛いところです。

トミカリミテッドヴィンテージのフェラーリは、高価なだけあってどれも作りはいいと思います。
9月発売予定のF355は、今から非常に楽しみにしています。

さて、フェラーリといえばF1ですが、今シーズンはコロナウイルスのためシーズンが始まっていないものの、早くも来年のドライバーラインアップが決まりました。
マクラーレンから移籍する、サインツはどこまで結果を残せるでしょうか。
それより、ベッテルの今後が心配ですが・・・。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





トミカリミテッドヴィンテージNEO 日本車の時代15 スカイライン GTS-t TypeM
P_20200507_150111

本日紹介するのは、2020年2月発売TLV スカイライン GTS-t TypeMです。
たまたまではありますが、2日連続TLVの日産車の紹介になります。

P_20200507_150123
R32というとどうしてもGT-Rのイメージが非常に強いですが、4ドアセダン/2ドアクーペも発売されており最後の5ナンバースカイラインとなります。
セダン/クーペは1989年5月に発売、GT-Rは少し遅れ8月に発売となっています。
当時のCMキャッチコピーは、”とんでもないが、とんでもいい。超感覚スカイライン”でした。
SPACE FISHと呼ばれるものが飛び回るCMでしたが、今見てもあれは何だったんだろう・・・と思いますね。
ハイソカーブームの影響で大きく豪華になったR31'私は好きですが)に対し、セダンでは全長が70mm短くなり小型化が図られました。
また、当時日産が行っていた901運動(1990年代までに技術の世界一を目指す)の元開発された車両であり、サスペンションがR31のストラット+セミトレーリングアームから前後マルチリンクに変更され運動性能が向上しました。


P_20200507_150130
スカイラインセダンでは、2.0L直6のRB20の他に1.8L直4CA18i型が搭載されているグレードもありました。後期型では、2.5LのRB25も追加されています。
グレード構成は、4気筒のGXi(FR32)、6気筒シングルカムのGTE(HR32)、ツインカムのノンターボのGTS(HR32)、ツインカムターボのGTS-t(HCR32)となっています。
今の車はエンジンラインナップを絞る傾向(マツダは違いますが)なので、1つの車種でこれほどエンジンが選べる時代はいいなぁ・・・と思います。
その中でも、今回ご紹介するGTS-t TypeMは215馬力までパワーアップされたスカイラインセダンでもトップグレードにあたります。

P_20200507_150141
P_20200507_150228
さて、ミニカーを見ていきましょう。
R32 GT-Rは、各社から数多くミニカーが出ているのに対し、驚くことにR32セダンは1/64ではTLVが初めてモデル化したことになります。
1/24では、プラモデルメーカーのアオシマが今回と同じGTS-t TypeMを出していますが、それ以外のメーカーからミニカー/プラモデル含め出ていた記憶はないです。
今までミニカー化に恵まれてこなかったようです。
TLVでは、GTS-t TypeMのレッドの他に、後期型GTS25 タイプX・Gも発売されています。


P_20200507_150202
フロント
公式サイトでは、”ヘッドライト内側の再現にも注力しました”と記載されていますが、なかなか良く再現できていると思います。ウインカーはオレンジの塗装が入っていますが、少し範囲が狭いですね。
全体的な雰囲気はいいと思います。

P_20200507_150215
リア
スカイラインや、グレードエンブレムはタンポ印刷が入っています。
テールランプは写真の通り真っ黒です・・。光を当てると丸目4灯がかすかに見えますが、光を当てないと写真のとおりです。少し黒色を薄くして丸目4灯を明るくしてほしいですね。
これでは、たまにいるテールランプに黒スモークをかけた車に見えます。
その他はいい感じですね!

P_20200507_150153
ホイール
もう気持ち黒っぽかった気がしますが、造形はいいと思います。1/64なのでホイールは小さいですが、しっかりホイールナットもありますね。

P_20200507_150308
裏側
上記文で触れたマルチリンクサスペンションは特にリア側がよく作られています。
R32の売りのひとつなので、ここが再現されているのは嬉しいですね。


P_20200507_145945

P_20200507_150000

P_20200507_150038
パッケージ
日本車の時代なので、見開きのパッケージになっています。
左に記載されているコメントは、R32開発主管の伊藤修令さんのものになります。
以前紹介したRX-7同様、中に通常の箱があるのが嬉しいですね。


いかがでしたでしょうか。
特に色について要望はありますが、全体的な雰囲気はよく出来ていますし、何より1/64で4ドアセダンはTLVのみなのでモデル化されて嬉しいです。
今、販売されているものはいずれもトップグレードなので、ぜひ1.8Lを搭載したGXiのモデル化も期待したいですね。鉄チンホイールも好きですが、スチールホイールも好きなので。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカリミテッドヴィンテージNEO LV-N185a ブルーバードSSS-R(1988年 カタログ仕様)
P_20200507_144338

本日ご紹介するのは、2019年7月発売のトミカリミテッドヴィンテージNEO ブルーバードSSS-Rです。
8代目ブルーバード(U12型)には、今回ご紹介する全日本ラリー選手権での必勝を期して開発されたホモロゲーションモデル”SSS-R”があります。
オーテックが開発し、日産で製造、NISMOで販売されていました。
セダン1800ツインカムターボSSS ATTESA LIMITEDをベースとしており、フロントバンパー上にある大型のフォグランプや、ボンネットにエアインテークが設けられていることが外観の特徴です。

P_20200507_144351
エンジンもベース車の1.8Lターボエンジン(CA18DET)に対してチューニングを施したCA18DET-Rを搭載しています。
その内容は、ターボの変更、圧縮比の低下、ステンレス製エキマニ、コスワース社製鍛造アルミピストン等多くの変更がなされており、ベースエンジン175馬力に対して10馬力アップの185馬力を達成しています。
後期SSS-Rは、標準モデルの2.0LターボエンジンSR20DET(205馬力)となっています。
トランスミッションは、クロスギヤレシオ化された5速MTです。
価格は275万円でした。

P_20200507_144402
P_20200507_144435

さて、TLVを見ていきましょう。
TLVでは、今回ご紹介する1988年式カタログ仕様の他に、1988年チームカルソニック#33(チャンピョンマシン)、1989年チームカルソニック#2,#10の4仕様が現時点発売されています。
U12型ブルーバード前期型をベースに金型変更を行うことで、SSS-Rを再現しています。
造形はいいと思います。
リアフェンダーには、肉眼では読めない程の小さい文字でタンポ印刷が入っています。
実車ではオプションのマッドガードは無い仕様となっています。


P_20200507_144415
フロント
フォグランプや、エアインテークは金型変更によりしっかり再現されています。
ヘッドライト左右両端は、コーナーリングランプがないためブラックアウト処理されているのですがTLVは、通常のセダン同様シルバー塗装のままです。ここは少し残念です。

P_20200507_144426
リア
トランク部のエンブレム類はしっかり再現されています。
テールランプは、セダンの時もそうですがポッチが目立ちますね。少し色も明るいと思います。もう少し暗めにしてポッチを目立たないようにしたほうが良くなりそうです。
内装は、実車では標準装備のロールバーが組まれています。

P_20200507_144500
内装は、オプションだったバケットシートや4点式シートベルトが再現されています。
写真ではわかりませんが、発売当初は2人乗りのみ(後に4人乗りが追加)だったため、2人乗りに変更されています。
内装は、かなり気合が入っていますね。


P_20200507_144530
裏側
フロントバンパーは造形されています。
また、タイヤのトレッドパターンは、ラリー用になっています。

P_20200507_144247
パッケージ
リアフェンダーにかかれていたロゴ”FULL TIME 4WD”や”TWIN CAM 16VALVE”等はパッケージにも記載されています。
最近の車は、こういった技術のロゴ記載がどんどん無くなっているので、こういった表記があるとワクワクします。
スケールはTLVなので、1/64です。

いかがでしたでしょうか。
今回はカタログ仕様を紹介しましたが、チームカルソニック仕様もかっこいいので、ご興味ある方は是非購入してみて下さい。
細かいところは惜しい点がありますが、主要な変更ポイントは抑えられており、なかなかいいと思います。
トミカでは無いですが、プラモデルメーカーのハセガワから、2020年6月に今回ご紹介したカタログ仕様のプラモデルが出ますので、ブルーバード好きの方は是非そちらもみてみて下さい。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ No.19 スズキ KATANA
P_20200507_092329

今回ご紹介するのは、2020年4月発売のスズキ KATANAです。
本来であれば、3月発売の予定でしたが諸事情により、一ヶ月発売が延期となりました。

P_20200507_092348
今回のKATANAには、2018年9月発売のHonda CBR1000RRと同様、クリアのライダーが付属しています。
また、クリアのスタンドも付いており、ライダーの足に付いているピンをスタンドに指すことでライダーの位置を固定できます。
ただ、ライダーもスタンドも樹脂出来ていることから寸法精度がそこまで良くないため、ハンドルと足の位置がなかなか決まりづらいです。(写真はハンドルから手が浮いてます・・)
ピンが少し大きめなのか、スタンドにも入りづらかったです。

P_20200507_092355
さて、KATANAについて少しご紹介したいと思います。
1980年代にデビューし2000年に製造終了となった名車”GSX1100S KATANA”を受け継いだモデルになります。
新型モデルは、2018年にドイツで発表され、日本では2019年に発売開始となっています。
エンジンは、998ccの水冷直4で148馬力を発生させます。
価格は154万円です。


P_20200507_092504
さて、トミカを見ていきましょう。
ヘッドライトは、上下二分割ですがトミカでは、一体の塗装なのでシンプルに見えます。
ヘッドライト上には小さいですが、スズキのロゴが入っています。
タイヤはトレッドパターンが入っていますね。これはいいと思います。


P_20200507_092531
リアは、テールランプが塗装されています。

P_20200507_092610
サイドビュー
フロントカウルから燃料タンクにかけての造形は、刀の切先をイメージした形状となっており、KATANAの特徴となっていますが、よく再現できているのではないでしょうか。
エンジン部分も塗装はされていないもの、外から見える部分はそれなりに作り込まれています。
2018年にトミカで発売されたHonda CBR1000RRは、カウルの影響でほとんどエンジンが見えなかったので、今回はエンジンが見え嬉しいです。
エキゾーストパイプは、塗装したいところですね。
フロントブレーキローターは塗装されていますね。穴も再現されておりいいと思います。実車はフロントブレーキはブレンボのようです。
KATANAは、スズキ車として初めてスイングアームがウインカー、リアフェンダーとの一体型となっており、リア周りはかなりスッキリした印象です。

P_20200507_093333
パッケージ
スケールは、1/32です。
KATANAも少しではあるものの、フロントタイヤ/ハンドルは左右に動かせるのですが、なぜかパッケージのアクション記載がありません。(Honda CBR1000RRもそうでしたが)




↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村