pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

P_20201110_000303
2020年10月に発売されたINNO ModelsのスプリンタートレノAE86 BLACK LIMITEDをご紹介します。
P_20201110_000449
AE86型スプリンタートレノ最後の特別仕様車が、GT APEX ブラックリミテッドです。
最上級グレードのGTアペックスをベースとし、専用色ブラックメタリック+ゴールドのサイドピンストライプやエンブレム、ホイールという組み合わせでした。
ボディカラーがブラックに金色のアクセントは、よく用いられるパターンですが、非常に精悍な外観になります。
GTアペックスは、リアスポイラーとサイドステップがオプション扱いでしたが、このモデルでは標準装備となっています。
P_20201110_000610
内装は、メーターの照明やシフトノブ等に差し色としてオレンジが用いられている他、専用のシートやフロアマットを装備しており、ベース車との差別化が図られています。
エンジンは、ベース車と同じものを搭載しており、内外装の違いが特徴的な1台となっています。
現行型86でも、このモデルをオマージュしたブラックリミテッドが86台で発売されました。
フルモデルチェンジが近いと噂されていることから、現行型86も恐らくブラックリミテッドが最後の特別仕様モデルとなりそうです。
P_20200110_132746
P_20200110_132850
こちらが、実車のブラックリミテッドです。
今年の東京オートサロンで展示されていました。
存在は以前から知っていましたが、実車を見たのはこの時か初でした。
P_20201110_000648
P_20201110_000704
イノモデルでは、これまでAE86レビンは発売されていましたが、トレノは今回が初のモデル化です。
上の実車の画像と見比べていただければ分かる通り、実車より車高が低く抑えられ、ホイールも変更されています。
カラーリングこそブラックリミテッドを再現しているもの、ライトチューニングされたモデルとなっています。
車高が低く抑えられている影響で、タイヤは回りません。
P_20201110_000725

フロント
リトラクタブルライトは開いた状態を再現しています。
また、トレノのエンブレムは、しっかりゴールドとなっています。
低く抑えられた車高がバッチリ決まっており、本当にかっこいいですね。
P_20201110_000753_1
リア
テールランプはクリアパーツを使用しています。ただ、ボディ色が黒なので、ライトは全体的に暗めです。
マフラーは社外風となっており、先端部を青く彩色し、焼きを表現しています。
APEX等のエンブレム類の彩色はありません。
P_20201110_000838
裏側
P_20201109_235855
カーボンボンネット用のデカールが付属でついています。
P_20201109_235951

ブラックリミテッドは、本来ゴールドホイールであるためか、交換用のホイールが付いています。
純正のホイール形状とは異なり、ワタナベ風ですね。
P_20201109_235756
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201026_003859
2012年に発売された、トイズドリームプロジェクト こだわりのパトカーコレクション3より、レガシィ 災害活動車仕様をご紹介します。
P_20201026_004000
こだわりのパトカーコレクション3は、全6車種の構成となっており、レガシィはその内の1台です。
他のラインナップは、パジェロの英国仕様やトライトンの道路パトカーとなっており、どストライクな日本の白黒パトカーありませんでした。実に、トイズドリームプロジェクトらしい、いいラインナップだと思います。
P_20201026_004022_001
BPレガシィツーリングワゴンの災害活動車は、実車が存在しません。
ただ、レガシィアウトバックの災害活動車は存在するため、それをイメージしたものになっていると思います。
災害時に活躍する車両ですので、他の車両を見るとパジェロやランクルといった、本格的なSUVが採用されています。
ボディカラーは、白と青の組み合わせが特徴の機動隊カラーとなっています。
P_20201026_004047
P_20201026_004115
ツーリングワゴンの実車は存在しませんが、アウトバックがあるため、カラーリングはそれに準じたものとなっています。
ルーフには、夜間に活動出来るようサーチライトが付いており、トミカでもしっかり再現されています。
トミカでは、サンルーフ付きのモデルをモデル化していたため、その部分は白の塗装で埋められています。そのためか、本来付く赤色灯は装備されていません。
P_20201026_004139
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
旭日章は、印刷で再現しています。
グリル部やボンネットダクト等も彩色がされており、トイズドリームらしく、しっかりした仕上がりです。
P_20201026_004203
リア
リアハッチ右側に”OUTBACK"の文字が印刷されています。
前述の通り実車はアウトバックしか存在しませんが、トイズドリームもツーリングワゴンの金型を使い、アウトバックをモデル化していることになります。
もちろん、アウトバックとツーリングワゴンでは、外観の異なる所が多数あります。トミカでは、その違いは再現されていませんが、OUTBACKを再現しているんだぞ!という強い意志を感じます。細かい部分ですが、これは非常に良いですね。
フロントバンパーは、艶ありの黒塗装でしたが、リアはつや消しです。実車もそうなんでしょうか・・。
P_20201026_004225
裏側
スケールは、1/60です。
以前ご紹介したモデルは、NO.11が印刷でしたが、このモデルでは造形されています。
P_20201026_003921
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201101_235135
2020年10月に発売された、トミカリミテッドヴィンテージより、スカイライン4ドアセダン パトカーをご紹介します。
P_20201101_235214
トミカリミテッドヴィンテージでは、既にR31の4ドアセダンが発売されていましたが、今回パトカーが追加されました。
P_20201101_235253
R30のパトカーは、全国配備されていましたが、R32セダンのパトカーは埼玉県や今回モデル化された茨城県といった限られた県に導入されました。
全国どこでも見れる車両ではなく、レア車だったようです。
そのためか、当時の資料は殆ど見つかりませんでした。手持ちの資料では、愛知県警の車両も茨城県警もフェンダーミラー仕様でしたが、ドアミラー仕様もあったのでしょうか。
P_20201101_235309
P_20201101_235338
白黒の塗り分けはバッチリ決まっています。
茨城県警察の字体もいいと思います。
特筆すべきは、ホイールです。GXiが履いていたホイールに雰囲気が似ていますね。穴こそ開いていないものの、出来はすこぶる良く、単品で販売して欲しいほどです。
この当時の廉価グレードのホイールは、個人的にそそられるものが多いです。
私の確認した茨城県警のパトカーも、このホイールを履いていました。
愛知県警の車両は、別のホイールを履いていたので、県警によってバリエーションがありそうです。

赤色灯は、クリアパーツを使用しています。以前ご紹介した、グロリアバンのパトカーとは、形状が異なるものを採用しています。
P_20201101_235358
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
旭日章は印刷による再現です。
前面警光灯は、後述の通り別パーツとなっています。
P_20201101_235417
リア
NISSANやSKYLINEのロゴは印刷で再現しており、シャープに仕上がっています。
テールランプが真っ黒なので、リアは黒の面積が大分多いです。
P_20201101_235516
裏側
P_20201101_235542
別パーツの前面警光灯です。
バーごとつける指示となっています。
P_20201101_235154
パッケージ
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201101_234243
2020年10月に発売された、トミカリミテッドヴィンテージNEOより、GT-R NISMO 2020年モデルをご紹介します。
P_20201101_234602
2014年、R35 GT-Rにサーキット走行を主眼においたグレード"NISMO"が追加されました。
その後、NISMOは2017年に改良が行われ、今回2020年モデルが2度目の大幅改良となります。
2020年モデルは、軽量化を中心に改良が図られました。具体的には、エンジンフード、フロントフェンダー、ルーフにカーボンを採用しています。
また、カーボン製レカロシートやカーボンブレーキを採用し、トータルで30kg軽くなりました。
P_20201101_234621
エンジンは、SUPER GT等に参戦しているレーシングカー"GT3"のターボを取り入れました。
ターボは、タービン側の羽枚数を減らし、形状変更も行った結果、レンスポンスが20%向上しています。
カタログに記載されている出力値に変更はありませんが、レスポンスの向上により、アクセルを踏み込んだ際の加速には明らかに違うようです。
価格は、2017年モデルの1870万円から、2420万円と大幅にアップしました。カーボン製パーツを多用しているので、大幅な価格アップは妥当だと思います。
P_20201101_234642
P_20201101_234711
トミカリミテッドヴィンテージでは、2014年、2017年モデルに続き商品化されています。
2020年モデルも新金型となっており、前述の改良点がしっかり反映されています。
2020年モデルの特徴となるカーボンルーフは、彩色で表現しています。ただ、黒とグレーの各線幅が広いため、あまりカーボンの様には見えません。面積が拾い部分なので、ここはやや気になります。
改良された、レイズ製のホイールは良く出来ていると思います。ホイールは抜けており、奥にはブレーキも見えます。
トミカリミテッドヴィンテージのR35 GT-Rに共通することですが、タイヤのショルダー部がゴッツい気がします。
フロントフェンダーに新設されたアウトレットダクトは、造形と彩色で表現されています。
P_20201101_234731
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
NISMOの特徴である、エアロ周りは良く再現されています。
彩色も丁寧に行われており、バンパー下部の赤いラインもバッチリ決まっています。
P_20201101_234755
リア
リアのエアロは、2017年モデルから変更されていません。
違いは、マフラーが通常モデル同様、焼き加工が施されているため青くなっていることです。
ミラーは、鏡面部がシルバーで彩色されています。昨日ご紹介した、50th Anniversaryモデルでは無かった彩色です。
P_20201101_234833
レカロシートは、赤と黒の彩色がされています。
P_20201101_234914
裏側
P_20201101_234947
パッケージ
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201105_225723
2020年5月及び、9月に発売されたトミカリミテッドヴィンテージNEOのGT-R 50th ANNIVERSARYをご紹介します。
P_20201105_224850
2019年6月から2020年3月末までの期間限定で販売されたのが、GT-R 50th ANNIVERSARYです。
1969年に誕生したスカイライン2000GT-Rから、デビュー50周年を記念したモデルとなっています。
ベースは、GT-R Premium edition 2020年モデルです。外観は、日本グランプリシリーズで活躍した、GT-Rレーシングカーをモチーフとした2トーンカラーを採用しています。
P_20201105_224912
リアにGT-R 50th Anniversaryのバッジと、記念ステッカーが配置されています。
また、内装は専用のロゴ入りメーターやキッキングプレート、専用のステッチを使ったルーフトリム等を採用しています。
内外装は、変更されていますが、走りの面では通常のGT-Rと同様の仕様となっています。
P_20201105_224937
P_20201105_224954
今回、ワンガンブルーとアルティメイトメタルシルバーが5月、ブリリアントホワイトパールのみ9月に発売されました。
ブルーとシルバーの予約開始時は、ホワイトの発売がアナウンスされていなかったため、ブルーのみ購入予定でしたが、3色揃うならば・・ということで、慌ててシルバーも購入しました。
今回、新たに2020年モデルとして一部金型を変更し発売されました。
ホイールは、新デザインとなっており、このモデルはブルースポークホイールを採用しています。
モデルでもブルーの彩色が入っていますが、色が暗めなのであまり目立ちません。
特徴的な、ツートンカラーはしっかり再現されています。ホワイトの部分にクラックが入ると聞いた事があるため、保管には気をつけたほうが良さそうです。
P_20201105_225017
フロント
2020年モデルで金型が変更されている点として、ヘッドライト下のグリル部に横のラインが増えている点が挙げられます。
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しており、上からシルバーのラインが印刷されています。
全体的な造型はよく、彩色もしっかりされていると思います。
P_20201105_225035
リア
トランク下には、50th Anniversaryのバッジと、記念ステッカーが印刷されています。
以前ご紹介した、GT-R同様、リアウィングのセンターの柱がトランクに着地していません。全体の出来はいいだけに、ここは結構気になります。安いモデルではないですので…。
マフラーは、2020年モデルから採用された青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャを再現するため、上から青の彩色がされています。
P_20201105_225056
内装色は、専用色となるミディアムグレーを採用しています。
また、サイド部には明るいグレーを配色しており、今回のモデルでもしっかり彩色されています。
P_20201105_225137
裏側
裏側は、2017年モデルと共通のものを使用しています。
P_20201105_230113
パッケージ
GT-Rはいつも大箱を採用しています。ツートンカラーのパッケージとなっており、中々かっこいいです。

ここからは、残り2色を紹介していきますが、カラー違いなので写真を中心に紹介したいと思います。
P_20201105_225202
こちらは、アルティメイトメタルシルバーです。
実車は、2020年3月末の販売期限に対し、3月末を待たず完売となっています。シルバーが最初に完売するとは、少し意外でした。
ベースカラーがシルバーに対し、2色目が白なので3台の中で最もおとなしい仕上がりです。
P_20201105_225214
P_20201105_225225
P_20201105_225244
こちらもホイールのスポークも、ブルーを採用しています。
実車だと、オプション扱いでした。
P_20201105_225301
P_20201105_225320
P_20201105_230058
パッケージ

ラストは、ブリリアントホワイトパールです。
ホワイトのボディに2色目が赤となっており、非常にかっこいいと思います。
P_20201105_225338
P_20201105_225414
P_20201105_225428
P_20201105_225441
他の2台と異なり、ホイールはシルバーのリムを採用しています。
実車もブルーのリムは、オプションでも設定されていません。
P_20201105_225459
P_20201105_225510
P_20201105_230041
パッケージ

最後に3台を並べて。
P_20201105_225550
P_20201105_225633
皆さんは、どの色がお好みでしょうか。
P_20201105_224529

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201010_154305
2019年9月に発売された、トミカNo.100カムリ スポーツをご紹介します。
P_20201010_154328

2017年にフルモデルチェンジされ、10代目カムリとして発売されました。
トヨタのデザインである”キーンルック”を進化させたものになっており、今までのカムリよりかっこよくなったと思います。
エンジンは、2.5Lハイブリッドシステムを採用しています。
エンジン自体は、熱効率41%を達成しており、市販エンジンとしてはトップクラスの効率の良いエンジンとなっています。
P_20201010_154339
デビュー翌年の2018年、一部改良が行われ新グレード”WS”が追加されました。
WSとは、Worldwide&Sportyの略です。
内外装は、エアロやホイール、シート等を変更し、スポーティーな雰囲気となっています。
また、サスペンションの専用チューニングとなっており、全体的にスポーティーな雰囲気のグレードとなっています。
P_20201010_154349
P_20201010_154417

トミカでは、先代に続きモデル化されました。
モデル化されたのは、スポーティーなグレード”WS”となっています。
ボディカラーは、WSのカタログカラーであるダークブルーマイカメタリックです。
実車は、18インチのホイールを履いており、車高も低めに抑えられています。
それに対し、トミカでは通常ホイールを履いているため、ボディに対しタイヤが小さめとなり、足元はやや貧弱に見えます。
最近の車は、純正タイヤも大径のタイヤを採用する傾向なので、通常ホイールでは物足りない車が増えてきそうです。
P_20201010_154359フロント

複雑なバンパー形状は、トミカでもよく捉えられると思います。
また、バンパー中央部は、黒で彩色されており、かっこよく仕上がっていると思います。P_20201010_154408リア

テールランプは、通常品トミカでは珍しく2色塗り分けとなっています。
赤のベタ塗りより、塗り分けがされている方が、ぐっと雰囲気が良くなりますね。
左側には、2本出しのマフラーが造形されています。
P_20201010_154427裏側
スケールは、1/64です。
P_20201010_154315
パッケージ
カムリ スポーツは、正式な車名ではありませんが、トヨタ自身がそう呼んでるため、カムリスポーツと表記されているのだと思います。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

P_20201026_012640
2020年9月に発売されたトミカリミテッドヴィンテージより、いすゞエルフ(日本通運)をご紹介します。
P_20201026_012716
1959年にデビューしたいすゞエルフは、以前ご紹介した通り昨年、誕生60周年を迎えました。
当時、トヨタのダイナや日産のキャブオールといたライバル勢がいたので、後発での発売となっています。
発売当時は、1.5Lガソリンエンジンのみの設定となっており、4速ATとの組み合わせでした。
P_20201026_012730
デビュー翌年の1960年には、2Lのディーゼルエンジンが追加されています。
このディーゼルエンジンが人気を博し、この年ライバルのダイナを抜き、販売台数がクラストップとなりました。
1965年にはマイナーチェンジが行われ、ヘッドライトが丸形2灯から丸形4灯となっています。
P_20201026_012741
P_20201026_012749
トミカリミテッドヴィンテージでは、昨年新金型で初代エルフが発売されました。
昨年発売されたものは、低床トラックとバキュームカーでした。
今回は、荷台の形状を変更し、高床仕様として発売されています。
カラーは、日本通運カラーのイエローとなっています。
各種ロゴは、印刷で仕上げられており、仕上がりはとてもいいと思います。
ホイールもイエローとなっているのが、おしゃれですね。
P_20201026_012804
フロント
今回のモデルは、1964年式となっており、丸目2灯の最終モデルです。
今のトラックは、厳ついフロントマスクのものが多いですが、このモデルはロボットのような表情をしており、好感が持てるデザインだと思います。
彩色は細かくされています。ナンバーは、数字こそ書いてないものの、緑ナンバーとなっているのがグッドです。
P_20201026_012814
リア
今回、新しく作られた荷台の造形は良いと思います。
フロント同様、彩色は細かくされています。また、こちらもナンバーに彩色がされています。
高床荷台なので、リアから見るとリアアクスルが見えます。それにしても、この頃のトラックは、驚くほどタイヤが細いですね。
P_20201026_012847
裏側
リアアクスルの他に、プロペラシャフトやマフラー等もしっかり作り込まれています。
P_20201026_012910
単品のトミカリミテッドヴィンテージとしては珍しく、人形が付属しています。
そのためかわかりませんが、今回のモデルの定価は、昨年より1000円アップですが・・・。
P_20201026_012702
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

P_20201101_235728
2020年10月に発売された、トミカリミテッドヴィンテージのスカイライン オーテックバージョンをご紹介します。
P_20201101_235802
1989年に発売された8代目スカイラインといえば、R32 GT-Rの印象が非常に強いモデルです。
1992年、4ドアセダンGTS-4をベースに、GT-R用RB26DE型をNA化したエンジンを搭載した、オーテックバージョンが発売されました。
なかなか町中でも見かけない、マニアックなモデルです。
P_20201101_235819
エンジンは、前述の通りツインターボを取り外しNA化したRB26DE型を搭載しています。
ただターボを取り外すだけでなく、吸排気やピストン、カム等の変更を行った、オーテックチューニングが施されたものとなっています。
トランスミッションは、MTではなく4ATです。あくまでGTカーなので、あえてATを採用したのかもしれません。
足回りは、このモデル専用のセッティングとなっています。
また、ブレーキはGT-Rど同様のシステムを採用し、ローター径はフロントφ296mm、リヤφ292mmとなっています。
P_20201101_235829
P_20201101_235838
トミカリミテッドヴィンテージでは、R32のセダンを既に商品化しており、当ブログでも紹介しています。
今回は、そのモデルをベースに主にフロントグリルや、バンパーの造形を変更したモデルとなっています。
ボディカラーは、オーテックモデル専用色のイエロイッシュグリーンパールメタリックです。
光の加減で、緑やグレーに見える不思議なカラーです。今回のモデルは、やや緑色が強めな印象を受けます。
ホイールは、リムの部分がシルバーで彩色されており、足回りのアクセントとなっています。
フロントフェンダー後部には、オーテックのロゴが印刷されています。
P_20201101_235853
フロント
ノーマルの4ドアと異なり、フロントマスクはGT-R顔となっています。
ヘッドライトはクリアパーツを使用しており、ウインカー部はオレンジで彩色されています。
フロントの出来は中々よく、先日ご紹介したMINI GTのGT-Rよりこちらの方が似ていると思います。
フロントバンパー向かって右側には、オーテックのロゴが印刷されているのですが、ボディ色に似ているため、やや分かりづらいです。
P_20201101_235919
リア
テールランプは、スモークのクリアパーツを使用しています。
以前販売された、4ドアスカイライン同様、テールランプは黒すぎな印象です。
日産等のエンブレムは印刷で再現しており、もちろんオーテックのロゴもあります。
P_20201101_235942
R32 GT-Rが各社からミニカー化されているのに対し、4ドアスカイラインは殆どミニカー化されていません。
トミカリミテッドヴィンテージらしい、マニアックな車種選択で非常にいいと思います。
P_20201102_000005
裏側
P_20201101_235745
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。


P_20200919_020319
トミカ博アトラクションの参加賞である、ギガ ダンプカーをご紹介します。
P_20200919_020444
2018年に開催された大阪トミカ博のイベント参加賞として、新たに登場したのがギガ ダンプカーです。
その後のトミカ博でも、配布されています。
P_20200919_020451
大阪トミカ博では、まず写真のグレーが登場し、会期後半で赤色が登場しています。
参加賞のボディカラーは、実車のカラーが有る無し問わず、色々設定されます。ダンプカーは、実車のカラーバリエーションが豊富なので、トミカでも色々なカラーが出てくるのは関係です。
P_20200919_020500
通常品では、No.101で販売されていますギガ ダンプカーですが、その色違いにあたります。
金色のボディカラーに対し、グレーとなっています。
こちらのカラーの方が、ダンプにはお似合いだと思います。
P_20200919_020510
フロント
ヘッドライトや、グリルは通常品と同様の彩色されています。
グレーと色系統が似ているのであまり目立ちませんが、ISUZUのロゴも印刷されています。
P_20200919_020520
リア
リアは彩色が無いため、シンプルな仕上がりです。
P_20200919_020433
パッケージ
P_20200919_020606
もう1台は、ボディカラーが鮮やかな赤色です。
こちらの方が、彩色やエンブレム類の印刷が目立ちますね。
P_20200919_020613
リア
こちらもリア周りの彩色はありません。
P_20200919_020556
パッケージ
P_20200919_020702
ボディカラーが対象的な2台ですが、皆さんはどちらがお好みでしょうか。
キャスト自体は出来が良いと思いますので、どちらもオススメです。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

P_20201026_012029
2020年9月に発売された、トミカリミテッドヴィンテージNEOより、日産グロリア バン V20Eデラックス パトロールカー(兵庫県警)をご紹介します。
P_20201026_012119
1983年から1999年まで販売されていたのが、7代目グロリア”Y30型”です。
セダンは、1991年に8代目に移行しましたが、ワゴンとバンは7代目が継続販売されたため、長期間販売されています。
今でも根強い人気があり、専門のショップがあるほどです。P_20201026_012159
Y30グロリアバンのパトカーは、今回モデル化された兵庫県警や福岡県で導入されました。
特に兵庫県警は、複数台導入しており、警光灯がブーメランタイプの車両も存在します。
また、セドリックバンの仕様もあるようです。
少なくとも数年前までは、現役で使用されていたようなので、まだ見れるのかもしれません。
P_20201026_012222
P_20201026_012250
Y30セドリック/グロリアのワゴン/バンは、これまでトミーテックから1/35プラモデルと1/150カーコレ
で販売されていました。今回、満を持してトミカリミテッドヴィンテージでも販売されました。
Y30ワゴンは、トミカリミテッドヴィンテージのキーパーソンである小林氏(黒幕さん)の愛車でもあるため、非常に気合の入った仕上がりとなっています。
窓枠やドアノブは、細かいところまで彩色されています。
ホイールは、抜けていないものの、造形は悪くないと思います。
警光灯は、横長のものが採用されています。Y30ワゴンには、ブーメランタイプよりこちらのほうが似合っていると思います。パトランプ部は、クリアパーツです。
P_20201026_012314
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。シルバーのラインも印刷されており、手の混んだ仕上がりです。
グリルも実車のメッキパーツ部を、シルバーのラインで丁寧に仕上げています。
バンパーのモールも、印刷で再現しており、クオリティは非常に高いと思います。
P_20201026_012327
リア
フロントの彩色も細かったですが、リアもその印象は変わりません。
テールランプは、クリアパーツを使用しており、赤/オレンジ/クリアの3色構成です。更に、シルバーの縁取りもされています。
クリアパーツを使用すると、ピンが目立つことが多いのですが、このモデルはフロントもリアも目立ちません。
リアウィンドウも端は、黒で彩色されています。
日産等のエンブレムは印刷で再現しており、肉眼では見えないほどの字の細かさです。
P_20201026_012342_001
写真だけ見れば、1/43スケールかと思う程の出来だと思います。
なお、実車はフェンダーミラー仕様ですが、今回のモデルはミラー無しとなっています。
P_20201026_012402
裏側
マフラーのみ、彩色されています。
足回りも細かいところまで、作り込まれています。
P_20201026_012100
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。