トミカプレミアム 01 NISMO R34 GT-R Z-tune
P_20200912_134714
本日は、2015年に発売されたトミカプレミアムのR34 GT-R Z-tuneをご紹介します。
P_20200912_134744
先日、オートサロンで発売されたZ-tune Proto.についてご紹介しましたが、今回はベースモデルのZ-tuneをご紹介します。
P_20200912_134754
実車については、Z-tune Protoの記事内でご紹介していますので、そちらをご覧ください。
2015年4月に始まったトミカプレミアムは、ラインナップ6台でスタートしました。
その内の1台が、R34 GT-R Z-tuneです。
P_20200912_134821
後述しますが、Z-tune Protoに比べホイールについているロゴや、フロントフェンダー後部のロゴは通常品では印刷されていません。
窓枠は彩色されており、通常のトミカとは異なるプレミアムらしさが出ています。
P_20200912_134847

フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
ダクト部は彩色されており、GT-Rのエンブレムも印刷されています。
R34 GT-Rらしいゴツいフロントマスクが、よく再現されており中々良くできているのではないでしょうか。
P_20200912_134854
リア
ランプ類は、塗り分けがされておりよくできていると思います。
GT-Rや日産のエンブレム類も印刷されています。
また、リアスポイラーは、しっかり抜けています。P_20200912_134930
左右ドア開閉機構付きです。
P_20200912_134942
裏側

ここからはZ-tune Protoとの比較になります。
P_20200912_135141
左が通常品、右がZ-tune Protoです。
Protoの方は、ボンネットにストライプが入っている点と、ナンバー部にニスモのロゴが入っている点が異なります。
P_20200912_135207
サイド
Protoは、フロントからリアにかけ、ラインが入っている点と、ホイールに
ニスモのロゴが入っている点、フロントフェンダーのロゴが入っている点が異なります。
P_20200912_135152
リア
Protoは、Z2等のエンブレム類が細かく入っている点と、ナンバーニスモのロゴが入っている点が異なります。

P_20200912_135111
P_20200912_135125
Protoは、全体的に通常品より細かく印刷が入っています。
とは言え、通常品も十分良くできていると思います。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村