トミカ No.109 スズキ スイフトスポーツ
P_20201010_151804
本日は、2018年7月に発売されたトミカのスイフトスポーツをご紹介します。
P_20201010_151829
実車は、2017年にフルモデルチェンジが行われ4代目となったモデルです。
スイフトをベースに、専用エンジンの搭載や、足回りの変更、ボディ剛性アップ等を行い、走りを追求したモデルがスイフトスポーツです。
今回から、スイフトシリーズとしては初の3ナンバーサイズとなりました。
車重は1tを切っており、自動ブレーキ等重くなってしまう装備を積みながら、非常に軽量なモデルに仕上がっています。

P_20201010_151837
エンジンは、エスクードに積まれている1.4Lターボエンジンです。
エスクードのエンジンに対し、主にターボの制御を見直したのに加え、ハイオク仕様にしたことで、最高出力・最大トルク共に向上させています。
価格は、200万円程と非常にお買い得感のある、価格設定となっています。
P_20201010_151846

P_20201010_151925
トミカで、スイフトスポーツが商品化されるのは2代目に続き2回目です。
ボディカラーは、チャンピオンイエロー4をイメージしたカラーです。
スイフトスポーツといえば、このカラーですね。
黄色は、プラモデルでもそうですが塗装が難しく、トミカでも厚めに塗られている印象です。
ボディの造型はいいと思います。
ただ、ホイールが小さいので、実車のようなどっしり感が無いのが惜しいです。スポーツモデルですから、ワイドタイヤを履かせて欲しかったですね。
P_20201010_151859
フロント
ヘッドライトは、クリアパーツを使用しています。
フロントグリル内には、スズキのエンブレムが印刷されています。
攻撃的なフロントマスクは、よく再現されていると思います。
P_20201010_151911
リア
テールランプは、赤で彩色されています。また、エンブレム類もしっかり再現されています。
実車もそうですが、リアから見ると先代と見間違えそうですね。
P_20201010_151935
後部ドアの開閉機構付きです。
P_20201010_151946
裏側
スケールは、1/60です。
P_20201010_151817
パッケージ
P_20201010_152548
初回特別仕様も発売されました。
ボディカラーは、赤(バーニングレッドパールメタリック)となっています。

通常品は、今月で廃盤予定です。
まだ未入手の方は、無くなる前に是非入手してみて下さい。

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。