トミカ 日産 リーフ 東京オートサロン2018デザイン仕様(トイザらスオリジナル)
P_20200530_143215
本日は、5月30日発売となったトイザらスオリジナル 日産リーフをご紹介します。
P_20200530_143239
当初の発売日は、5月16日でしたが、事情により1週間延期となり30日発売となりました。
世の中このような状態ですので、仕方がないですね。
ただ、延期となった週にワイスピ トミカ2台が発売となったため、そちらに話題が集中しこちらはあまり話題になってないような気がします。

P_20200530_143246
この記事を書くため、2018年オートサロンに写真を探したのですが、なぜか2018年の写真フォルダだけ見つかりませんでした。ですので、実車の写真はありません。すみません。
タイトルが”オートサロン2018デザイン仕様”となっており、何とも微妙な言い回しですが、2018年出展車両に今回モデル化されたものと、一致するものはありません。
2018年のオートサロンには、”リーフ グランドツーリングコンセプト”というものが出展されていますが、ボディカラーが白ではなく、マットシルバーとなっています。
ボディカラーが異なるため、”デザイン仕様”という言い回しになったと推測します。
もしかしたら、技術的にマットシルバーを再現するのが難しいのかもしれませんが。GRスープラの”マットストームグレーメタリック”を再現した色も艶有りだったので。
P_20200530_143256
P_20200530_143302
では、トミカをみていきましょう。
通常品のNo.93リーフと同様、ルーフ部とボディ色が異なるツートンカラーを採用しています。
ルーフはブラックです。
P_20200530_143310
フロント
通常品は、フロントグリル相当部が青くなっていますが、今回のモデルはブラックです。
青いのも個人的には気に入っていましたが、ブラックになると引き締まって見えます。
グランドツーリングコンセプトは、Vモーショングリルがブラック塗装でしたが、今回はシルバーになっています。
P_20200530_143319
リア
通常品と同様、彩色はテールライト、日産/LEAF/ZERO EMISSIONのロゴが入っています。
P_20200530_143326
テールゲート開閉も出来ます。
P_20200530_143335
裏側
スケールは1/63です。
通常品のトミカ以外にも生産日刻印が入りましたね。
P_20200530_143227
パッケージ
今回も50周年記念パッケージです。

いかがでしたでしょうか。
通常品とは、雰囲気の異なったリーフですが、引き締まった感じになってなかなかいいと思います。
グランドツーリングコンセプトは、オーバーフェンダーにしてホイールも大径にしていました。
トミカもハミタイになりますが、ワイドホイールを履かせたほうがカッコよかったのではとも思います。
さて、トイザらス限定トミカはここ最近”カスタマイズタイプ”が続きましたが、今回はオートサロン仕様ということで、今後の展開はどうなるでしょうか。
このままオートサロン仕様を出していけば、結構人気出ると思うのですが。



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村