トミカ カルソニック プリメーラ(レーシングカーセット)
P_20200712_120519
4回にわたって紹介してきた、レーシングカーセットですが、いよいよ最後の1台です。
今回は、カルソニック プリメーラをご紹介します。

P_20200712_120532
昨日ご紹介した、UJカストロールプリメーラは、JTCCシリーズ戦終了後のマカオレース参戦仕様がモデルのベースでしたが、こちらはJTCC参戦仕様と思われます。
1994年JTCCシリーズ開幕イヤーに投入したのがP10プリメーラです。
ニスモとしての参戦は2台で、カルソニックもその内の1台です。
ドライバーは、現在SUPER GT GT500 12号車監督の星野一義さんでした。
1994年の結果ですが、3位を3回、最終戦インターTECでは、初優勝を遂げています。
P_20200712_120539
P_20200712_120548
モデルは、カストロールプリメーラ同様、ワイドホイールを装着しています。
JTCCの参戦マシンは、どれも車高が非常に低くかっこよかったのですが、さすがにトミカでは車高は高いままです。
ルーフやサイドは、タンポ印刷となっています。
ドア取付け位置の関係で、CALSONICの文字がずれてしまっているのが残念です。
P_20200712_120559
フロント
ヘッドライトはメッキパーツを使用しています。
ボンネットもタンポ印刷です。
P_20200727_003723
リア
カストロールプリメーラ同様、テールランプは2色に塗り分けがされています。
P_20200712_120632
左右ドアの開閉機構付き。
内装は、助手席シートが付いており、レース仕様にはなっていません。
P_20200712_115848
ほとんどタンポ印刷ですが、ハチマキや、バンパー、リアドアについているスポンサーはシール貼り付けです。

P_20200712_120647
P10プリメーラの2台を並べて。
カルソニックもかっこいいですが、グリーン塗装が美しいカストロールもかっこいいですね。
P_20200712_120856
レーシングカーセット4台のご紹介は以上です。
どれもタンポ印刷が多めで、いい仕上がりだと思います。
4日間に渡りお付き合いいただき、ありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村