2020年の大晦日の夜、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年を振り返ってみると、コロナに始まりコロナで終わる1年となりました。
昨年の大晦日には、想像も出来なかった1年です。
私個人としては、仕事はテレワークが導入され、数ヶ月定時退社になるなど、普段の生活も大きく変わることがありました。また、社会人になって以来初めて、年間を通してサーキットでレース観戦を1度もしなかった年でもありました。

このブログは、今年5月から始めました。
もともとミニカーサイトを運営していましたが、そのサイトは既に消えてしまっていたので、今回装いを新たに運営しています。
自分自身の購入日誌として、ブログを始めたわけですが、結局ダブリで購入してしまったり、サイトに載せるためブリバリ用を購入したりという状態でした。
今年1年は、過去の中で間違いなく1番ミニカーを買った年になりました。
今までは単価の高い1/43スケールも結構購入していましたが、今年はMINI GTを中心に1/64スケールに軸足を置きました。
購入日誌とは言いつつも、ブログに掲載していないミニカーも多々あり、ブログの更新頻度が追いついていない状態です。まだ、12月のトミカ新製品も紹介し切れていないため、早いうちに紹介したいと思います。

さて、トミカの話をしていきましょう。
トミカもコロナウイルス感染拡大の影響を受け、横浜でのトミカ博開催中止や、6月には通常品のトミカが発売されないなど、通常とは異なる年となりました。
50周年を記念し発売された、ヒストリーコレクションは賛否両論ありましたが、車種の予想等コレクター間で話題となり、何だかんだ楽しめたと思います。

今年発売されたトミカの中で、私個人の1番のお気に入りはNo.10 アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガートです。
P_20200507_095641
トミカ初のアストンマーチンであったためか、非常に気合の入った1台だと思います。
サイズ感、ドア開閉、造形、車高どれをとってもいい出来だと思います。
唯一、リア周りの彩色が少なく寂しい仕上がりですが、それを除けば文句なしだと思っています。

トミカプレミアムは、シビック タイプRがお気に入りです。
P_20200823_232819
既にトミカリミテッドヴィンテージで、EK9は発売されていましたが、手に取りやすい価格帯で発売されたのは大歓迎です。
来年1月には、インテグラタイプRが発売される予定となっており、90年代のタイプR3兄弟が揃います。早く入手し、3台横並びで撮影したいと思っています。

来年、早々にコロナウイルスが無くなるわけでは無いため、暫くはこの様な感じの世の中だと思います。ワクチン接種が始まりますので、少しずつ元の日常を取り戻していきたいですね。
来年こそは、トミカ博の開催に期待したいと思います。
コレクターにとっては、元旦からトミカの発売、またホットウィールのスカバン配布があり、年明け早々忙しくなりそうです。

最後に、つたないブログですがお付き合い頂きありがとうございました。
来年もマイペースで更新していきますので、引き続きよろしくお願いします。