pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカ トヨタLQ
P_20200507_091654

今回ご紹介するのは、2020年3月に発売となった、トミカ トヨタLQです。

P_20200507_091721
実車は、2019年の東京モーターショーで初公開されていました。
今回ご紹介するトミカもモーターショーの会場で展示されていたので、ようやく発売となります。
LQは、元々2017年の東京モーターショーでConcept-愛iとして展示されていました。その時は、デザインモックのような形でした。
そこから、デザインは大きく変えず実際に走行できるよう具現化したのがLQです。
2017年の
Concept-愛iの時は、あくまでもデザインモックでしたので、まさかそのまま走行できるようになって登場するとは思っても見ませんでした。

P_20200507_091729
パワートレインは、電気自動車となっており、走行可能距離はおよそ300kmとなっています。
ボディ形状的に町中メインな感じがしますので、実用範囲内でしょうか。

P_20200507_091749
では、トミカを見ていきましょう。
実車は、フロントライト横側に斜めの黒い部分(ここも光るようです。真ん中は冷却のダクトでしょうか?)がありますが、トミカでは塗装されていません。
これが無いことで、フロントフェイスが大分落ち着いた感じに見えます。
黒い部分があることで、垂れ目のように見え非常に眠そうな感じがしてたので、こちらのほうが好みです。
造形は、ナンバー上の部分のプレスラインが薄い気がしますが、その他はなかなかいいと思います。
ヘッドライトは、通常の車とは異なり、デジタルミラ
ーデバイスを用い、ヘッドランプに内蔵された100万個の微小なミラーの切り替えによって点灯させ、文字や図形を書くことが出来るようです。
将来は、これが当たり前の技術になるのかもしれません。
アウディも路面に文字を書くような技術を開発していましたし。

P_20200507_091757
リアもかなり個性的なデザインです。
造形は特に不満な点はありません。
オールタンポ印刷ですし、複雑なテールランプ(と呼んでいいのかわかりませんが)も再現されています。
ナンバー下の加飾やテールランプの色は、少し金色っぽ過ぎるような気もします。
実車の写真は、もう少し黄土色やオレンジ側に近い色に見えました。
テールランプがどのように光るのか気になるところですが、ホームページの写真を見る限り、金色塗装部分全体が色が変わるようです。

P_20200507_091811
サイドビュー
サイドも複雑な造形をしていますが、うまく再現出来ていると感じます。
実車は、ドア下部もガラスとなっていますが、トミカではクリアパーツを使うことで再現しています。
フロントタイヤは少し小さく感じますが、タイヤが専用設計にはならないトミカでは仕方がないところでしょうか。
P_20200507_091831
フロントガラスが非常に寝ているため、ガラスは非常に長いです。
サイドもガラスなので、夏場は暑そうですね。
内装はダッシュボードが黒、シートは白となっており実車通りです。
LQはガラス部が多く、内装がよく見えるので、ダッシュボードとシートのカラーが異なると映えますね。

P_20200507_091917
裏側
トミカの刻印のみで、サスペンション等の造形はされていません。
EVなので、実車もほとんどカバーで覆われているかもしれませんね。

P_20200507_091427
P_20200507_091458
パッケージ
先日ご紹介した、50周年記念シビックタイプRと同様、見開きのパッケージです。
パッケージ上の紹介文は、LQの紹介文ではなくトミカの紹介文です。


今回は、少し未来の車トヨタLQを紹介しました。
未来の車とは言っても、仮ナンバーを付けたテストカーが最近度々目撃されていることから、(一般販売されるかはわかりませんが)実用化ももうすぐになりそうです。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ No.25 日立建機 ローディングショベル EX8000-7
P_20200507_100729

今回は、2020年4月発売となった日立建機 ローディングショベルをご紹介します。

P_20200507_100810
多くの方は”ローディングショベル”という言葉を初めて聞いたのではないでしょうか。
私も今回、初めて聞きました。
というわけで、ローディングショベルとは何か?ということを調べてみました。
ローディングショベルとは油圧ショベルの一種で、ショベルを運転席の反対側に向けて装着した、建設機械のことを指すようです。地表面より高い部分の採掘を行うのが得意で、鉱山など広大な現場で活躍しているようです。
鉱山等で活躍しているとなると、普段の生活の中では、お目にかかれない建設機械になりますね。

P_20200507_100818
日立建機のホームページを見たところ、EX8000-"7"は、見つからずEX8000-"6"が掲載されていました。
EX8000-7は日本では販売されていないのでしょうか・・?それとも、これから発売でしょうか・・?
建機は、あまり詳しくないので詳細はわかりませんが。

参考までに、EX8000-6のスペックをご紹介します。
エンジンは、アメリカ カミンズ社の排気量60Lのエンジンを2機搭載しています。
そのエンジンの馬力は、1機で1971馬力。2機搭載しているので、車両としては3942馬力のエンジンを搭載していることになります。
燃料タンク容量は、14900Lになります。
乗用車やトラックと比較すると、途方も無いエンジンスペックですね。
価格は、約13億円のようです。スペックもさることながら、値段もすごいですね。

P_20200507_100827
さて、EX8000について少しわかったところで、トミカを見ていきましょう。
実車は、高さ約10m(=ビル3階分に相当)、長さが約12m、幅が約10mと非常に大きいですが、それをトミカサイズにうまくスケールダウンしているのではないかと思います。
これだけ大きい機械を、トミカサイズにするのは大変そうですね。
長さと幅の差がそれほどないため、上から見るとスクエアな形状です。
上面から見ると、凹凸が沢山あります。CADモデルで作成するのは、大変だろうなと思ってしまいました。担当者は大変だったでしょうが、この機械に対する愛を感じます。

P_20200507_100841
上に位置する運転席へ登るための階段も、階段形状に作られています。
スロープ形状にしてしまいそうなところも、段々形状に作り込まれていのがポイント高いです。
その他、放熱のためのスリット等、ボディ全体が非常に作り込まれている印象です。
ただ、残念なことに塗装が少し厚いため、一生懸命作り込まれたモールドが多々埋まっているところがありました。
もう少し、塗装が薄くなるともっと良くなるのですが。
EX8000のロゴは、この部分だけ艶があるので、シールではないかと思います。

P_20200507_100915
P_20200507_100923
アームの部分は上記写真のように2段階に動かせます。
一番上まで伸ばすと結構な高さになりますね。
もちろん運転席も回転しますし、キャタピラも回ります。
稼働部位が沢山あるのは、楽しいですね。

P_20200507_100747
パッケージ
スケールは、1/300です。

4月は他にも沢山発売があったため、少し影に隠れがちなEX8000ですが、特に運転席側の作り込みは素晴らしいと思います。
ぜひ、手にとってみて下さい。

↓よろしければ、クリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカプレミアム No.34 日産 スカイライン GT-R(KPGC10)
P_20200507_101408
本日紹介するのは、2020年4月発売となったトミカプレミアム No.34 日産 スカイライン GT-Rです。


P_20200507_101436
初代GT-R GC10型は通称”ハコスカ”として、あまりにも有名な名車です。
1969年登場の前期型(PGC10型)は、4ドアセダンでした。
1970年10月登場の後期型(KPGC10型)は2ドアハードトップになります。今回、トミカプレミアムで登場したのは、この後期型になります。
生産台数は、PGC10型が832台、KPGC10型が1197台とKPGC10型の方が若干ではありますが多いです。

P_20200507_101449
エンジンはS20型(1989cc、直6)で160馬力を出していました。
今でこそ、当たり前となりましたが当時では珍しいDOHC4バルブエンジンです。

P_20200507_101539
さて、トミカの方を見ていきましょう。
フロントライトは、クリアパーツを使用しています。
また、ライト周りは実車はメッキ部品ですが、流石に別パーツにするのは難しかったようで、シルバー塗装で再現しています。
ボディのシルバーとは違う色で、メッキではないですがそれっぽく見えます。
グリルには、GT-Rのロゴがしっかり印刷されており、好印象です。

P_20200507_101555
リア
リアのGT-Rエンブレムやランプの周りのメッキ部も塗装されており、こだわっていると思います。
今回のモデルは、実車では純正オプションだったリアスポイラーは装着されていません。

P_20200507_101456
P_20200507_101948
サイドと上面
リアホイールアーチ部にFRPのオーバーフェンダーが実車はついていますが、この部分は塗装で再現されています。
サイドのプレスラインは、もう少しシャキッとしていると尚いいですが、800円という価格を考えれば十分だとおもいます。
塗装は薄めで、モールドが埋まっているところはありませんでした。

P_20200507_101522
今年のオートサロンの会場で、先行展示されていた時から出来は良さそうに見えたのがこの鉄チンホイール。
鉄チンホイール好きの私ですが、今回のモデルで一番気に入っているのがこのホイールです。
某プラモデルメーカーランエボRSに付いていたの鉄チンホイールより、こっちの方がいいです。

P_20200507_101611
今回は、ドア開閉ありです。
ドアヒンジが非常にごっついのが残念ですが、それっぽく作られていると思います。

P_20200507_101632
裏側
スケールは、1/61です。

P_20200507_101420
パッケージ
黒背景にハコスカは非常に似合いますね。


P_20200507_101803
P_20200507_101814
発売記念仕様として、ホワイトも同時発売されています。
ハコスカというと、シルバーのイメージが非常に強いですがホワイトも設定されていました。
白だと色のせいで全体的にボヤッとした感じに見えるので、通常品のシルバーの方がオススメです。
リアオーバーフェンダーの塗り分け境が少しキレイではないのも気になりますし。

P_20200507_101750
パッケージ

トミカプレミアムでは、既にハコスカ/R32/R33/R34が商品化されています。
残りはケンメリですね。商品化に期待しましょう。


↓良ければクリックしてください。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカNo.21 日産 ノート パトロ-ルカー

P_20200507_093139
今回ご紹介するのは、2020年2月に発売された日産ノートパトロールカーです。


P_20200507_093214
E12ノートは、トミカでは前期型と後期型が作られていますが、今回ベースとなったのは'17年7月にノートe-Powerとして発売された後期型になります。


P_20200507_093221
ノートの前期型のパトカーは、トミカショップの景品として配布されています。

P_20200507_093228
今回、埼玉県警の表記となっていますが、埼玉県には実際に後期型ノートのパトカーが存在しています。
この他、宮城県(こちらは、1/43でミニカー化)と福井県にも存在するようです。
E11初代ノートも全国配備はされなかったものの、存在するのでパトカーとしての使い勝手はいいのかもしれません。

P_20200507_093235
フロント
Vモーショングリルが太すぎる気もしますが、白と黒の塗り分け位置も実車同様ですし、いいと思います。
それにしても、埼玉県警仕様はヘッドライトを繋ぐように黒が塗装されているので、正面から見ると黒の面積がすごく多いですね。
宮城県は、もう少し白の面積が多いのでそちらの方が、スッキリしてていいです。

P_20200507_093244
リア

P_20200507_093259
裏側
今回、タカラトミーモールで予約したのですが、2月発売品予約時は、なぜかこれだけ完売していました。
そのため、3月発売品の予約時に同時予約をしたのですが、スズキ・カタナ発売延期に伴い、4月入手となりました。
2ヶ月たっていたので、新車シールは無しでしたが裏側を見たところ、”B20”という製造年月の刻印がありました。
4月発売のトミカから、この刻印が表記されていますが、すでに発売品のトミカも順次展開されていくのでしょうか。

P_20200507_093203
パッケージ
新車シール付きは、まだ見かけるので今のうちに入手しておこうと思います。



にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

Spark製 Audi R8 LMS GT3 No.25 Audi Sport Team WRT Suzuka 10h Winner(1/43)
P_20200919_003857
今回、ご紹介するのは本ブログでは初紹介となる1/43スケール品です。
昨年8月に鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿10hの優勝マシンになります。
P_20200919_003916
鈴鹿10hは、2018年から開催されインターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)の1戦として開催されています。
昨年は、元F1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンが参戦したことで盛り上がりましたね。
ニュル24時間や、スパ24時間レースでも参戦している海外チームが参戦するレースとなっており、雰囲気も国内のSuper GT等とは異なります。
P_20200919_003948
このマシンをドライブしていたのは、ケルビン・ファン・デル・リンデ/ドリス・バンスール/フレデリック・ヴェルヴィッシュ組。
実質アウディのワークスチームです。
レースは、序盤BMWの2チームが先行する形でしたが、中盤以降は#25がトップを譲らず圧巻の勝利でした。
P_20200919_004000
アウディR8のGT3車両は、2015年からリリースされていますが、2019年エアロやパワートレインをアップデートしたEvoモデルとなり、今回優勝したマシンもEvoモデルです。
以前のマシンは、少し野暮ったい印象があり、あまり好みではなかったのですが、Evoモデルは攻撃的な顔つきとなり好きになりました。P_20200919_004026
モデルはSpark製とあって申し分なしです。
ただ、ボディカラーが実車より少し色が濃いような感じもします。
67503940_157851825397043_3160276487706551107_n
こちらが実車です。
昨年、鈴鹿10hで私が撮影したものです。
やはり、モデルは青みが強いような感じがします。
話はずれますが、この写真は、私でもかなり気に入っておりInstagramにアップしたところ、このマシンをドライブしていたケルビン・ファン・デル・リンデ/フレデリック・ヴェルヴィッシュから”いいね”を頂きました。
嬉しかったですね!
P_20200919_004038
リア
フロント同様、造形はよく不満はありません。
ウイングも非常にシャープな仕上がりで、下手に触るとすぐ折れそうです。
実車もそうですが、フロントに比べるとリアはおとなしく、ややボリュームにかける印象があります。
今回のモデルはナショナルモデルですが、優勝マシンということもあってか生産数は750台と、他のマシンより多いです。
P_20200919_004006
ホイールの造形もいいです。
欧州チームでは、最近ホイールのスポークの一部を変更するのが流行っているようです。
このマシンも2本だけ白色です。
1/43だとホイールも小さいので、細いスポークにデカールを貼るのは泣けますね。私には無理です。
P_20200919_004047
リアエンジン車なので、エンジンも再現されています。
エキゾーストパイプも、それらしく配置されています。
フロントエンジン車は、エンジンは再現されていないので少しお得な感じがします。
P_20200507_150951
さて、今年も8月に予定されている鈴鹿10hですが、無事開催されるのでしょうか・・・。
例年であればエントリーリストをみて盛り上がってくる頃ですが、現状だと開催は厳しいような気がします。予定では5/31にチケット販売開始となっていますが・・。
鈴鹿10hは、今までテレビでしか見れなかった海外チームを見れるのが最大の楽しみなので、海外チーム無しでは楽しみ半減です。
8月末の炎天下の元、10時間レースを見るのも中々しんどいので、秋開催でもいいですが。
いずれにせよ、コロナウイルスが収束し、元通りの生活に早く戻れるよう願っています。
エキゾーストサウンドも久しく聞けてないので、早く聞きたいですね。

↓よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ No.24 トヨタ カローラ ツーリング
P_20200507_100030


今回ご紹介するのは、2020年4月発売のトヨタカローラツーリングです。
P_20200507_100104
12代目となる今回のカローラは、セダン/ツーリング/スポーツ(ハッチバック)の3形態となりました。
この内、トミカ化されたのは国内最量販とされるツーリングです。
世界で見るとカローラは、セダンが8割を占めるそうです。日本では、カローラセダンはあまり見ない(最近のモデルは営業車のイメージ)ので意外ですね。

P_20200507_100114
エンジンは、1.8Lガソリン/1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ(W×B)の3種類が用意されています。
トミカのリアハッチにはハイブリッドのエンブレムが見当たらないことから、おそらくガソリンモデルをモデル化していると思います。

P_20200507_100127
今回のカローラは、ついに3ナンバー化されデザインは、基本的に海外モデルと共通となりました。
ただ、日本仕様は全長・全幅・ホイールベースが海外モデルより短くなっています。
特にツーリングは、リアオーバーハングが95mm短いため、海外モデルと見比べるとリアの伸びやかが足りない印象です。
最初、海外モデルが先に発表された際、これはかっこいい!と思ったのですが、日本仕様は若干寸足らずな感じです。
私はステーションワゴン好きなので、海外モデルのデザインで、2.0Lクラスのエンジンだったら真剣に購入を考えていました。
ただ、見比べなければパット見海外モデルと同じように見えるのは、トヨタのデザインのうまさだと思います。


P_20200507_100134
話がそれてきましたので、トミカの話しに戻りたいと思います。
カラーは、オプションカラーであるスパークリングブラックパールクリスタルシャインをイメージしたものと思います。
このカラーは、W×B専用色であることから1.2Lターボをトミカ化したということになりますね。
(W×Bはフォグランプは標準装備ですが、トミカではイラスト含め省略されているので、W×Bの完全再現ではないです)

P_20200507_100142
リア
先にも述べたとおり、ハイブリッドエンブレムは無しです。
リアランプは、テールゲート側のランプが少し実車より高さ方向に長い気がします。(実車はもう少しシャープな印象)
写真を撮影していて思いましたが、ランプが高さ方向に長いと5代目レガシィ(BM)みたいですね。


P_20200507_100155
裏側
理由はわかりませんが、カローラツーリングの裏側の造形は結構凝っていると思います。
センターブレースまで再現されてますし。
子供は、気にしないでしょうけど、裏側の造形が凝っているのは結構嬉しいです。

P_20200507_100048
パッケージ
スケールは1/63です。



今回のカローラツーリングは初回仕様も販売されました。

P_20200507_100227
カローラツーリングでは、白は2色設定されていますが、W×Bということを考えるとオプションカラーのホワイトパールクリスタルシャインを再現していると思います。

P_20200507_100234
リア


P_20200507_100218
パッケージ

P_20200507_100317
今回の2台は白とブラックなので、地味な感じです。
一部販売会社では、スカーレットメタリックのカローラツーリングを通常品発売前に配布していたようですが、私のところでは配布されていませんでした。
今回のコロナウイルスにより、積極的な営業が直ぐに再開される様子でもないですし、カローラ発売から少し月日がたってしまったので、もう配布することは無いんでしょうか・・・。
一時、某フリマサイトで値段が下がって販売されていたので、その時に入手すべきだったと少し後悔しています。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカリミテッドヴィンテージNEO
日本車の時代Vol.13 アンフィニRX-7

P_20200507_144905

本ブログでは初めて取り上げるTLV。
今回ご紹介するのは、1991年から2002年までと長期間生産されたFD3S型。
TLVでは、前期型のⅠ型、Ⅱ型、中期型のⅣ型(RZ/RS)が現在のところ発売されています。


P_20200507_144914
通常品はシルバーと黄色が販売されましたが、日本車の時代では赤(ヴィンテージレッド)が採用されています。
このモデルは、Ⅰ型になります。

P_20200507_144921

私はリアランプが丸形3連式となった中期以降の方が好みですが、シンプルな前期もいいですね。
P_20200507_144929
サイド
FDが開発された当時、マツダは”ときめきのデザイン”を掲げていました。
線ではなく面で表現しているFDのデザインは、今でも通用する美しいデザインと思います。


P_20200507_144936
フロント


P_20200507_144944
リア
エンブレムの他、鍵穴もあります。
マフラーは真ん中部が窪んでいます。価格が安ければ、自分で黒く塗るのですが・・・。


P_20200507_144951

上面より
P_20200507_145012
ホイール
造形はいいと思います。
実車の純正ホイールは16インチでした。(途中で17インチも追加)

P_20200507_145038
裏面

P_20200507_145059

サイドミラーは別パーツで、購入者が自分で取り付ける形です。

P_20200507_144622
P_20200507_144644
P_20200507_144802
パッケージは、日本車の時代でおなじみの見開きタイプです。
中には、通常の箱も入っています。

今回は、日本車の時代のFDを紹介しました。
また後日、他のモデルは紹介していく予定です。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

日産GT-R(アースグランナー マッハゴウ仕様)

P_20200506_160531
アースグランナー商品を3000円以上購入すると、先着順で貰えるものです。

P_20200506_160538
私は、アースグランナー商品は不要だったので、某フリマサイトで購入しました。

P_20200506_160547
ベースは、GT-Rの'17年モデルです。

P_20200506_160554
リア
今回配布されているものは、リアスポイラー改修品(穴埋め)です。
P_20200506_160612
サイド
好みはあると思いますが、結構かっこいいカラーリングだと思います。

P_20200506_160447
パッケージ


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

OKB大垣共立銀行 サザンウィンド トミカ

P_20200506_160246
OKB大垣共立銀行の銀行小型移動店舗「OKBサザンウィンド」。
実車同様、いすゞエルフがベースとなっています。

P_20200506_160254
オンラインストアでは、5台1セット販売だったのでどうしようか悩んでいたところ、Twitterフォロワーさんがありがたい事に譲っていただいたので入手出来ました。
感謝です。
P_20200506_160305
フロント
ナンバー印刷は実車同様のようです。
実車の写真は2014年にマイナーチェンジしグリルが変わったモデルのようですが、トミカではマイナーチェンジ前のモデルになります。
マイナーチェンジ後は、いすゞエルフ60週年の特注品で出ていますが、一体いつ通常品で出てくるのでしょうか・・・。

P_20200506_160313
リア

P_20200506_160352
ルーフにはデフレクターがついています。
エルフでデフレクターがついているモデルは初めてではないでしょうか。
また、荷台にはパラボラアンテナが印刷で表現されています。

P_20200506_155939
パッケージ

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

佛教大学オリジナルバス 第2弾 三菱ふそうエアロクイーン

P_20200506_155727
第1弾は日野セレガでしたが、第2弾は三菱ふそうエアロクイーンとなりました。
突然発売され、驚きましたが特注バスは迷わず購入しているので即買いでした。
その日には一度完売していましたが、その後復活したようなので、まだ在庫はあるのかもしれません。

P_20200506_155735
リア

P_20200506_155743
第1弾のセレガはナンバー印刷無しでしたが、今回はフロント・リアにナンバー印刷が入っています。
最初ナンバー印刷にはえらく感動しましたが、最近の特注バスはナンバー印刷がスタンダードになりつつありますね。

P_20200506_155801
リア
フロント同様、ナンバー印刷が入っています。
灯火類もしっかり印刷されており、いい印象です。

P_20200506_155636
パッケージ

私個人としては、第1弾より今回ご紹介した第2弾の方が、印刷が細かくオススメです。
ところで、実車のエアロクイーンは2019年にマイナーチェンジしフロントフェイスが変わりました。トミカ化はいつでしょうか…?期待しています。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村