マジョレット 日産GT-RニスモGT3
P_20200917_005720
本日は、マジョレットのGT-RニスモGT3をご紹介します。
P_20200917_005736
"GT3"とは、FIAが運営しているGT車両の規格になります。
市販車をベースに規格に合うよう改造が施されており、世界各国で行われているレース(SUPER GTやニュルブルクリンク24時間レース等)に参戦が可能な、レーシングカーです。
日本メーカーでは、レクサスがRC F、ホンダがNSXのGT3車両を出しており、日産はGT-R(R35)です。
GT-RのGT3車両は、2012年に登場し、2015年には第2世代となっています。
P_20200917_005750
その後、2018年に改良が施され、エボリューションモデルとなりました。
改良点は、エンジンをドライサンプ化し、エンジン搭載位置を後方かつ後部にしています。
その他、サスペンションの改良や、エアロ変更によるダウンフォースの改善、ブレーキ等が見直され、戦闘力がアップされました。
価格は、1台6000万円とGT3車両の中では、高額な部類になります。
P_20200917_005802
P_20200917_010150
モデル化されたのは2018年モデルの方になります。
マジョレットとしては、2020年の新金型モデルになりますが、執筆時点では、日本未導入です。
今回、輸入品を入手しました。日本で発売されたら、人気間違いなしなので、是非導入してほしいですね。
ボディカラーは、2018年モデル発表時のカラーとなっています。
サイドドアの”GT3”のロゴや、ドア後部の”レイズ”、”モチュール”のロゴは、実車で掲載されている通りです。
フェンダー後部のダクト(黒い3本線)は、印刷で再現されています。
P_20200917_010320
実車の展示車両は、タイヤレターがありませんでした。
そのためか、今回"MAJORETTE"というオリジナルのタイヤレターが入っています。
ここは、好みが分かれるところかもしれません。
ホイールは、細いスポーク形状となっており、なかなかかっこいいです。
P_20200917_005814
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
フロントグリルは、メッシュ調となっており、GT-Rやニスモのロゴは勿論、シルバーのラインも入っています。この部分、かなり良くできていますね。
フロントのカナードは、ボディ一体型で、エッジの部分だけ彩色されています。
フロアは、先端部に赤いラインが入っています。これも、広報車通りです。
P_20200917_005829
リア
テールランプは、各種ロゴ類は、印刷で再現されています。
リアバンパーの造形もしっかりしており、ディフューザーもあります。
リアウィングは、別パーツとなっており、形状はいいと思います。
P_20200917_010012
P_20200917_010030
内装もしっかり作り込まれています。
ステアリングは、レーシングカーらしく四角の形状です。
P_20200917_010049
左右ドアの開閉機構付きです。
トミカの様に、スプリングは付いていないので、動作はやや固めです。
久しぶりにマジョレットをブリバリしましたが、この開閉の感覚は懐かしい感じがしました。
P_20200917_010257
裏側
P_20200917_005236
パッケージ
P_20200917_010340
P_20200917_010348
実車の紹介カード付きです。

かなりかっこいい1台なので、捨身も多めに撮りました。
数枚ほど掲載します。
P_20200917_010132
P_20200917_010210
P_20200917_010224
P_20200917_010238
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村