トミカ ルパン3世(USJ限定)
P_20200830_014335
2019年、USJで”ユニバーサル・クールジャパン2019”が開催されました。
その中のグッズとして販売されたのが、今回ご紹介するルパン3世のトミカです。
P_20200830_014359
クールジャパン2019の期間中、ルパン三世 カーチェイス XR ライドというアトラクションがありました。
XRライドという名の通り、VRゴーグルのようなものをかけ、乗り物に乗りながら、ルパンの世界のカーチェイスを楽しむアトラクションのようです。
P_20200830_014405
ルパン3世の愛車として広く知られているのが、フィアット500です。
イタリア語で"500"を意味する”チンクェチェント”で呼ばれることも多いですね。
1957年にデビューしたフィアット500は、実は2代目になります。そのため、正式名称はFIAT NUOVA 500(新フィアット500)です。
全長は3mを切る非常にコンパクトなボディとなっており、駆動方式は、リアにエンジンを搭載するRRです。
P_20200830_014411
P_20200830_014416
トミカでは、このルパン三世のトミカは既にドリームトミカで販売されていました。
それに対し、USJのモデルはルーフやリアエンジン回りが変更された別モデルです。
価格は1500円とドリームトミカに対し、高めの価格設定ですが、単なる色違いではないのがいいですね。
ボディカラーは鮮やかなレモンイエローです。
ルパン三世用に専用設計されているだけあって、造形はしっかりしています。
専用のホイールもいいですね。
ドリームトミカは、ルーフが開いている仕様でしたが、こちらは黒の樹脂パーツで蓋がされています。
P_20200830_014423
フロント
ヘッドライトや、グリル、バンパー部にシルバーの彩色がされています。
ナンバーは”03LPN33"となっています。LPNは、ルパンにかけているのでしょうか。
P_20200830_014431
リア
テールランプや、バンパー部等、彩色がされています。
フロント同様、リアにもナンバーが印刷されているのがいいですね。
P_20200830_014437
リアのエンジン部は、上部が開いている仕様です。
P_20200830_014449
裏側
USJで販売されていたため、裏版にもUNIVERSAL STUDIOS JAPANと印刷されています。
P_20200830_014349
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村