pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカ いすゞ エルフ 60周年記念
P_20201010_150538
本日は、2019年11月に発売されたトミカのエルフ 60周年記念をご紹介します。
P_20201010_150602
1959年8月26日にデビューした小型トラックが、いすゞエルフです。
小型トラックの中では、常に高いシェアをキープしており、町中でもよく見かける車両です。
現行のモデルは、2006年にフルモデルチェンジが行われた6代目です。
2014年にはマイナーチェンジが行われ、フロントグリルの形状が変更されました。
P_20201010_150612
また、2018年には新エンジンとなる4JZ1を搭載するとともに、小型トラック初となるステレオカメラをを使った、自動ブレーキシステムが搭載されました。
見た目は、2006年デビュー時から劇的には変わっていませんが、中身は常にブラッシュアップされています。
P_20201010_150624
P_20201010_150634
このトミカは、エルフ誕生60周年を記念し、販売されました。
いすゞの工場近くにある、いすゞのミュージアム内で販売されました。販売数が数百個だったため、数日で完売となっています。
荷台には、60周年を記念したロゴが印刷されています。
パネルは、青と白のツートンとなっています。恐らく、パネル自体は白で造型され、その上から青で塗装し、境がキレイにならないため、境の部分のみ白で塗装していると思います。
ただ、最後の白が薄いのか、青色が透けてしまっているのが、惜しいです。
P_20201010_150645
フロント
一見、従来の金型と同じように見えますが、新金型です。
2014年にマイナーチェンジされた際、変更されたフロントグリルをモデル化しており、従来の格子状から、縦のラインが斜めになっています。
フロントグリルの開口部は、黒で彩色されているのがいいですね。
いすゞや、エルフのロゴも印刷されています。

P_20201010_150654
リア
彩色等は無く、シンプルな仕上がりです。
P_20201010_150933
内装も新金型となっています。
画像中央部に見える、自動ブレーキ用のステレオカメラも再現されています。
P_20201010_151006
裏側
裏板は、従来と共通のものを使用しています。
P_20201010_151031
60周年を記念した、紙が入っています。
裏側は、4代目以降が掲載されていました。
P_20201010_150549
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカ 日産スカイラインレーシング(R34)
P_20201010_142550
本日は、2001年10月に発売されたトミカの日産スカイラインレーシング(R34)をご紹介します。
P_20201010_142636
モデルのベースとなったのは、2000年の全日本GT選手権(JGTC)に参戦した#3  ユニシア・ザナヴィスカイラインです。
ハセミモータースポーツからの参戦となっており、ドライバーは長谷見昌弘と田中哲也でした。
シーズン最上位は5位、シリーズランキングは16位と、イマイチ振るわない結果でシーズンを終えています。
P_20201010_142648~2
JGTCに参戦したGT-Rは、1999年からR34にマシンをスイッチしています。
エンジンは、2.8L直6ツインターボのRB26を搭載していました。
現在のSUPER GTは、市販車と全く別物のボディを採用していますが、この頃のマシンはベースとなる市販車の面影が、やや残ったマシンとなっています。
P_20201010_142701
P_20201010_142720
今回は、トミーがスポンサーとなっていた#3をモデル化しています。
また、通常品発売後、特注品でさまざまJGTCのマシンが発売されています。
ベースとなるカラーリングは、印刷されていますが、各種スポンサー類はシールによる再現です。
車高はやや高めで、タイヤハウスも小さいため、全体的に実車よりごっつく見えます。
ボンネットダクトは、造型より再現されています。
P_20201010_142733
フロント
ヘットライトは、黒で塗装されています。これは実車同様です。
ボンネットの部分のみスポンサーロゴが印刷されています。

P_20201010_142742
リア
テールランプは彩色されていますが、他はシールによる再現なので、貼らないと味気ない感じになります。
リアウィングは、ボディと一体構造です。ですので、本来はGTウィングのようにトランクから柱が2本立って支えるのですが、こちらはボディサイドで支えています。
P_20201010_142801
裏側
スケールは、1/60です。
P_20201010_142832
付属のシールは2枚構成です。
P_20201010_142605
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカ No.109 スズキ スイフトスポーツ
P_20201010_151804
本日は、2018年7月に発売されたトミカのスイフトスポーツをご紹介します。
P_20201010_151829
実車は、2017年にフルモデルチェンジが行われ4代目となったモデルです。
スイフトをベースに、専用エンジンの搭載や、足回りの変更、ボディ剛性アップ等を行い、走りを追求したモデルがスイフトスポーツです。
今回から、スイフトシリーズとしては初の3ナンバーサイズとなりました。
車重は1tを切っており、自動ブレーキ等重くなってしまう装備を積みながら、非常に軽量なモデルに仕上がっています。

P_20201010_151837
エンジンは、エスクードに積まれている1.4Lターボエンジンです。
エスクードのエンジンに対し、主にターボの制御を見直したのに加え、ハイオク仕様にしたことで、最高出力・最大トルク共に向上させています。
価格は、200万円程と非常にお買い得感のある、価格設定となっています。
P_20201010_151846

P_20201010_151925
トミカで、スイフトスポーツが商品化されるのは2代目に続き2回目です。
ボディカラーは、チャンピオンイエロー4をイメージしたカラーです。
スイフトスポーツといえば、このカラーですね。
黄色は、プラモデルでもそうですが塗装が難しく、トミカでも厚めに塗られている印象です。
ボディの造型はいいと思います。
ただ、ホイールが小さいので、実車のようなどっしり感が無いのが惜しいです。スポーツモデルですから、ワイドタイヤを履かせて欲しかったですね。
P_20201010_151859
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
フロントグリル内には、スズキのエンブレムが印刷されています。
攻撃的なフロントマスクは、よく再現されていると思います。
P_20201010_151911
リア
テールランプは、赤で彩色されています。また、エンブレム類もしっかり再現されています。
実車もそうですが、リアから見ると先代と見間違えそうですね。
P_20201010_151935
後部ドアの開閉機構付きです。
P_20201010_151946
裏側
スケールは、1/60です。
P_20201010_151817
パッケージ
P_20201010_152548
初回特別仕様も発売されました。
ボディカラーは、赤(バーニングレッドパールメタリック)となっています。

通常品は、今月で廃盤予定です。
まだ未入手の方は、無くなる前に是非入手してみて下さい。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカ 大阪府警察職員互助会特注 トヨタ クラウン パトロールカー
P_20200928_234513
本日は、大阪府警察職員互助会特注トミカのクラウン パトロールカーをご紹介します。
P_20200929_000651
大阪府警察職員互助会特注トミカといえば、以前ご紹介した今年発売のレガシィB4があります。
今回のクラウンは、2016年に発売された第1弾モデルです。
販売方法は、レガシィと同様、大阪府警察本部内のようですので、関係者以外購入できない厄介な1台です。
P_20200929_000424
モデルのベースは、”200系”クラウンです。
2011年頃から配備が始まった、200系クラウンですが、未だ町中で見かけることも多いと思います。
現行の220系クラウンのパトカーは中々登場しませんが、そろそろデビューするのでしょうか。
現行クラウンはエンジンが、ガソリンは2.0Lしか無いため、ハイブリッドモデルになるのか非常に興味深いです。
P_20200929_000716
P_20200929_000726
トミカで200系パトカーと言えば、通常品No.110のクラウンパトカーです。
ただ、そちらはスケールが1/69と小さく、所謂”縮みトミカ”と呼ばれているものです。
それに対し、今回のモデルは、No.32クラウンをベースとしているため、スケールは1/63ですしドア開閉も出来ます。
本来であれば、これがNo.110のパトカーとして出てきても良かったわけですが・・・。
縮みではない200系パトカーを出してきたという点で、評価出来る1台だと思います。
P_20200929_000658
フロント
ヘッドライトは、シルバーでされています。
フロントグリルは、金型の造型でクラウンのエンブレムがあるため、その上から旭日章を印刷しています。
前面警光灯もグリル内に印刷されています。
P_20200929_000706
リア
テールランプは、クリアパーツを使用しています。
トヨタとクラウンのエンブレムは、印刷で再現しています。実車だとクラウンのエンブレムは、後付けしない限り付いていませんね。
マフラー部は、シルバーで彩色されており、リアのアクセントとなっています。
P_20200929_000757
左右ドア開閉機構付きです。
P_20200928_234547
レガシィにもついていましたが、クラウンにも大阪府警のシンボルマスコット”フーくん・ケイちゃん”のシールが付属しています。
イラストは、レガシィとは別物です。
P_20200928_234523
P_20200928_234533
パッケージ
発売元は、大阪府警職員互助会です。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカ カルソニック IMPUL GT-R(トイザらス オリジナル)
P_20201010_145633
本日は、2015年1月に発売されたトイザらス オリジナルトミカ カルソニック IMPUL GT-Rをご紹介します。
P_20201010_145704
2014年から始まったレーシングカーシリーズですが、SUPER GT GT500に参戦している、カルソニック IMPUL GT-Rが商品化されました。
SUPER GTを代表する、この青いマシンは毎年参戦しており、人気のあるチームですね。スポンサーの位置から、おそらく2012年モデルをモデル化していると思われます。
P_20201010_145717
2012年のドライバーは、現在#23NISMOをドライブする松田次生とGT300クラスに参戦するジョアオ・パオロ・デ・オリベイラです。
シリーズ第6戦富士で優勝しており、シリーズランキングは4位という成績でした。
P_20201010_145726
P_20201010_145734
モデルのベースは、以前ご紹介したGT-R レーシングカーです。
年式が異なるマシンのため、エアロ関係は実車とは異なります。
ベースのカラーリング及び、カルソニックのロゴは印刷されていますが、他は後述の通りシール仕上げです。
実車のホイールが黒なので、トミカもホイールメッキはありません。
P_20201010_145743
フロント
フロントグリルや、ヘッドライトは彩色されています。
また、ボンネットにはカルソニックやカーナンバーのロゴが印刷されています。
P_20201010_145753
リア
テールランプは彩色されています。
GT-Rレーシングカーは、サイドのダクト部が黒で彩色されていましたが、今回は省略されています。
P_20201010_145815
裏側
スケールは1/64です。
P_20201010_145827
スポンサーやハチマキ等は、シール貼り付けです。
シールは小さいものが数多くあり、貼り付けるのが大変そうです。
P_20201010_145651
パッケージ
パッケージの写真は、シールを全て貼り付けた完成状態です。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカプレミアム 30 レクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージ
P_20201004_231217
本日は、2018年7月に発売されたトミカプレミアムのレクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージをご紹介します。
P_20201004_231248
LFAは、2010年から2012年にかけ生産され、500台限定で販売されました。
この内、約50台はサーキット走行を主眼においた”ニュルブルクリンクパッケージ”です。
通常のLFAをベースに、カーボン製のフロントスポイラーやカナード、角度調整式リアウイングを装備しているのが、外観の特徴です。
P_20201004_231259
エンジンは、LFA専用に開発された、ヤマハ製4.8L V10になります。
その排気サウンドは素晴らしいもので、1度聞いたら忘れられません。エンジンがかかるときの、音も独特ですね。
もともと560馬力という出力でしたが、制御の見直しにより10馬力アップされ570馬力となっています。
また、トランスミッションのシフト時間も0.2秒から0.15秒へ短縮されています。
その他、専用セッティングのサスペンションや、専用のアルミホイールを履いています。
これらの改良の結果、ドイツニュルブルクリンクのタイムは、7分14秒64という速さを記録しました。
P_20201004_231312
P_20201004_231319
トミカでのLFA商品化は、2度目です。
以前は、トミカリミテッドで販売されていましたが、こちらは別金型で作られました。
ボディカラーは、オレンジです。
専用のアルミホイールは、抜けていないものの形状はいいと思います。
P_20201004_231335
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。接着剤で付けているのか、ややくすんだ感じです。
バンパーの開口部や、カナードも彩色されています。
ボンネット前部が黒で彩色されていないため、余力がある方は、塗ってみると実車に近くなるとお思います。
P_20201004_231346
リア
テールランプもクリアパーツを使用しています。
リアウィングは、樹脂製の別パーツです。
LFAのデザインの特徴である、3本のマフラーは、シルバーで彩色されています。
メッシュグリルもしっかり造形されていますし、全体的な作りはいいと思います。
P_20201004_231412
内装
P_20201004_231402
左右ドアの開閉機構付きです。
P_20201004_231437
裏側
スケールは、1/62です。
P_20201004_231234
パッケージ


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカプレミアム 25 キャデラック エルドラド ビアリッツ
P_20201004_225936
本日は、2018年1月に発売が開始されたトミカプレミアムのキャデラック エルドラド ビアリッツをご紹介します。
P_20201004_230007
数あるキャデラックの中でも、その特徴ある外観が印象的な1台が1959年式のエルドラドです。
ビアリッツとは、コンバーチブルモデルにつけられていたサブネームになります。
全長は5,703mm、全幅は2,038mmとアメ車らしい非常に大きなボディです。
フロントグリルが、バンパーと一体のクロムメッキ品となっているのも斬新なデザインです。
P_20201004_230028
エンジンは、6.3L V8となっています。
キャデラックの中でも、高級モデルでだったため、エアサスやパワステ、電動パワーシート等、1959年では珍しかった装備が採用されています。
リア周りは、この車最大の特徴である、ロケットを思わせる大型テールフィンが付いています。
当時のアメリカらしい、非常に華やかなデザインとなっています。
P_20201004_230044
実車は、それほど名の知れたものではありませんし、町中で見かけることも殆どないため、トミカプレミアムの人気もイマイチな感じはしています。
私自身、手に取るまではあまり期待していませんでしたが、今ではお気に入りの1台です。
その大きなボディは、トミカのサイズになっても存在感があります。
P_20201004_230057
フロント
実車同様、フロントグリルはバンパーと一体のものになっています。
ヘッドライトはシルバーで彩色されており、この独特なデザインを上手く落としこんでいると思います。
P_20201004_230114
リア
ロケットのようなテールランプは、赤の彩色がされています。
P_20201004_230135
大型テールフィンは、ボディとは別パーツです。
樹脂製なので、ややボディ色と異なります。
内装は、シート部が白、ダッシュボードが黒となっており、色が使い分けされています。
P_20201004_230153
裏側
スケールは、1/75ですが、実車が大きいので小ささは感じません。
P_20201004_225950
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカプレミアム 33 ランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラ
P_20201004_230652
本日は、2020年1月に発売されたランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラをご紹介します。
P_20201004_230459
ガヤルドの実車は、2003年に発売されました。
そのガヤルドに、2007年軽量モデルの”スーパーレジェーラ”が追加されました。
軽量化のため、ドアミラーやドアパネルがカーボンファイバー化されている他、シートもカーボンとなっています。
そのおかげで、100kg軽量化され、乾燥重量は1330kgとなっています。
P_20201004_230506
エンジンは、5.0L V10です。
出力は電子制御を見直しにより、ベース比10馬力アップの530馬力となっています。
また、0-100km/h加速は、ノーマルより0.2秒速い3.8秒です。
P_20201004_230515
P_20201004_230614
トミカからガヤルドが発売されるのは、今回が初です。
ガヤルド自体は既に生産終了となっており、実車の人気もそれほどないため、この時期での商品化にはやや”?”が付きますが・・。
このスケールでは、トミカプレミアムの他、京商やホットウィールからも出ています。
ボディカラーは、”VERDE ITHACA”と呼ばれるグリーンです。
全体的なプロモーションはよく、車高も低く抑えられています。
ボディサイドのストライプも印刷されていますが、後ろ側は実車よりやや短めです。
P_20201004_230523
フロント
ヘッドライトはクリアパーツです。
分解していないのでわかりませんが、ヘッドライト裏側の形状に溝が掘ってあるように見えます。これは、なかなか凝っていますね。
バンパー部のメッシュ形状も、しっかり再現されています。
ランボルギーニのロゴも印刷されていますが、ややサイズは大きめです。
P_20201004_230554
リア
テールランプは、フロント同様クリアパーツです。
写真では分かりづらいですが、クリアパーツ裏側もしくは、ボディ側にくの字型の線が入っているようみえます。このモデル、ライトパーツに結構拘っていますね。
リアスポイラーは、樹脂パーツですが、柔らかい素材なのでどうしても曲がりが生じてしまいます。
P_20201004_230630
エンジンルームも、そこそこ再現されています。
シルバーの彩色が入っているのがいいですね。
P_20201004_230855
裏側
スケールは、1/62です。

P_20201004_230705
パッケージ

P_20201004_230744
今回のモデルは、発売記念仕様が同時発売されました。
P_20201004_230827
P_20201004_230841
発売記念仕様は、鮮やかなオレンジ色です。
P_20201004_230816
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカプレミアム01 トミカ スカイライン ターボ シルエット
P_20201004_225547
本日は、2019年に登場したトミカプレミアムのスカイラインターボ スーパーシルエットをご紹介します。
P_20201004_225626
スカイラインターボ スーパーシルエットの実車については、以前ご紹介したトミカの記事をご参照下さい。
トミカで発売されていたモデルは、ヘッドライト間をグリルで繋いだモデル(前期型)でしたが、今回のモデルはR30後期型で採用された"鉄仮面"顔となっています。
P_20201004_225635
スカイラインシルエットは、トミカの他、トミカリミテッドヴィンテージでも販売されました。
そちらは作りも良く、1/64スケールの中では決定版だと思いますが、現在は廃盤となっています。
P_20201004_225644
P_20201004_225656
以前、ご紹介したトミカと比べると、全体的な作りは格段にレベルアップしています。
トミカとは異なり、車高がギリギリまで落とされています。レーシングカーのモデルカーにとって車高は重要なので、かなりいいのではないでしょうか。
また、特徴的なホイールカバーも、しっかり再現されています。
各種スポンサーやロゴも一部抜けはありますが、印刷されています。窓枠がシルバーで彩色されている点もグッドです。
P_20201004_225707
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
特徴的な、フロントバンパーの顎の部分も、もちろん再現しています。
ロゴやカーナンバーは、すべて印刷です。
P_20201004_225719
リア
テールランプは、クリアパーツです。
各種ロゴは、印刷されています。テールランプ上の文字は、肉眼では読めないほどの小ささです。
リアウィングは、ボディとは別パーツになっています。プラパーツなので、色味が若干異なる事や、組付けの影響でやや傾いている事はありますが、価格を考えれば許容範囲です。
P_20201004_225746
シートは、実車同様オレンジとなっています。
P_20201004_225815
裏側
マフラーは、シルバーで彩色されています。
スケールは、1/67です。トミカが1/68でしたので、一回り大きくなっています。
P_20201004_225606
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカプレミアム ホンダ S2000 タイプS(タカラトミーモールオリジナル)
P_20201004_225205
本日は、2017年1月にタカラトミーモールで販売された、S2000 タイプSをご紹介します。
P_20201004_225239
2007年にS2000の追加グレードとして、追加されたのが”タイプS”です。
ひと目で目につくのが、大型のリアスポイラーです。
フロントバンパーも専用品となっています。
また、空力改善のため、各タイヤの前に整流板が装着されています。
P_20201004_225247
足回りは専用品/専用セッティングとなっています。
インテリアは、黒/黄のツートーンシートやアルミ製シフトノブを採用し、差別化が図られました。
エンジンは、通常のS2000と同様ですので、外観と足回りが主な変更点になります。
P_20201004_225300
P_20201004_225308
通常品は、No.17で販売されており(現在は廃盤)、ボディカラーはグレーでした。
モールオリジナル品は、販売期間が短かったためか、現在は高値で取引されています。
こちらのボディカラーは、タイプS専用色のアペックスブルー・パールをイメージしたものです。
タイプSといえばこのカラーのイメージでしたので、商品化はうれしかったです。
造形はよく、特に不満はありません。ホイールは抜けていませんが、形状はいいと思います。
内装は、シフトノブの部分がシルバーで塗られている点がグッドです。
P_20201004_225320
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
特徴的なフロントバンパーも、しっかり再現されています。
P_20201004_225329
リア
テールランプや各種エンブレム類は、印刷で再現しています。
大型のリアスポイラーも、装備されています。トミカなので、ウィングが分厚いのは仕方がないですね。
マフラーは、シルバーで彩色されており、中空の部分は黒で彩色することで再現しています。
ワンポイントの黒があるだけで、ぐっと良くなりますね。
P_20201004_225350
裏側
スケールは、1/58です。
P_20201004_225228
パッケージ


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村