P_20210118_003407
2021年1月に発売されたトミカプレミアムのソアラをご紹介します。
P_20210118_002952
1986年にデビューしたソアラは、バブル景気に重なって非常に売れたモデルです。
初代のデザインを継承した3ボックスフォルムは、今見てもかっこいいと思えるものです。
技術面で見ると、当時の最先端技術を多く盛り込んだものとなっており、スペースビジョンメーターや、車速感応型パワーステアリング、ABS等を採用しています。
また、センターコンソールに配置されたエレクトロマルチビジョンは、車両装備の取扱い説明や高速道路地図の画像を表示していました。ただ、こちらはマイナーチェンジで廃止されています。
P_20210118_003006
エンジンは、エンジンラインナップは2.0Lが1G-EU、1G-GEU、1G-GTEU、フラッグシップとなる3.0Lは7M-GTEUを搭載しています。
2代目ソアラと3代目スープラに搭載されたのみに搭載された7M-GTEUは、230ps(後期型は240ps)という性能を誇ります。
サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンとなっています。3.0GT-LIMITEDには、当時世界初だったエアサスペンションを採用していました。
P_20210118_003020
P_20210118_003030
トミカとしては、今まで初代と3~4代目は商品化されていましたが、2代目だけ抜けていました。
今回モデル化されたことで、歴代のモデルがすべて揃うことになります。
ボディカラーは、ホワイトとなっています。ソアラといえば、このカラーと思う方も多いのではないでしょうか、
窓枠はシルバーで彩色されています。細いラインで仕上がっており、よく出来ていると思います。
実車のメッシュホイールは、非常に細かいですがトミカでは、ある程度簡略化されています。
サイドドアには、24VALVE TWIN TURBOのロゴが印刷されています。最近では、こういうロゴ表記は減りましたが、当時の車はこのようなロゴ表記が当たり前でしたね。
グレードは、2.0GT-TWIN TURBOを再現したと思います。
P_20210118_003100
フロント
ヘッドライトはクリアパーツを使用しています。
若干縦方向に長い気もしますが、雰囲気は悪くないと思います。
ウインカーや、バンパー開口部もしっかり彩色されています。
ソアラのエンブレムが印刷されているのもマルですね。
P_20210118_003111
リア
テールランプもクリアパーツ使用しています。
上からシルバーで枠部を彩色しており、とても良い仕上がりです。
リアスポイラーは抜けていないものの、全体的な造形は良いと思います。
P_20210118_003130
サイドドア開閉機構付きです。
内装色は、ブラウンです。ホワイトの外装色とブラウンの内装色は、よく合いますね。
P_20210118_003148
裏側
スケールは、1/63です。
P_20210118_002926
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:K2720
P_20210118_003308
今回のモデルは、発売記念仕様が設定されています。
P_20210118_003325
ボディカラーは、ブラックとグレーのツートンです。
P_20210118_003338
2.0GT-TWIN TURBOのカタログカラーはこれでした。
通常品と比べ、窓枠等のシルバーの彩色がより目立ちます。
個人的には、断然こちらのほうが好みです。
P_20210118_003233
パッケージ
MADE IN VIETNAM
製造日:L0220
↓ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。更新の励みになります。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村