トミカプレミアム No.09 日産 フェアレディZ 300ZX ツインターボ
P_20200826_001812
本日は、2017年1月~2019年1月の間発売されていたトミカプレミアム フェアレディZ 300ZXをご紹介します。
P_20200826_001840
1989年にフルモデルチェンジされ4代目フェアレディZとなったのが、Z32です。
デザインは先代のZ31に比べ、全幅が広くなり、全高が短くなるワイド&ローのデザインが採用されました。
今見ても古さを感じさせない、美しいデザインだと思います。
ヘッドライトは、有名な話ですがランボルギーニのディアブロと共通のものを使用しています。ヘッドライトの傾斜角度が緩く、十分な照度か確保出来ないため、ランボルギーニ社からZ32のヘッドライトを使いたいという話になったようです。
P_20200826_001846
エンジンは、V6 3.0Lの自然吸気とツインターボモデルがあります。
特にツインターボモデルは、当時あった自主馬力値 上限の280馬力を達成していました。
また、ツーシートモデルとリアシートもある2by2が設定されていました。
2代目から採用されているTバールーフも継続で設定されています。
P_20200826_001853
P_20200826_001900
通常品のトミカでもZ32は発売されていましたが、今回新金型となって発売されています。
ボディカラーは、イエローパールをイメージしたカラーです。
ルーフは、Tバールーフが採用されており、内装も見やすいです。
ホイールは抜けていませんが、造形はいいと思います。
今回のモデルは、ツーシートモデルをモデル化しています。
P_20200826_001911
フロント
特徴的なヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
エンブレム類やグリルも彩色されており、出来はいいと思います。
P_20200826_001916
リア
写真ですと分かりづらいですが、テールランプはクリアパーツを使用しています。
バックランプや、エンブレム類(300ZXの文字はやや大きいですが)も再現されており、いいと思います。
特徴的な、4本出しマフラーはシルバーで彩色されています。
P_20200826_001936
開閉機構はありませんが、造形、彩色ともに満足のいく仕上げです。
P_20200826_001955
裏側
スケールは、1/60です。
P_20200826_001824
パッケージ


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村