トミカ CN-11 FAW HONG QI 紅旗
P_20200919_015636
本日は、中国限定のトミカFAW HONG QI 紅旗をご紹介します。
P_20200919_015706
紅旗(ホンチー)は、中国の自動車メーカー第一汽車の高級車ブランドです。
1958年中国の国産ブランドとして設立されたブランドになります。
トヨタのクラウンをベースにしたモデルも以前はあったようですが、現在のラインナップを見る限り、自社開発の車が中心のようです。
2018年からは、ロールスロイスのチーフデザイナーだった方が設計責任者に就任しています。高級セダンとなるH9は、特にフロントマスクがロールスロイスのような雰囲気を醸し出していますね。
P_20200919_015714
今回、トミカでモデル化されたものは”L7”と呼ばれる車両です。
ホイールベース及び、全長の長さ違いでL9、L7、L5があります。
L7は、全長が6,095mm、L9は6,395mmに及びます。
このLシリーズは、政府要人のために開発された専用モデルとなっており、詳細な技術情報は出ていません。紅旗のサイトでは、L5のみ公開されています。
ボンネット上のマスコットは、中国の五星紅旗をモチーフにしたものとなっています。
P_20200919_015722
P_20200919_015730
トミカの番号が”CN”から始まっている通り、紅旗は中国限定のトミカになります。
日本の各種オンラインストアでの出品があるため、安くはありませんが入手しやすい海外トミカです。
6m近いボディサイズをトミカに落とし込んでいるため、やや細長な形状となっています。
長いホイールベースからも、普通の乗用車とは異なる独特の雰囲気があります。
6ライトウィンドウの一番後ろは、塗装で再現しています。
後部座席にあるサンルーフ(と呼んでいいのかわかりませんが・・)は、ガラスが入ってなく空いた状態です。パレードの際、ここから顔を出すため、あえてそうしているのかもしれません。
P_20200919_015741
フロント
ヘッドライトやフロントグリル、モールは、シルバーで彩色されています。
フロントのデザインは、結構クラシカルな雰囲気です。
ボンネット上のマスコットは、赤色で彩色されています。
また、ナンバープレートも印刷されており、実際にパレードで使用された車両と、同じナンバーを再現しています。
P_20200919_015749
リア
テールランプやシルバーのラインが彩色されています。
紅旗のロゴもしっかり印刷されています。
P_20200919_015809
裏側
スケールは1/84ですが、全長が長い車両なので、小ささは感じません。

P_20200919_015645
P_20200919_015654
パッケージ
裏側には、中国第一汽車集団有限公司のロゴが入っています。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村