pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカ No.109 トヨタ クラウンアスリート
P_20200530_172409
本日ご紹介するのは、2003年1月発売のトヨタ クラウンアスリートです。
P_20200530_172506
クラウンアスリートの実車について簡単にご紹介します。
クラウンシリーズの中で”アスリート”が初めて登場したのは、1983年発売の7代目です。1984年に特別仕様車として発売されました。
1987年発売の8代目でも、モデル途中に同じく特別仕様車としてアスリートは発売されています。
その後、9代目、10代目ではアスリートはラインナップ入していませんでしたが、11代目クラウンで復活しました。その後、販売の中心がロイヤルシリーズからアスリートシリーズ中心となり、現行モデルではロイヤル/アスリートの名前の無くなりました。
P_20200530_172522
アスリートは、エンジン違いで3形態用意されていました。
アスリートは、2.5L自然吸気エンジンの1JZ-G、アスリートGは3.0L自然吸気エンジンの2JZ、アスリートVは2.5Lターボの1JZ-GTです。
2001年にマイナーチェンジが行われ、テールランプが丸形3連タイプに変更されています。
個人的に、後期型のテールランプは気に入っており、いつかは乗りたいなぁと思っています。
いつの間にか、20年近く前の車になってましたが・・・。
P_20200530_172530P_20200530_172534
では、トミカをみていきましょう。
11代目(170系)クラウンは、トミカとしては2002年No.92クラウンハイブリッドが発売されています。
アスリートの方が後発なため、ベースの金型は、No.92と共通でパーツの追加・変更及び、彩色の変更でアスリートを再現しています。
”パーツの追加”の1つが、ルーフに付いているサンルーフバイザーです。
サンルーフ自体は、彩色により再現しています。
サンルーフバイザーは、実車では最近ほとんど見なくなりましたね。そもそもサンルーフをオプション設定する車も減ってきましたが。
ホイールは、ワイドホイールです。少しボディに対してはみ出し気味ですが、それがかっこいいですね!最近は、ハミタイのトミカは見なくなりました。なかなかかっこよく好きだったのですが。
P_20200530_172542
フロント
No.92のハイブリッドはヘッドライトがメッキパーツでした。
アスリートではクリアパーツとなり、さらに丸目2灯の印刷まで入っています。
ただ単にクリアパーツにするのと、クリアパーツに彩色が入るのとでは雰囲気がことなるので、これはいいですね。
グリルは、ブラック塗装となっており、クラウンのエンブレムとアスリートの文字が入っています。
P_20200530_172548
リア
もう一つの”追加パーツ”トランクスポイラーです。
実車では、オプションパーツとして設定されていました。
若干、スポイラー自体が高すぎる気はしますが、雰囲気重視ということではいいのではないでしょうか。やはり、スポイラーがあるとかっこよく見えます。
彩色は、トヨタ、クラウン、アスリートのエンブレム及び、テールランプの塗り分けです。
特徴的な3連丸形テールランプは再現されていませんが、赤のベタ塗りではなく、2色塗り分けとなっているのがいいですね。

P_20200530_172710
左右ドア開閉ができます。
この角度から見ると、本当にかっこいいですね。

P_20200530_172724
裏側
シャシ自体は、No.92のクラウンと共通となっており、番号も92のままです。
スケールは、1/62です。
P_20200530_172419
パッケージ
パッケージのイラストでもサンルーフバイザーと、トランクスポイラーが装着されていますね。

いかがでしたでしょうか。
今の時代での十分通用するような素晴らしい出来だと思います。
残念ながら既に生産は終了していますが、ネットオークション等では出品があります(やや高めですが)ので、ぜひ機会があれば手にとってみて下さい。
個人的には、結構おすすめの1台です。
ところで、現行クラウンはトミカ化されないのでしょうか。需要はあると思うのですが・・・。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカNo.55 日産フェアレディZ
P_20200510_144556
本日は、2001年発売のNo.55 フェアレディZをご紹介します。
P_20200510_144609
先代のZ32型は、2000年11月に生産終了となっており、約2年のブランクを経て2002年7月に復活したのがZ33型です。
プラットフォームやエンジン等、開発コストがかかる部分はV35スカイラインと共有しています。
開発を取りまとめたのは、後にR35 GT-Rの開発責任者となった水野和敏さんです。
P_20200510_144621
エンジンは、デビュー当初V6 3.5LエンジンVQ35DE型(280馬力)を搭載していました。
2005年のマイナーチェンジで最高出力が294馬力にアップしました(この頃はMT車のみの設定)。
更に2007年のマイナーチェンジでは、VQ35HR型(313馬力)に変更されています。エンジン変更に伴い、ボンネットフードに盛り上がりが追加されています。
モデル末期には、VQ35HR型エンジンのストロークを伸ばし3.8Lに排気量アップした”バージョンNISMO Type 380RS”が300台限定で販売されています。
Z33型は2008年に生産終了となり、Z34型にモデルチェンジしています。
Z34型はデビューしてもう近くになるんですね。後継モデルも、遠くない将来発表されそうですので楽しみに待ちたいと思います。
P_20200510_144714
P_20200510_144839
では、トミカをみていきましょう。
Z33型の実車発売は、上記の通り2002年ですが、トミカでは発売約半年前に通常品としてラインナップされました。実車より先にトミカがデビューする珍しいパターンです。
サイドのプロポーションはいいと思います。
ドア前にあるZのエンブレムは、丸い造形はあるものの、エンブレムの彩色はありません。
P_20200510_144647
フロント
ヘッドライトはメッキパーツとなっています。
日産のエンブレムやグリル部も彩色されており、いいと思います。
P_20200510_144701
リア
テールランプやバックランプの他に、日産のエンブレムも彩色されています。
ナンバー部には、フェアレディZのロゴが入っています。
Y34グロリアにもナンバーに車名のロゴが入っていましたが、ナンバーに車名のロゴを入れるのは個人的には結構気に入っています。
P_20200510_144811
左右のドア開閉が可能です。
内装は、この当時のトミカのスタンダードでシンプルなつくりです。
P_20200510_144922
裏側
スケールは1/58です。
P_20200510_144525
パッケージ
スーパースピードの表記が懐かしいですね。


P_20200510_144853
トミカのZ33型は今まで紹介してきた初期販売品から、途中でボディカラーが変更となっています。
初期モデルは、どちらかというとソリッド塗装のような色でしたが、途中で上記写真の通りメタリック風の塗装に変更となっています。
P_20200510_144907
リア
彩色は、初期モデルと同様です。
P_20200510_145004
P_20200510_145025
初期モデル(左)とボディ色変更後(右)比べてみました。
並べてみると色の違いは明らかです。
実車に近い色は、ボディ色変更後ですので、いい改良だったと思います。
それにしても、なぜ初期モデルはこのような色だったのでしょうか。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ tomicaネッツ兵庫86BS トヨタ 86(86/BRZ Race参戦車両)
P_20200510_150805
昨日ご紹介した86繋がりで、本日も86をご紹介します。
本日ご紹介するのは、tomicaネッツ兵庫86BS トヨタ 86です。
昨年の東京モーターショーで先行発売され、その後タカラトミーモールやトミカショップでも販売されました。
P_20200510_150921
トミカの紹介をする前に、この車が参戦している86/BRZ Raceについて簡単にご紹介します。
86/BRZ Raceは2013年から開催されています。
Super GT等に参戦しているプロドライバーが参戦できる”プロフェッショナルシリーズ”と、アマチュアドライバーのみ参加可能な”クラブマンシリーズ”で構成されています。
昨シーズンは、1レース辺り平均89台が参戦しており、ワンメイクレースとしてはかなりの規模です。
P_20200510_150934
今回、モデル化されたのはディーラー系チームであるネッツ兵庫レーシングチームの参戦車両です。
ご覧の通り”tomica"のロゴが入っており、タカラトミーがスポンサーであるため商品化されています。
タカラトミーがスポンサーとなったのは、2016年からでその年より毎年トミカ化され販売されています。2017年は2台体制だったため、2019年の車両は5台目の商品化となります。
今シーズンも参戦する予定で、既に体制発表も行っていますが、コロナウイルスの影響により現時点ではまだレースが開催されていない状況です。
今年のマシンのカラーリングも既に出ておりますので、気になる方はネッツ兵庫レーシングチームのサイトをご確認下さい。
今年は、トミカ50周年のロゴが入っており、カラーリングは金/黒/赤でなかなかかっこいいですね。
P_20200510_150946
P_20200510_150954
ではトミカをみていきましょう。
今回のモデルは、過去参戦車両と同様オールタンポ印刷となっています。
税込み880円の商品ですが、これだけタンポ印刷が入っているとお買い得な感じがしますね。
ボディ色は実車の通りでいいと思います。
このマシンのドライバーは、2018年Super GT GT300クラスチャンピオンの蒲生選手です。
昨年は、このマシンで第4戦オートポリスで優勝を成し遂げています!
しっかりルーフにドライバーの名前と国旗が印刷されているのがいいですね。
ドアの下には、本来であればスポンサーロゴが入っていますが、今回は省略されています。
実車のホイールは赤なので、トミカではホイール銀メッキ部が赤メッキになっています。
P_20200510_151006
フロント
ボディ色はシルバーとブラックで構成されています。
塗り分けもしっかり行われており、いいと思います。
バンパー下のブルーのアクセントがかっこいいですね。
バンパーにはブリジストンのロゴが本来入りますが、こちらも省略されています。

P_20200510_151016
リア
通常品と同様、テールランプが彩色されています。
86/BRZ Raceのロゴや、ゼッケン等も彩色されており非常にいいと思います。
これでナンバーもタンポ印刷が入っていれば文句なしですが、価格を考えれば十分だと思います。
P_20200510_151035
裏側
スケールは1/60です。
P_20200510_150819

パッケージ
実車に合わせ、シルバーベースに青いラインが入っています。

いかがでしたでしょうか。
タカラトミーがスポンサーとだけあって、彩色が細かく入っておりお買い得な1台だと思います。
トミカの彩色技術の底力を感じさせる1台ですね。
一部スポンサーロゴは省略されていますが、版権の問題があるので仕方がないところだと思います。
恐らく2020年シーズンのモデルも(レースが開催されれば)出てくるでしょうから、今から楽しみに待ちたいと思います。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ トヨタ86 カスタマイズタイプ(トイザらス限定)
P_20200510_145213
本日は、前回に続き2020年3月発売のトイザらスオリジナルのトヨタ86をご紹介します。
P_20200510_145248
実車の86は、2012年に発売され、2016年7月に大きなマイナーチェンジが行われています。
今回モデルのベースとなっているのは、2016年にマイナーチェンジされた後期型の方です。
P_20200510_145302
このモデルのベースを知るため、改めて86のオプションカタログを、見てみたところ目次の次のページに掲載されていました。
いつもTRDのエアロ等はよく見ていたのですが、このページは軽く見て記憶にも残っていなかったようです・・。
P_20200510_145313
P_20200510_145328
では、トミカをみていきましょう。
今回モデル化されたものは、以下のオプションが装備された仕様です。
・ストライプテープ(タイプ1)・・22,000円
・ストライプテープ(タイプ2)・・29,700円
・フードストライプ・・57,200円
・Aピラーストライプ・・8,800円
上記価格に工賃がプラスでかかるため、実車の場合、なかなかお金がかかる仕様です。
実車は、どれ程存在するのでしょうか。私は見たことが無いです・・。

サイドには、ストライプテープが貼り付けられていますが、トミカでは印刷で再現しています。
印刷はきれいで、概ねいいのではないでしょうか。
”概ね”と書いたのは、タイプ2(ボディ下側)ストライプのリアタイア前側の部分が、若干短い点がことなるためです。
実車の写真と見比べなければ、気になることはないと思います。
P_20200510_145341
フロント
通常品No.86もボディ色が白なので、違いはボンネットとAピラーが黒い点です。
Aピラーは、細い部分に彩色しているため、位置が少しずれるとボディ色の白い部分の幅が狭かったり広かったりします。
私の購入した個体も左右で若干位置が異なるため、正面から見ると少しイマイチです。
Aピラーガーニッシュは、なかったほうがカッコよかったのでは、と思います。
P_20200510_145359
リア
通常品のトミカは、GT “limited”に装着されるリアスポイラーがついていましたが、このモデルはオプションカタログ通り、リアスポイラーは装着されていません。
トミカのリアスポイラーは、やや分厚かったのでレス仕様のほうがスッキリしていて好みです。
テールランプ類の彩色は、通常品通りです。
P_20200510_145421
裏側
スケールは1/60です。
P_20200510_145236
パッケージ
トミカ50周年記念仕様のパッケージです。

いかがでしたでしょうか。
細かい点は気なるところがありましたが、サイドのストライプ等は細かく出来ており、全体的にはいいと思います。
これを書いている時点では、トイザらス公式オンラインでも購入可ですので、気になる方はチェックしてみて下さい。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ 日産 リーフ 東京オートサロン2018デザイン仕様(トイザらスオリジナル)
P_20200530_143215
本日は、5月30日発売となったトイザらスオリジナル 日産リーフをご紹介します。
P_20200530_143239
当初の発売日は、5月16日でしたが、事情により1週間延期となり30日発売となりました。
世の中このような状態ですので、仕方がないですね。
ただ、延期となった週にワイスピ トミカ2台が発売となったため、そちらに話題が集中しこちらはあまり話題になってないような気がします。

P_20200530_143246
この記事を書くため、2018年オートサロンに写真を探したのですが、なぜか2018年の写真フォルダだけ見つかりませんでした。ですので、実車の写真はありません。すみません。
タイトルが”オートサロン2018デザイン仕様”となっており、何とも微妙な言い回しですが、2018年出展車両に今回モデル化されたものと、一致するものはありません。
2018年のオートサロンには、”リーフ グランドツーリングコンセプト”というものが出展されていますが、ボディカラーが白ではなく、マットシルバーとなっています。
ボディカラーが異なるため、”デザイン仕様”という言い回しになったと推測します。
もしかしたら、技術的にマットシルバーを再現するのが難しいのかもしれませんが。GRスープラの”マットストームグレーメタリック”を再現した色も艶有りだったので。
P_20200530_143256
P_20200530_143302
では、トミカをみていきましょう。
通常品のNo.93リーフと同様、ルーフ部とボディ色が異なるツートンカラーを採用しています。
ルーフはブラックです。
P_20200530_143310
フロント
通常品は、フロントグリル相当部が青くなっていますが、今回のモデルはブラックです。
青いのも個人的には気に入っていましたが、ブラックになると引き締まって見えます。
グランドツーリングコンセプトは、Vモーショングリルがブラック塗装でしたが、今回はシルバーになっています。
P_20200530_143319
リア
通常品と同様、彩色はテールライト、日産/LEAF/ZERO EMISSIONのロゴが入っています。
P_20200530_143326
テールゲート開閉も出来ます。
P_20200530_143335
裏側
スケールは1/63です。
通常品のトミカ以外にも生産日刻印が入りましたね。
P_20200530_143227
パッケージ
今回も50周年記念パッケージです。

いかがでしたでしょうか。
通常品とは、雰囲気の異なったリーフですが、引き締まった感じになってなかなかいいと思います。
グランドツーリングコンセプトは、オーバーフェンダーにしてホイールも大径にしていました。
トミカもハミタイになりますが、ワイドホイールを履かせたほうがカッコよかったのではとも思います。
さて、トイザらス限定トミカはここ最近”カスタマイズタイプ”が続きましたが、今回はオートサロン仕様ということで、今後の展開はどうなるでしょうか。
このままオートサロン仕様を出していけば、結構人気出ると思うのですが。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ スバル レガシィ(非売品)
P_20200510_143651
本日ご紹介するのは、前回に引き続きスバルレガシィ(BP型)です。
P_20200510_143739
前回は、実車紹介を行わなかったため、簡単に紹介します。
4代目レガシィとして、2003年5月に発売されたのがBP型ツーリングワゴンです。
3代目までは、5ナンバーサイズでしたがこの代より3ナンバー化されています。
また、スバル車として最後のサッシュレスドア車になります。

P_20200510_143810
搭載していたエンジンは、種類が豊富で2.0LのEJ20自然吸気(レギュラー仕様/ハイオク仕様)、EJ20ターボ、途中で追加された2.5LのEJ25、同じく途中で追加された3.0L 6気筒のEZ30があります。
3代目までは、排気管が不等長だったため、独特のドロドロとしたサウンドが聞けましたが、このモデルから等長エキゾーストマニホールドを採用したため、スッキリした音に変わりました。
私は、あのサウンドが好きだったので、当時すごく寂しい思いをしていました。今でも3代目レガシィは欲しい1台です。
BP型も結構好みでして、2.0GT Spec.Bもしくは、3.0R 6MTを所有してみたいとは思っています。
P_20200510_143821
さて、トミカをみていきましょう。
今回ご紹介するのは、ディーラーの販促品として配布されていた非売品です。
これが配布された当時、私は中学生でしたが当然自力では貰えるはずがなかったので、親同伴でスバルのディーラーに行ったものの、時間が遅く結局カタログだけ貰って帰ってきた苦い記憶があります。
(そのお店では、貰える条件が試乗だったと記憶しています。)
最近、インターネットオークションで状態がいいのを落とし、17年越しで入手することが出来ました。
ボディカラーは、ブリリアントシルバー・メタリックを再現しているのではないかと思います。現車もこの色はよく見ましたね。
P_20200510_143838
フロント
エアロパーツが付いてなく、ターボモデルですのでグレードは2,0GTを再現していると思います。
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
彩色は、通常品と同様ですね。
今回モデルは、トミカにしては珍しく、かなり小振りなもののミラーが付いています。
販促品と配られただけあって、全体出来な出来はいいと思います。
P_20200510_143849
リア
通常品では、バックランプやLEGACYのロゴが彩色されていましたが、今回のものはボディカラーのままです。
ボディカラーがシルバーなので、そこまで目立ちはしませんが・・。
P_20200510_143902
上面より
通常品では、ルーフレールが彩色されていますが、このモデルはボディ色のままです。
ルーフにはサンルーフが付いています。
これは嬉しいですね。
実車でサンルーフ付きは、見る機会が少なかったですが・・。
P_20200510_143916
裏側
今回のモデルは、なんと日本製です(通常品は中国製)。
また、通常品は2003年10月に発売されていますが、これは5月に配布されているため先行という形になります。
そのためなのか、今回のモデルには”No”が入っていません。(通常品は印刷で記載)
P_20200510_143714
パッケージ
通常のトミカとは異なる専用のパッケージです。
写真はありませんが、裏側には非売品と記載されています。

いかがでしたでしょうか。
販促品だけあって、出来の良い1台だと思います。
日本製という点も所有欲を満たしてくれますね。
まだ、インターネットオークション等には時々出品されていますので、機会があれば手にとってみて下さい。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ スバル レガシィ(第37回東京モーターショー開催記念)
P_20200510_143322
本日ご紹介するのは、2003年開催の東京モーターショー開催記念トミカよりスバル レガシィです。

P_20200510_143347
第37回東京モーターショーとはいつ開催だったかを調べたところ、2003年でした。
今から17年前になります。
一体どんな車が展示されていたのか、これを書くために改めて調べてみました。
トヨタ・・・燃料電池車両のFine-Nや、後に12代目CROWNとして発売されるCROWN CONCEPT
日産・・・FUGAやC-NOTE(後にTIDAとして発売)
Honda・・次期NSXか?と噂されたHSCや燃料電池自動車のKIWAMI
三菱・・iやコルトカブリオレを思わせたCZ2 Cabriolet
マツダ・・次期ロードスターか?と思われた息吹(いぶき)
スバル・・オープン2シーターのB9 SCRAMBLER
スズキ・・次期スイフトとなるCONCEPT-S2や、次期ジムニーかと思われたLANDBREEZE
ダイハツ・・バキー風のD-BONEや、発売が期待されたコペン SARD SPECIAL
車名だけ見ても中々思い出せないものもありましたが、写真を見たら思い出せました。
もう17年前に公開されたかと思うと、衝撃です。

P_20200510_143407
2003年は、乗用車と商用車が別開催の年でしたので、トミカも乗用車メーカーのみ9台発売されました。
ラインナップは、トヨタ ウィルサイファ、日産 フェアレディZ(Z33)、ホンダ NSX-R、マツダ RX-8、三菱 ランサーエボリューションVII GT-A、スズキ ワゴンR、ダイハツ コペン、光岡 ラ・セード、そして今回ご紹介するレガシィです。
全体的には、スポーツカー多めのラインナップですね。
P_20200510_143533
P_20200510_143522
では、トミカをみていきましょう。
通常品のNo.11レガシィは、2003年10月に発売されましたので、モーターショー限定トミカは通常品発売直後に出たことになります。
ボディカラーは水色ですが、BPレガシィには水色は設定されていない(やや近い色はありますが)ので、架空色になると思います。
フロントドア左右には、東京モーターショーの文字、ルーフ後部にはモーターショーのロゴが印刷されています。

P_20200510_143430
フロント
ヘッドライトは通常品は、メッキですがこれはクリアパーツです。
その他の彩色類は通常品と同様です。
私は、発売当時これを購入していたのですが、一度トレードで手放したため、最近中古品を改めて手に入れました。恐らく前の所有者が、飾っていたためでしょうか、ヘッドライトが少し黄ばんでしまっています・・。
P_20200510_143504
リア
通常品と同様、ランプ類やLEGACYのロゴが入っています。
最近のトミカは、テール側のガラスが塗装になっていますが、この頃はちゃんと抜けていますね。
P_20200510_143544
裏側
通常品と同様”NO.11”の部分のみ印刷されています。
スケールは1/60です。
P_20200510_143335
パッケージ

新品を入手することは出来ませんが、中古品であれば時々出品されていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村