トミカ 日産スカイラインレーシング(R34)
P_20201010_142550
本日は、2001年10月に発売されたトミカの日産スカイラインレーシング(R34)をご紹介します。
P_20201010_142636
モデルのベースとなったのは、2000年の全日本GT選手権(JGTC)に参戦した#3  ユニシア・ザナヴィスカイラインです。
ハセミモータースポーツからの参戦となっており、ドライバーは長谷見昌弘と田中哲也でした。
シーズン最上位は5位、シリーズランキングは16位と、イマイチ振るわない結果でシーズンを終えています。
P_20201010_142648~2
JGTCに参戦したGT-Rは、1999年からR34にマシンをスイッチしています。
エンジンは、2.8L直6ツインターボのRB26を搭載していました。
現在のSUPER GTは、市販車と全く別物のボディを採用していますが、この頃のマシンはベースとなる市販車の面影が、やや残ったマシンとなっています。
P_20201010_142701
P_20201010_142720
今回は、トミーがスポンサーとなっていた#3をモデル化しています。
また、通常品発売後、特注品でさまざまJGTCのマシンが発売されています。
ベースとなるカラーリングは、印刷されていますが、各種スポンサー類はシールによる再現です。
車高はやや高めで、タイヤハウスも小さいため、全体的に実車よりごっつく見えます。
ボンネットダクトは、造型より再現されています。
P_20201010_142733
フロント
ヘットライトは、黒で塗装されています。これは実車同様です。
ボンネットの部分のみスポンサーロゴが印刷されています。

P_20201010_142742
リア
テールランプは彩色されていますが、他はシールによる再現なので、貼らないと味気ない感じになります。
リアウィングは、ボディと一体構造です。ですので、本来はGTウィングのようにトランクから柱が2本立って支えるのですが、こちらはボディサイドで支えています。
P_20201010_142801
裏側
スケールは、1/60です。
P_20201010_142832
付属のシールは2枚構成です。
P_20201010_142605
パッケージ

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。