トミカ No.106 スズキ ハスラー 消防指令車
P_20200823_231836
早いもので8月ももうすぐ終わろうとしています。
発売から2週間ほど経ってしまいましたが、今月発売のハスラー消防指令車をご紹介します。
P_20200826_000752
以前のリーク情報によると、8月のトミカの新車は本来別の車種が予定されていました。
ところが、昨今の状況により、6月は通常品のトミカ無し、7月も1車種と、2車種販売されないイレギュラーな状態が続いていました。
2車種を出したい為かわかりませんが、本来販売される車種に取って代わり、言わば代打的な存在で発売されたのがハスラー 消防指令車です。
P_20200826_000758
ベースとなる初代ハスラーは、2014年10月から2019年10月まで販売されていました。
直近まで生産されていた車種のため、ベースとしやすかったのでしょうか。
いずれ販売される予定があり、ハスラー自体は直近まで生産されていたため、販売計画の入れ替えがしやすかった可能性もあります。ここは、関係者のみ知る世界ですね。
P_20200829_150110
ハスラーの消防指令車は、私自身見たことがありません。
実在しない架空車なのかと思い調べてみたところ、福井県や福島県に実車が存在することがわかりました。
ただ、全国的に見れるものではないので、レアな車であるとは言えそうです。
今回のモデルは、特定の地域の車種をモデル化したわけではないため、フロントドアに白文字で入る地域名は、”消防本部”に置き換えられています。
P_20200826_000807
フロント
スズキのエンブレムの部分は、実車同様、消防章となっています。
フロントバンパーは、つや消しのブラックです。
実車のバンパーは、福井県の車両は一部分がシルバー、福島県の車両は一部分がボディカラーとなっており、各地域でバラバラのようです。
パトランプは、横長一直線のものを使用しています。
パトカーであれば、真ん中の部分は白やシルバーで塗装されていますが、今回の車両はブラックです。
箱絵では、パトランプは角型で真ん中が黒くなっていますが、実車の写真もそうなっていました。
角型のパトランプを作ると、コストも時間もかかるため、真ん中の黒い部分のみ再現したようです。
P_20200826_000814
リア
テールランプは、シルバーで彩色されており、スズキやハスラーのエンブレムも印刷されています。
リアは、ベースとなるNo.75 ハスラーと同様の仕上がりです。
P_20200826_000838
リアドアの開閉機構つきです。
P_20200829_150117
裏側
スケールは、1/58です。
P_20200823_231911
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村