トミカ 日産GT-Rテストカー(トイズドリームプロジェクト あこがれの名車セレクション4)
P_20200912_122923
本日は、2014年に発売されたトイズドリームの”あこがれの名車セレクション4”より、日産GT-Rテストカーをご紹介します。
P_20200912_123021
トイズドリームプロジェクトの第37弾として発売されたのが、あこがれの名車セレクション4です。
全6車種という構成で販売されました。
この内の1台が、今回ご紹介するR35 GT-Rのテストカーです。
P_20200912_123035
R35 GT-Rは、日本国内でのテストの他、世界一過酷なサーキットと言われているドイツのニュルブルクリンク等で、走行テストが行われました。
当然発売前の車両ですから、車体はカモフラージュされ、テストを行っていました。GT-R発売前、走行テストが行われると、各雑誌の紙面でテストカーが掲載されていました。
R35のデザインは、2005年の東京モーターショーでプロトモデルである程度公開していたため、フロントとリアのみ偽装されていました。
P_20200912_123044
このモデルのベースとなる、No.94 GT-Rは以前紹介済みです。
今回、テストカー化するにあたり、部品等の追加はなく彩色でテストカー化させています。
テストカーがトミカで出るのは、非常に珍しいですね。個人的にはテストカーが好きなので、このモデルは結構気に入っています。この他にも、同じくトイズドリームから、ゼブラ柄のテストカーも発売されてます。
P_20200912_123056
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。ただ、大半は上からマットブラックで塗装されているため、クリア部は僅かです。
フロントバンパーや、ヘッドライト周りも同様にマットブラックで塗られています。
テストカーなので、GT-Rのエンブレムはついていません。
車体右側には、33と言う文字が印刷されています。実車は、他の番号も存在していますが、一体何を意味しているのでしょうか。
P_20200912_123115
リア
リアバンパーや、トランクはマットブラックで塗られています。
リアもエンブレム類は無く、テストカーらしい独特の雰囲気がよく出ています。
P_20200912_123156
左右ドア開閉機構付きです。
P_20200912_123216
裏側
スケールは、1/61です。
P_20200912_122952
パッケージ
今回は、中古品での入手だったため、やや箱に傷がありました。
いつか、きれいな箱を入手したいですね。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村