P_20220330_020628
2022年3月に発売されたトミカ フィアット500eをご紹介します。
P_20220330_020642
2020年4月に発表された新型フィアット500は、1936年登場の初代から数えて5代目のモデルとなります。
今回は、フィアット初の電気自動車モデルとなりました。
一見すると先代500とそう大きくは変わらないデザインですが、新設計のプラットフォームが用いられており、ボディサイズは全長62mm、全幅58mm、全高12mmそれぞれ拡大されています。
インテリアは、EVらしくデジタル化されています。
P_20220330_020653
日本国内では、イタリアでの初公開から2年後となる2022年4月に発表されました。
発売は6月となっていますが、現時点ではリース販売のみとなっています。
価格は450~495万円となっており、併売されるガソリンモデルと比べると、200万円程高い価格設定となっています。
輸入車の中では比較的手の出しやすい価格であったフィアット500ですが、EVと言えど500万円近い価格設定だと購入する人はかなり限られそうですね・・・。
P_20220330_020703
P_20220330_020710
通常品のボディカラーは、薄いピンクとなっています。実車では、ローズゴールドにあたると思います。
コロンとしたボディ形状は、よく再現されています。
実車のボディサイズは、全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mmです。今回のモデルは、スケールが1/59となっているため、実車をそのまま縮小すれば、全長61.5mm×全幅28.6mm×全高25.9mmになります。トミカをノギスで寸法測定してみると、全長61.5mm×全幅28.0mm×全高27.0mmでした。
全長はスケール通り、全幅はやや狭く、全高はやや高めでした。
P_20220330_020720
フロント
ヘッドライトはシルバーで仕上げられています。ライトの外周は白のラインが印刷されておりひと手間かけられています。
ロアグリルは、実車ではかなり細かい模様を採用していますが、トミカでは若干簡略化し表現しています。この部分は実車もボディ同色となっています。
P_20220330_020729
リア
テールランプは、黒をベースにコの字型に赤いラインが入っています。
ボディ色の関係で見づらいですが、フィアットや500eのロゴも印刷されています。
最近のトミカは、リアウィンドウが抜けていないケースが多いですが、今回はしっかり抜けていました。
P_20220330_020738
裏側
スケールは1/59です。
電気自動車なので、かなりフラットな形状ですね。
P_20220330_020847
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:A0522
アクション機構がないため、通常アクション機構が記載される部分に車名のロゴが入っており新鮮な感じがします。
P_20220330_020751
初回特別仕様は、濃紺のボディカラーです。
実車ではオーシャングリーンにあたる色だと思います。
P_20220330_020804
ボディカラーが濃いため、通常品では殆ど見えなかったリアのエンブレムが見やすくなっています。
P_20220330_020919
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:A0522
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村