アピタ ピアゴオリジナル<世界の国旗トミカ> フェアレディ Z アメリカ国旗タイプ
P_20200606_175712
本日は、2020年5月発売のアピタ オリジナル フェアレディ Z アメリカ国旗タイプをご紹介します。
P_20200606_175744
2013年5月にアピタ限定トミカとして始まった”世界の国旗シリーズ”は、第42弾まで続き2020年2月で”一旦”終了となりました。
その時点では、次回作のアナウンスは無かったため、いろいろな憶測や希望が飛び交いましたが、蓋を開ければまさかの、車種を変え”世界の国旗シリーズ”の継続でした。
P_20200606_175758
ベースとなったのは、トヨタ2000GTに変わり、日産フェアレディZ Z432です。
Z432の実車については、トミカプレミアムのフェアレディZでご紹介していますので、興味のある方はご覧下さい。
トミカでは、1970年に登場したZ432ですが、トミカ40周年となる2010年に新金型となり、今回も新金型が用いられています。
P_20200606_175809
P_20200606_175818
2000GTの時もシリーズ第1段はアメリカ国旗でしたが、リニューアル第一弾となる今回もアメリカです。
2000GTの時は、ボディ全体で国旗を表現していましたが、フェアレディZでは、上面から見た時に国旗全体が見えるように変更されています。
また、サイドのドア部にはその国旗をイメージしたロゴが印刷されています。
P_20200606_175830
フロント
ヘッドライトは塗装されていません。
国旗のタンポ印刷は、きれいでズレもありません。
P_20200606_175842
リア
テールランプが彩色されているのはいいですね。
ボディは、フロントから続く赤白のラインがリアまで続いています。
リアから見ると、赤白のラインが”ウォーリーをさがせ”の服みたいに見えてきました。
P_20200606_175934
ドア開閉機構つきです。
P_20200606_175907
裏側
Z432は裏側もダイキャストで出来ているため、樹脂のものに比べずっしり感があります。
P_20200606_175730
パッケージ

いかがでしたでしょうか。
第1弾とだけあって、いつも発売1週間たっても売れ残っていた店舗でも、今回のモデルは売り切れていたため、人気はありそうです。
現時点では、アピタのオンラインでも売り切れです。
さて、世界の国旗トミカは、7月に次回作がでます。車種はZ432で変わらず、イギリス国旗です。
昨日より、オンラインで予約を開始しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。
しかし、このシリーズいつまで続くのでしょうか。
昔のようにパトカーシリーズ等にしたほうが、売れると思うのですが・・・。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村