pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカリミテッドヴィンテージNEO LV-N187c 三菱ランサーRSエボリューションV
P_20200606_173656
本日は、2020年3月発売のトミカリミテッドヴィンテージNEO ランサーRSエボリューションⅤをご紹介します。
P_20200606_173723
ベースとなるランエボⅤは、1998年にデビューしています。
ランエボⅣまでは、5ナンバーサイズでしたが、エボⅤよりトレッド拡大により3ナンバー化されました。
特にフロントバンパーはエボ4に比べると、攻撃的になっています。
エボⅤというと、今はなき”ベストモータリング”で中谷さんが操るRSが、筑波サーキットの最終コーナーをゼロカウンターで走っていたのが、非常に印象的です。
P_20200606_173735
ランエボの中でも”RS”は、競技用ベース車として販売されていました。
そのため、吸音材を減らした軽量化や、ホイールは変える前提で鉄チンホイールとなっています。
また、フロントやリアにクロスバーの取り付け、タワーバーの取り付け、クイックなギアレシオのステアリングが装備されています。また、オプションでスーパークロスギアが選べました。
車重は、ベースのGSRが1360kgに対し、RSは1260kgと100kg軽量化されています。
エンジンは、2.0L直4ターボ(4G63型)で、当時の自主馬力規制名一杯の280馬力です。
P_20200606_173747
P_20200606_173835
では、モデルを見ていきましょう。
TLVでは、GSRが2019年8月に販売されており、それをベースとしています。
エボリューションⅤのロゴや、サイドウインカー、ドアハンドルの無塗装等、しっかり再現されています。
タイヤがやや引っ込み気味なのも実車同様ですね。
P_20200606_173755
鉄チンホイールは、しっかり再現されています。
センターキャップが黒塗装するだけで、雰囲気が良くなりそうです。
1/64スケールなので、仕方がないところですが奥行きがもう少しあると良かったと思います。
P_20200606_173809
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
大きなフロントバンパーもしっかり再現されています。
サイドミラーは、実車同様ブラックですね。
P_20200606_173819
リア
テールランプはクリアパーツです。
三菱のロゴや、ランサー等のロゴも文字が小さいながら、しっかり入っています。
大型のリアウィングもよく出来ています。
マフラーは、穴の部分も再現されており、非常に良いですね。
P_20200606_173930
シートもしっかり塗装されています。
P_20200606_174022
裏側
マフラーのみシルバーに塗装されています。
P_20200606_173712
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
売れ筋は、GSRでしょうが”RS”を出してくるのはさすがTLVだと思います。
GSRの出来もよかったので、それをベースとしたRSも雰囲気がいいですね。
ぜひ、気になる方は手にとって見て下さい。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ AEON No.50 スバル WRX STI Type S 日本警察仕様
P_20200523_162427
本日は、2020年5月発売のイオン限定トミカ スバル WRX STI Type S 日本警察仕様をご紹介します。
P_20200523_162441
2011年8月から始まったチューニングカーシリーズ コレクションですが、ついに第50弾を迎えました。
2019年から、チューニングカーというよりは、世界のパトカーのようなラインナップになりつつありますが、第50弾ということでついに警視庁仕様が出てきました。P_20200523_162454
ベースは、昨年惜しまれつつ生産終了となったWRX STI(VAB型)です。
1988年から生産されていたEJ20型エンジンを最後まで搭載し、WRX STI及びEJ20型エンジンとしてのファイナルモデル”EJ20 Final Edition”が発売されたことでも話題になりました。
それにしてもスバルは、WRX STIは生産終了し、BRZも生産終了の噂がありますし(次期型は開発しているようですが)、WRX S4はワングレードと、スポーツモデルがどんどん減っている状況です。
車好きがイメージしているスバルとは、どんどんかけ離れていく印象がありますが、今後どうなってしまうのでしょうか。
P_20200523_162504
WRX STIのパトカーは、2代目中期モデルは埼玉県警等で導入されていましたが、3代目、4代目は白黒パトカーとしては導入されませんでした。
WRX S4の覆面パトカーは、複数の県警で導入され、最近では埼玉県警でWRブルーパールの個体が導入され話題になりましたね。
よって、今回のモデルは架空車ということになりますが、白黒塗装は結構似合っていると思います。
サイドは、POLICEの表記がなくスッキリした感じです。
ただ、”警視庁”の文字は、全体的に前過ぎる感じがします。
フロントドアに1文字、リアドアに2文字ぐらいのほうがバランス良く見えると思います。
P_20200523_162515
フロント
白黒塗装の塗り分けは、違和感な位置となっており、好印象です。
ボンネットダクトの入り口が黒で彩色されているのもいいと思います。
フロントグリル内には、通常のトミカであればスバルのエンブレムが彩色されている位置に、旭日章が彩色されています。
前面警光灯が無い点と、散光式警光灯が薄型なのが惜しい点ですね。
P_20200523_162525
リア
スバルやSTI等のエンブレムの彩色は通常品通りです。
リアウィングは別パーツとなっているため、若干ボディ色と色が異なります。
P_20200523_162540
通常品と同様、ボンネット開閉が出来ます。
エンジンルームの彩色は流石に無いですが、ボンネットが開くだけでも楽しいです。
最近のトミカは、ボンネットどころかドアすら開けられないものも多いですが、ぜひボンネット開閉機構の付いたものをどんどん増やしてほしいです。P_20200523_162552
裏側
スケールは1/62です。
製造年月も記載されています。
P_20200523_162607
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
警視庁仕様ということだけあって、売れ行きは好調のように見えました。
次回作は、これを書いている時点では、まだ発表となっていませんがどんな展開になるのでしょうか。
イオン限定トミカは好きなものが多いので、楽しみにしています。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ No.16 いすゞ ガーラ ジェイアールバス東北
P_20200530_172831
本日ご紹介するのは、2012年5月発売のいすゞ ガーラ ジェイアールバス東北をご紹介します。
P_20200530_172852

実車は、2011年に導入された”はやぶさカラーバス”になります。
2011年3月JR東日本に導入された新幹線”はやぶさ”をモチーフとしたカラーです。
当初は、6台のみの導入でしたが、その後台数が増え運用されているようです。
東京でも見ることが出来たようですが、残念ながら私は見たことがありません。
P_20200530_172857
カラーは新幹線と同様、グリーンとシルバーのボディにピンクのラインが入っています。
個人的に、はやぶさのカラーは結構気に入っていますが、バスにもよく落とし込めていると思います。
P_20200530_172908
では、トミカをみていきましょう。
これが発売された頃は、所謂”縮みトミカ”が一番進んでいた頃で、あのアベンシスの翌月に発売されています。
2006年にはいすゞガーラの兄弟車となる、日野セレガが出ていますがそれと比べてスケールが小さくなっています。
造形は悪くないと思いますし、彩色もきれいです。
P_20200530_172919
フロント
ヘッドライトやミリ波レーダー照射装置(ヘッドライト間にある黒い部分)、シルバーのライン等彩色はいいです。
フロントから見ると縮み感が無く、良くできているように見えます。
P_20200530_172926
リア
カラーの塗り分けはしっかりされており、いいと思います。
テールライトは少し塗装が厚めのため、特徴的な丸目のライトが造形はされているものの、埋まりかけています。
P_20200530_172936
裏側
スケールは1/171です。
2006年に発売が開始されたNo.101日野セレガが、1/156であったことから、ややスケールが小さくなっています。
P_20200530_172837
パッケージ
P_20200530_173125
P_20200530_173130
今回のトミカは、初回特別カラーが設定されていました。
カラーはお馴染みのJR東北バスのカラーです。
こちらも塗り分けはしっかりされており、彩色はいいですね。白と青の塗り分け境も、真っ直ぐで好印象です。
P_20200530_173147
パッケージ
P_20200530_173218
いかがでしたでしょうか。
彩色は頑張っており、これで縮みでなければ、もっと印象が良かっただけに、残念です。
現在は、大型バスは通常品に2台ラインナップされてますが、いずれも今回の金型ではなく、スケール1/156のものになっており、バスに関しては縮みトミカはなくなっています。
元に戻したということは、やはり不評だったんですね。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

アピタ ピアゴオリジナル<世界の国旗トミカ> フェアレディ Z アメリカ国旗タイプ
P_20200606_175712
本日は、2020年5月発売のアピタ オリジナル フェアレディ Z アメリカ国旗タイプをご紹介します。
P_20200606_175744
2013年5月にアピタ限定トミカとして始まった”世界の国旗シリーズ”は、第42弾まで続き2020年2月で”一旦”終了となりました。
その時点では、次回作のアナウンスは無かったため、いろいろな憶測や希望が飛び交いましたが、蓋を開ければまさかの、車種を変え”世界の国旗シリーズ”の継続でした。
P_20200606_175758
ベースとなったのは、トヨタ2000GTに変わり、日産フェアレディZ Z432です。
Z432の実車については、トミカプレミアムのフェアレディZでご紹介していますので、興味のある方はご覧下さい。
トミカでは、1970年に登場したZ432ですが、トミカ40周年となる2010年に新金型となり、今回も新金型が用いられています。
P_20200606_175809
P_20200606_175818
2000GTの時もシリーズ第1段はアメリカ国旗でしたが、リニューアル第一弾となる今回もアメリカです。
2000GTの時は、ボディ全体で国旗を表現していましたが、フェアレディZでは、上面から見た時に国旗全体が見えるように変更されています。
また、サイドのドア部にはその国旗をイメージしたロゴが印刷されています。
P_20200606_175830
フロント
ヘッドライトは塗装されていません。
国旗のタンポ印刷は、きれいでズレもありません。
P_20200606_175842
リア
テールランプが彩色されているのはいいですね。
ボディは、フロントから続く赤白のラインがリアまで続いています。
リアから見ると、赤白のラインが”ウォーリーをさがせ”の服みたいに見えてきました。
P_20200606_175934
ドア開閉機構つきです。
P_20200606_175907
裏側
Z432は裏側もダイキャストで出来ているため、樹脂のものに比べずっしり感があります。
P_20200606_175730
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
第1弾とだけあって、いつも発売1週間たっても売れ残っていた店舗でも、今回のモデルは売り切れていたため、人気はありそうです。
現時点では、アピタのオンラインでも売り切れです。
さて、世界の国旗トミカは、7月に次回作がでます。車種はZ432で変わらず、イギリス国旗です。
昨日より、オンラインで予約を開始しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。
しかし、このシリーズいつまで続くのでしょうか。
昔のようにパトカーシリーズ等にしたほうが、売れると思うのですが・・・。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカイベントモデル★★★No.17 ベントレー コンチネンタルGT
P_20200530_173341
本日は、トミカイベントモデル ベントレー コンチネンタルGTを紹介します。
P_20200530_173355
2011年5月開催のトミカ博 in OSAKAで新たに発売されたイベントモデル7台の内1台が、今回ご紹介するベントレーです。
通常品は、2010年1月にNo.115から登場しています。
当時社長であった、富山幹太郎氏の愛車がコンチネンタルGTであったため、販売されたとの話がありますが、どうなんでしょうか。
バリエーションは、通常品、イベントモデル、トミカリミテッドのみと、展開は少ないモデルでした。
P_20200530_173404
実車は、2003年に登場しています。
当時、フォルクスワーゲンはW型エンジンを積極的に採用しており、コンチネンタルGTにも6.0L W12気筒エンジンが搭載されています。
その後、2010年には2代目、2017年には3代目にモデルチェンジしています。
トミカでは、初代のみモデル化され、以降ベントレーはモデル化されていません。
現行型の3代目は、MINI GTより販売されていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。
P_20200530_173411
では、モデルをみていきましょう。
通常品は、シルバーにノーマルホイールでしたが、イベントモデルは眩いオレンジにワイドホイールとかなり派手な仕上がりです。
車高は若干高めですね。もう少し低いと、もっとかっこよかったと思います。
P_20200530_173418
フロント
彩色は、ヘッドライト、グリル、ベントレーのロゴと、通常品と同様です。
ボディ色がオレンジとなったことで、ヘッドライトやグリルが目立つようになり、なかなかいい仕上がりだと思います。
P_20200530_173432
リア
テールライトとベントレーのみの彩色ですが、こちらも通常品と同様です。
P_20200530_173423
イベントモデルのロゴは、ボンネット左側に小さく入っています。
文字は筆記体で、シルバーの文字なので目立たないのがいいですね。
P_20200530_173439
裏側
スケールは、1/61です。
タイヤは、ややハミタイ気味ですが、それがいいですね。
P_20200530_173348
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
通常品は、おとなしい仕上がりでしたが、今回のモデルはワイドホイールとなりかなり、かっこいい仕上がりになっていると思います。
アクション機構は有りませんが、造形はいいので気になる方は、手にとってみて下さい。
そういえば、MINI GTのコンチネンタルGTシークインブルーを入手し忘れていました。どこかでゲットしたいと思っています。
オレンジは、近々出る予定ですので、こちらは忘れず入手したいところです。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

1/64三菱デリカD5 コレクション(トイズキャビン)
P_20200606_172902
本日ご紹介するのは、トイズキャビン製三菱デリカD5です。
P_20200606_172922
トイズキャビン社は、カプセル玩具の企画・製造・販売等を行っている会社で、2017年設立の比較的新しい会社です。
今までは、サニトラや、スズキ エブリィをモデル化しており、デリカはその最新作となります。
5月末より、販売が開始されたそうですが、暫く出会うことが出来ず、先週末ようやく見つけることが出来ました。
人気商品の様で、私が回した時は残り数個の状態でした。
P_20200606_172933
今回は、カラバリ/ホイール違いで全6種の構成です。
<ノーマルホイール>
・ディプシーグリーン(ツートン)
・ウォームホワイトパール
・スターリングシルバー(ツートン)
<カスタムホイール>
・ウォームホワイトシルバー(ツートン)
・ブラックマイカ(ツートン)
・プラチナベージュメタリック
今回私が引き当てたのは、ウォームホワイトシルバーです。
価格は、1回400円と、ガチャガチャの中では高価格帯のものになります。
P_20200606_172958
では、モデルをみていきましょう。
ボディは、樹脂で出来ており、金属パーツは左右を繋ぐシャフトのみです。
樹脂製ということを活かし、全体的にシャープな造りとなっています。
塗装のズレはややありますが、窓枠は塗装されています。
また、ホイールは抜けており、しっかり回転もします。
リアガラスがスモーク風になっているのもいいですね。
P_20200606_173029
フロント
今回引き当てたものはツートンカラーなので、下半分がシルバー、上半分がホワイトになっています。
若干塗装が飛んでしまっているところがありますが、塗り分けはしっかり出来ています。
ヘッドライトはクリアパーツ、グリル部もしっかり作られています。
P_20200606_173041
リア
リアは、この部分だけボディ色とやや色が異なるように見えるため、リアハッチ全体がクリアパーツになっているのではないでしょうか。
三菱やDELICAは、しっかり入っておりいいと思います。
ボディ左側の穴は、リアラダー取り付け用のものです。
P_20200606_173312
P_20200606_173326
こちらがリアラダーを付けた状態です。
説明書には、ユーザーの好みで取り付けてくださいと記載されていましたが、ボディの穴が目立つので付けておいたほうが見た目はいいですね。
リアラダーは、穴に差し込み固定するものですが、私の購入した個体は、若干穴が大きくリアラダーが直ぐに落ちてしまいました。
ちゃんと固定するのであれば、接着剤で取り付けたほうが良さそうです。
やはり、デリカにはリアラダーが似合いますね。
P_20200606_173115
裏側
ホイールの後ろにはマッドガードも装着されており、赤色の彩色も入っています。
裏側の造形は、かなり細かく出来ています。スペアタイヤまで作られているのは驚きです。
マフラーは、テールの部分だけ彩色されています。

いかがでしたでしょうか。
若干塗装にズレや、飛んでしまっているところがありますが、ガチャガチャということを考えれば、許容範囲だと思います。
造形はいいので、レタッチをするだけでかなり良くなりそうな印象です。
9月には、スズキ キャリイが出る予定となっています。そちらも楽しみですね。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカリミテッドヴィンテージNEO LV-N201b スバル レガシィ ツーリングワゴン GT
P_20200530_143428
本日は、2020年5月発売の、トミカリミテッドヴィンテージNEO スバル レガシィツーリングワゴンをご紹介します。
P_20200530_143448
レガシィは、レオーネの後継車種として開発され、1989年にデビューしました。
当時、スバルは経営危機に陥っており、まさに社運をかけて開発され、結果的にスバルを救った車になります。
セダンが”BC型”、ツーリングワゴンが”BF型”です。
TLVで商品化された”GT”は、レガシィ登場数カ月後、追加モデルとして販売が開始されています。
P_20200606_172513
エンジンは、お馴染みのEJ20です。
セダンに設定されていた”RS”グレードに搭載していた220馬力のエンジンをカムのプロファイル変更及び、ターボのタービン変更により200馬力にデチューンしたエンジンが、GTに搭載されているものです。
BF型レガシィは、大きく分けて前期型と後期型があり、今回モデル化されたものは、後期型です。
1991年に発売が開始された後期型は、外観ではフロントまわりのデザインを一新、ドアハンドルがボディ色同色になっている等が変更点です。
後期型のGTは、1度ディッシュタイプのホイールに変更したのですが、1992年のマイナーチェンジで元に戻されています。
今回モデル化されたものは、6スポークタイプホイールを履いていることから、最終型をモデル化したようです。
P_20200530_143501
では、モデルをみていきましょう。
デザインの特徴として、細いピラーと広いグラスエリアがあげられますが、よく再現できていると思います。
6スポークホイールもいいですね。ルーフレールは抜けていないものの、装備されています。
ウィンドウ下の部分のメッキ類も彩色で再現されています。
今回のモデルは、ミラーは元々付いた状態です。購入者が取り付けだと、中々つけるのが難しいので、元々ついていると非常に助かります。
気になるのは、リアの車高でしょうか。私の購入した個体だけかもしれませんが、リアの車高が高すぎるような気がします。
P_20200606_172459
フロント
後期型のフロントフェイスがよく再現されています。
TLVでありがちな、ライトのピンは、このモデルでは見当たらず、印象がいいですね。
ターボモデルなので、ボンネットダクト付きです。
P_20200606_172528
リア
後期型では、ガーニッシュの部分の文字がSUBARUからLEGACYに変更されていますが、TLVでもそのとおりになっています。
肉眼では読めないような。ロゴも彩色で再現されておりいいと思います。
マフラーは、2本出しとなっており、処理も丁寧です。
P_20200530_143527
裏側
マフラーのみ、彩色されています。
P_20200530_143438
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
リアの車高を除けば、かなりいい出来だと思います。
何より、BF型レガシィを1/64で出していただけたことが嬉しいですね。
BC型(セダン)レガシィは、既にTLVで商品化されています。
BC型は、2007年にRS、2013年にRS(黒)、2016年にGTが出ています。
残念ながらその頃私は、TLVはコレクションしていなかったので、所有はしていませんが、機会がれば入手したいと思っています。
今回ご紹介したのは、ブラックですが、同時発売でカタログテーマ色だったダークレッドも発売されています。
TLVでは、他のグレードも展開するようなので、今から楽しみにしておきたいと思います。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村