pumiの小さな車館

トミカを中心としたミニカーを紹介したり、サーキットで撮影した写真を載せていきます。

トミカプレミアム 30 レクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージ
P_20201004_231217
本日は、2018年7月に発売されたトミカプレミアムのレクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージをご紹介します。
P_20201004_231248
LFAは、2010年から2012年にかけ生産され、500台限定で販売されました。
この内、約50台はサーキット走行を主眼においた”ニュルブルクリンクパッケージ”です。
通常のLFAをベースに、カーボン製のフロントスポイラーやカナード、角度調整式リアウイングを装備しているのが、外観の特徴です。
P_20201004_231259
エンジンは、LFA専用に開発された、ヤマハ製4.8L V10になります。
その排気サウンドは素晴らしいもので、1度聞いたら忘れられません。エンジンがかかるときの、音も独特ですね。
もともと560馬力という出力でしたが、制御の見直しにより10馬力アップされ570馬力となっています。
また、トランスミッションのシフト時間も0.2秒から0.15秒へ短縮されています。
その他、専用セッティングのサスペンションや、専用のアルミホイールを履いています。
これらの改良の結果、ドイツニュルブルクリンクのタイムは、7分14秒64という速さを記録しました。
P_20201004_231312
P_20201004_231319
トミカでのLFA商品化は、2度目です。
以前は、トミカリミテッドで販売されていましたが、こちらは別金型で作られました。
ボディカラーは、オレンジです。
専用のアルミホイールは、抜けていないものの形状はいいと思います。
P_20201004_231335
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。接着剤で付けているのか、ややくすんだ感じです。
バンパーの開口部や、カナードも彩色されています。
ボンネット前部が黒で彩色されていないため、余力がある方は、塗ってみると実車に近くなるとお思います。
P_20201004_231346
リア
テールランプもクリアパーツを使用しています。
リアウィングは、樹脂製の別パーツです。
LFAのデザインの特徴である、3本のマフラーは、シルバーで彩色されています。
メッシュグリルもしっかり造形されていますし、全体的な作りはいいと思います。
P_20201004_231412
内装
P_20201004_231402
左右ドアの開閉機構付きです。
P_20201004_231437
裏側
スケールは、1/62です。
P_20201004_231234
パッケージ


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカプレミアム 25 キャデラック エルドラド ビアリッツ
P_20201004_225936
本日は、2018年1月に発売が開始されたトミカプレミアムのキャデラック エルドラド ビアリッツをご紹介します。
P_20201004_230007
数あるキャデラックの中でも、その特徴ある外観が印象的な1台が1959年式のエルドラドです。
ビアリッツとは、コンバーチブルモデルにつけられていたサブネームになります。
全長は5,703mm、全幅は2,038mmとアメ車らしい非常に大きなボディです。
フロントグリルが、バンパーと一体のクロムメッキ品となっているのも斬新なデザインです。
P_20201004_230028
エンジンは、6.3L V8となっています。
キャデラックの中でも、高級モデルでだったため、エアサスやパワステ、電動パワーシート等、1959年では珍しかった装備が採用されています。
リア周りは、この車最大の特徴である、ロケットを思わせる大型テールフィンが付いています。
当時のアメリカらしい、非常に華やかなデザインとなっています。
P_20201004_230044
実車は、それほど名の知れたものではありませんし、町中で見かけることも殆どないため、トミカプレミアムの人気もイマイチな感じはしています。
私自身、手に取るまではあまり期待していませんでしたが、今ではお気に入りの1台です。
その大きなボディは、トミカのサイズになっても存在感があります。
P_20201004_230057
フロント
実車同様、フロントグリルはバンパーと一体のものになっています。
ヘッドライトはシルバーで彩色されており、この独特なデザインを上手く落としこんでいると思います。
P_20201004_230114
リア
ロケットのようなテールランプは、赤の彩色がされています。
P_20201004_230135
大型テールフィンは、ボディとは別パーツです。
樹脂製なので、ややボディ色と異なります。
内装は、シート部が白、ダッシュボードが黒となっており、色が使い分けされています。
P_20201004_230153
裏側
スケールは、1/75ですが、実車が大きいので小ささは感じません。
P_20201004_225950
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。

トミカプレミアム 33 ランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラ
P_20201004_230652
本日は、2020年1月に発売されたランボルギーニ ガヤルド スーパーレジェーラをご紹介します。
P_20201004_230459
ガヤルドの実車は、2003年に発売されました。
そのガヤルドに、2007年軽量モデルの”スーパーレジェーラ”が追加されました。
軽量化のため、ドアミラーやドアパネルがカーボンファイバー化されている他、シートもカーボンとなっています。
そのおかげで、100kg軽量化され、乾燥重量は1330kgとなっています。
P_20201004_230506
エンジンは、5.0L V10です。
出力は電子制御を見直しにより、ベース比10馬力アップの530馬力となっています。
また、0-100km/h加速は、ノーマルより0.2秒速い3.8秒です。
P_20201004_230515
P_20201004_230614
トミカからガヤルドが発売されるのは、今回が初です。
ガヤルド自体は既に生産終了となっており、実車の人気もそれほどないため、この時期での商品化にはやや”?”が付きますが・・。
このスケールでは、トミカプレミアムの他、京商やホットウィールからも出ています。
ボディカラーは、”VERDE ITHACA”と呼ばれるグリーンです。
全体的なプロモーションはよく、車高も低く抑えられています。
ボディサイドのストライプも印刷されていますが、後ろ側は実車よりやや短めです。
P_20201004_230523
フロント
ヘッドライトはクリアパーツです。
分解していないのでわかりませんが、ヘッドライト裏側の形状に溝が掘ってあるように見えます。これは、なかなか凝っていますね。
バンパー部のメッシュ形状も、しっかり再現されています。
ランボルギーニのロゴも印刷されていますが、ややサイズは大きめです。
P_20201004_230554
リア
テールランプは、フロント同様クリアパーツです。
写真では分かりづらいですが、クリアパーツ裏側もしくは、ボディ側にくの字型の線が入っているようみえます。このモデル、ライトパーツに結構拘っていますね。
リアスポイラーは、樹脂パーツですが、柔らかい素材なのでどうしても曲がりが生じてしまいます。
P_20201004_230630
エンジンルームも、そこそこ再現されています。
シルバーの彩色が入っているのがいいですね。
P_20201004_230855
裏側
スケールは、1/62です。

P_20201004_230705
パッケージ

P_20201004_230744
今回のモデルは、発売記念仕様が同時発売されました。
P_20201004_230827
P_20201004_230841
発売記念仕様は、鮮やかなオレンジ色です。
P_20201004_230816
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカプレミアム01 トミカ スカイライン ターボ シルエット
P_20201004_225547
本日は、2019年に登場したトミカプレミアムのスカイラインターボ スーパーシルエットをご紹介します。
P_20201004_225626
スカイラインターボ スーパーシルエットの実車については、以前ご紹介したトミカの記事をご参照下さい。
トミカで発売されていたモデルは、ヘッドライト間をグリルで繋いだモデル(前期型)でしたが、今回のモデルはR30後期型で採用された"鉄仮面"顔となっています。
P_20201004_225635
スカイラインシルエットは、トミカの他、トミカリミテッドヴィンテージでも販売されました。
そちらは作りも良く、1/64スケールの中では決定版だと思いますが、現在は廃盤となっています。
P_20201004_225644
P_20201004_225656
以前、ご紹介したトミカと比べると、全体的な作りは格段にレベルアップしています。
トミカとは異なり、車高がギリギリまで落とされています。レーシングカーのモデルカーにとって車高は重要なので、かなりいいのではないでしょうか。
また、特徴的なホイールカバーも、しっかり再現されています。
各種スポンサーやロゴも一部抜けはありますが、印刷されています。窓枠がシルバーで彩色されている点もグッドです。
P_20201004_225707
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
特徴的な、フロントバンパーの顎の部分も、もちろん再現しています。
ロゴやカーナンバーは、すべて印刷です。
P_20201004_225719
リア
テールランプは、クリアパーツです。
各種ロゴは、印刷されています。テールランプ上の文字は、肉眼では読めないほどの小ささです。
リアウィングは、ボディとは別パーツになっています。プラパーツなので、色味が若干異なる事や、組付けの影響でやや傾いている事はありますが、価格を考えれば許容範囲です。
P_20201004_225746
シートは、実車同様オレンジとなっています。
P_20201004_225815
裏側
マフラーは、シルバーで彩色されています。
スケールは、1/67です。トミカが1/68でしたので、一回り大きくなっています。
P_20201004_225606
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカプレミアム ホンダ S2000 タイプS(タカラトミーモールオリジナル)
P_20201004_225205
本日は、2017年1月にタカラトミーモールで販売された、S2000 タイプSをご紹介します。
P_20201004_225239
2007年にS2000の追加グレードとして、追加されたのが”タイプS”です。
ひと目で目につくのが、大型のリアスポイラーです。
フロントバンパーも専用品となっています。
また、空力改善のため、各タイヤの前に整流板が装着されています。
P_20201004_225247
足回りは専用品/専用セッティングとなっています。
インテリアは、黒/黄のツートーンシートやアルミ製シフトノブを採用し、差別化が図られました。
エンジンは、通常のS2000と同様ですので、外観と足回りが主な変更点になります。
P_20201004_225300
P_20201004_225308
通常品は、No.17で販売されており(現在は廃盤)、ボディカラーはグレーでした。
モールオリジナル品は、販売期間が短かったためか、現在は高値で取引されています。
こちらのボディカラーは、タイプS専用色のアペックスブルー・パールをイメージしたものです。
タイプSといえばこのカラーのイメージでしたので、商品化はうれしかったです。
造形はよく、特に不満はありません。ホイールは抜けていませんが、形状はいいと思います。
内装は、シフトノブの部分がシルバーで塗られている点がグッドです。
P_20201004_225320
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
特徴的なフロントバンパーも、しっかり再現されています。
P_20201004_225329
リア
テールランプや各種エンブレム類は、印刷で再現しています。
大型のリアスポイラーも、装備されています。トミカなので、ウィングが分厚いのは仕方がないですね。
マフラーは、シルバーで彩色されており、中空の部分は黒で彩色することで再現しています。
ワンポイントの黒があるだけで、ぐっと良くなりますね。
P_20201004_225350
裏側
スケールは、1/58です。
P_20201004_225228
パッケージ


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

MINI GT 日産 スカイラインGT-R R32 Nismo S-Tune
P_20201004_224735
本日は、2020年9月末に販売されたMINI GTのスカイラインGT-R Nismo S-Tuneをご紹介します。
P_20201004_233505
R32 GT-Rをベースに、S-TuneサスペンションキットやS1エンジンを搭載したデモカーが、今回のモデルのベースです。
ボディカラーやストライプは、以前ご紹介したトミカのR34 GT-R Z-tuneに通じるものとなっています。
P_20201004_224835
MINIGTでは、全日本ツーリングカー選手権のR32 GT-Rが既に発売されていましたが、今回ようやく市販モデルが発売されました。
今後、S-Tuneの白も発売予定となっています。
P_20201004_224854
P_20201004_224915
MINI GTらしく、全体的な作りは中々いいと思います。
サイドのストライプや、フェンダー後部の各種ロゴ等、しっかり印刷されています。
ホイールがしっかり抜けているのもグッドです。
気になるのは、ウインカー~フロントタイヤ前にかけ、フロントフェンダーの造形が直線的になっている点です。全体的な作りはいいだけに、この部分だけ違和感を感じます。
P_20201004_224929
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しており、ウインカーも着色されています。
ヘッドライト及びグリルは、やや縦方向に長く感じ、顔が大きく見えてしまうのですが、皆さんはどう感じますでしょうか。
インタークーラーもしっかり再現されており、nismoのロゴがしっかり入っています。
P_20201004_224955
リア
テールランプは、クリアパーツを使用しています。
各種エンブレム類は印刷で再現しています。
左上のNISSANのエンブレムは、インレットマークを使用しています。ベントレーもそうでしたが、この価格帯でインレットマークを使用してくるとは驚きです。
文字は、肉眼では読めないほどの小ささです。写真で見ると、1/64スケールとは思えないほど、質感が高いですね。
P_20201004_225016
リアウィンドウは、熱線を再現しています。
大森ファクトリーのロゴも入っているのが、素晴らしいですね。
P_20201004_225041
裏側
P_20201004_224759
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ホットウィール 日産 スカイラインGT-R BNR33(ワイスピプレミアムアソート クイックシフターズ)
P_20200930_231314
本日は、9月発売のワイスピプレミアムアソート クイックシフターズより、R33 GT-Rをご紹介します。
P_20200930_231327
ワイルドスピードでは、何度かR33 GT-Rは登場しています。今回のモデルは、第3作 X3 TOKYO DRIFTで登場したものです。乗っていた方は、ヴェレーナ・メイ /とマリ・ジャラミロになります。
ハンが乗るRX-7フォーチュンに、交差点で定常円旋回されるシーンが有名です。
外装は、マフラーとホイールのみ変更されており、少しカスタムされた仕様です。
P_20200930_231341
P_20200930_231346
R33 GT-Rは、ホットウィールで何度か登場していますので、金型はそれを流用しています。
ボディカラーは、R34 GT-Rでも採用された青とシルバーの組み合わせです。
星のマークが散りばめられていたりと、可愛い系のカラーリングだと思います。
このカラーリングは、印刷でよく再現されていると思います。
ホイールは、リムの部分をメッキ塗装すれば、より良くなりそうです。
P_20200930_231356
フロント
ヘッドライトは印刷、グリルは彩色がしっかりされています。
ホットウィールのR33は、実車のボテッとした感じをよく捕らえられていると思います。
P_20200930_231506
リア
テールランプは、印刷で表現されています。
ナンバーは、日本仕様のナンバーですね。何故か4ナンバーとなっていますが、映画でも同様なので、ミニカーが間違っている訳ではありません。
P_20200930_231527
裏側
P_20201001_235107
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ホットウィール ホンダ NSXタイプR(ワイスピプレミアムアソート クイックシフターズ)
P_20200930_231551
本日は、9月発売のワイスピプレミアムアソート クイックシフターズより、NSXタイプRをご紹介します。
P_20200930_231600
この車が登場したのは、ワイルドスピード第5作、メガマックスです。
映画冒頭、ドミニクが乗る護送車を襲うシーンで、チャージャー、ファイアーバードとともに登場しました。
ドライブしていたのは、ミア・トレットです。
外装は派手なエアロは装着されておらず、シックな感じでかっこいいですね。
P_20200930_231609
P_20200930_231616
今回のワイスピアソの中で、新金型となります。
低く押さえられた車高含め、全体的な造形はいいと思います。
バラしていないのでわかりませんが、恐らくルーフは、ウィンドウと一体となっていると思います。
ルーフの部分はダイキャスト感がありませんが、その分造形はいいですね。
内装は、ワインレッドのような色です。
彩色はありませんが、リアエンジンも造形されています。
実車は、メッキホイールでした。今回のものは無着色なので、メッキホイールにカスタムすると、かっこよさが倍増しそうです。
P_20200930_231628
フロント
ボディカラーが黒なので分かりづらいですが、ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
NSX-Rのミニカーは、様々なメーカーから出ていますが、特にフロント周りの造形がなんか違うと感じる事もあります。今回のモデルは、その違和感が無く、このスケールのNSX-Rでは一番好きかもしれません。
P_20200930_231638
リア
テールランプは、彩色で再現しています。
バックランプ等も塗り分けされており、かなりいいですね。
ナンバーも印刷されているのがグッドです。
P_20200930_231724
裏側
P_20201001_235055

パッケージ
新キャストというだけあって、今回発売された中で一番人気だったと思います。
店頭では購入が難しいと思いますが、これはかなりオススメです。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ホットウィール ホンダ S2000(ワイスピプレミアムアソート クイックシフターズ)
P_20200930_231129
本日は、9月発売のワイスピプレミアムアソート クイックシフターズより、S2000をご紹介します。
P_20200930_231140
ワイルドスピードX2で登場した、スーキーの愛車がS2000です。
そのド派手なピンクのボディカラーが特徴的です。ワイルドスピードを見たことがない方でも、ピンクのS2000は知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外観のエアロは、日本のヴェイルサイド製です。
P_20200930_231149
P_20200930_231302
スーキーのS2000は、2016年のワイルドスピードアソで発売されています。
全体的にグレードアップはしていますが、過去にも発売されているためか、今回のアソートの中では不人気のようです。私が購入した店では、NSXやR33が即売り場から消えたのに対し、これは結構残っていました。
また、トミカのR34 GT-Rのような専用金型ではないため、実車はソフトトップに対し、このモデルはハードトップとなっています。
サイドやルーフの特徴的なイラストは、それっぽく再現できていると思います。
P_20200930_231202
フロント
バンパーのエアロ形状は、ヴェイルサイド製のものとは異なります。
ヘッドライトの印刷は、なかなか手の混んだ感じがしますね。
P_20200930_231211
リア
2016年のものは、テールランプ類が彩色されておらず、かなり寂しいリア周りでした。
今回は、そのあたりしっかり印刷されており、リアの見た目はかなり良くなったと思います。
リアのエアロや、ウィングは実車と異なるので、あくまでスーキー愛車風ですね。
P_20200930_231253
裏側
P_20201001_235117
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

KYOSHO MINI CAR & BOOK スバル インプレッサ22B STIバージョンP_20200930_230212
本日は、先月末に発売された京商のインプレッサ22B STIバージョンをご紹介します。
P_20200930_230240
初代インプレッサに1998年、400台限定で販売されたのが22B-STi Versionです。
1995年~1997年にかけ、WRC3連覇を成し遂げており、そのマシンをロードカーに落とし込んだのが22Bです。
インプレッサのクーペモデルをベースに、片側40mm拡大されたワイドなフェンダーパネルを装着しているのが、外観の最大の特徴です。
エンジンは、低速トルク不足を補うため、排気量が2.2Lに拡大されています。
価格は、500万円とけして安くないものでしたが、わずか2日で完売しています。今では、超プレミア価格となっており、1000万円を超えると言われています。
P_20200930_230256
P_20200930_230328
2020年1月にMINI CAR&BOOK第1弾として、GT-R 50th アニバーサリー、7月に第2弾となるNSXが発売されました。
今回、第3弾として22Bが選ばれました。現行車でない車が選ばれるのは、今回が初となります。
京商が、1/64スケールで22Bを発売するのは、今回が初ではなく2014年にCVSシリーズ第66弾”スバル ミニカーコレクション”で出ています。
今回、その金型をリファインする形で発売されました。
ボディの形状は、さすが京商と言えるもので、特徴的なワイドフェンダーをよく再現しています。
窓枠等の彩色もしっかりされています。
ホイールは、スポーク部が細く出来ており、しっかり抜けている点もいいと思います。
P_20200930_230350
フロント
今回、新たに販売するにあたり、フォグランプのカバーが追加されました。
こちらの方が、カタログ仕様に近いので、いい変更だと思います。
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
私の購入した個体は、フロントグリル内のエンブレム位置がややずれていました。全体の出来は悪くないので、これは少し気になります。
P_20200930_230412
リア
テールランプは、クリアパーツです。ピンは、やや気になります。
テールランプ脇にある22Bのエンブレムは、印刷で再現されています。
大型のリアウィングもしっかり再現されています。最近、このような大型のリアウィングを装着する車が減ってきましたが、個人的にはこのようなウィングは好きです。
マフラーも彩色されており、中が黒で塗られているのがグッドです。

P_20200930_230910
裏側
マフラーは、シルバーで彩色されています。
P_20200930_230135
京商らしく、台座付きです。
P_20200930_225947
パッケージ
冊子付きです。
第4弾は、年末~年明け頃に発売予定のようです。次は、どんな車種が出ているのでしょうか。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村